キャリアのゴールを設計すればライフワークへ辿り着く

ライフワークとライスワーク

「ライフワークへ出会う旅」を勧めています。

ライフワークに出会うことは人生の半分を費やすほど険しい道のりです。
残りのは半分はそのライフワークを堪能して、人生を終えます

ライフワークとライスワークの差は歴然。
「やりたいことのない」つまらない仕事から解放されましょう。

ライフワークに出会う方法を考えます。
今回はキャリアのゴール設計についてです。

一生の内、大半の時間を費やす仕事
仕事を幸せに繋げましょう
20代のライスワークとライフワーク

仕事を通じて何を実現したいか?

ゴールのないマラソン

ライフワークにおいて仕事は「自己実現の場」です。

仕事は生活の糧を得るための行為ではありません。
自分の理想像に近づくための時間です。

理想像(キャリアのゴール)を持たないことはとても危険です。
ゴールのないマラソンに参加しているのと同じです。

仕事を通じて何を成し遂げたいのかはっきりさせておく必要があります。

 

漠然と働く危険

仕事がゴールのないマラソン(ライスワーク)だと、それは苦役でしかありません。
仕事は生活のための労働でしかありません。

日本では「職業選択の自由」という自由権が保障されてます。
自分のやりたい仕事に就きましょうという話です。

自分のやりたい仕事を探すには働く上でのゴールが必要です。
「どのような環境で何を成し遂げたいのか」を設定しましょう。

ゴールを設定し、目標を立てることで初めて仕事が有意義な時間に変わります。

人はみんな、仕事に時間を割きます。
仕事をライフワークにした方が人生楽しめます。

キャリアのゴールを設置しよう

一生を懸けて登りたい山

キャリアのゴールは「一生を懸けて登りたい山」です。
つまり、一生を懸けて興味を持ち続け、探求を忘れない仕事です。

人生は全ての人が一発勝負です。
一発勝負の人生を楽しむ友が仕事です。

そのためにキャリアのゴールを設計しましょう。

 

置かれた環境に左右されない

キャリアのゴールは会社員、フリーランス、働き方に関係はありません。
どの働き方でもキャリアのゴールを設計する必要があります。

会社員の場合

会社員の場合は企業理念と自分の自己実現が被る必要があります。
その制限さえクリア出来れば企業人としてキャリアのゴールを設計出来ます。

企業に属するとより大きなミッションに挑める可能性が高まります。
大規模なビジネスでは企業資産で挑む方が圧倒的に有利です。

ただ、会社員はキャリアゴールのための欠点もあります。

●会社員の欠点
・下積みを摘む必要があること
→10~20年以上も
・人員配置による不遇時期があること
・企業ビジョンが変わること

フリーランスの場合

フリーランスは制限がありません。
そのため、自分の思い描いたキャリアのゴールを設計できます。

1から全て自己設計できるため、ライフワークと直結します。
フリーランスの働き方はまだまだ未整備です。

規制がなく自由に働けるフリーランスですが、立場は弱いです。
目標を正しく描き、自分の能力を落とし込んでいく必要があります。

 

キャリアのゴールを描き方

キャリアのゴールは壮大な絵です。
一生を懸けて登りたい山は一朝一夕では出会えません。

自分の理想を内面を見つめ直して探らないといけません。
理想の見つけ方は「WHY」を繰り返すことです。

キャリアのゴールは理想の設計です。
自分の理想を見つめて、ライフワークを得ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。