20代は誰のために働くのか?

「ライフワークへ出会う旅」を勧めています。

ライフワークに出会うことは人生の半分を費やすほど険しい道のりです。
残りのは半分はそのライフワークを堪能して、人生を終えます

ライフワークとライスワークの差は歴然。
「やりたいことのない」つまらない仕事から解放されましょう。

今回は「20代は誰のために働くのか」を考えます。
仕事への姿勢やモチベーションの土台を構築しましょう。

20代は誰のために働くのか?

仕事観を築く大切な時期

会社員、フリーランス、自営業、起業家。
どの働き方を選んでも20代はキャリアで最も大切な時期です。

20代に適切な仕事観を育むことが、キャリアの構築に直結します。
誰のために働くか」を考えて、ライフワークに出会いましょう。

自分のために働く

「自分のために働くことが仕事との正しい向き合い方」です。
仕事が幸せに感じることが自分のために働くということです。

これは、労働環境、立場、職種に違いはありません。

人生において、膨大な時間を注ぐ仕事。
働くことが幸せでなければ、人生を損しています。

1度きりの人生、自分のために働くライフワークを目指すべきです。
「生き甲斐、使命を仕事にすること」そのライフワークと出会うために誰のために働くかを考えます。

自分のために働くことの難しさ

自分のために働くことはとても難しいです。
誰もが自分のために働いているようで、そうではありません。

大抵の人は「やりたいことにない」延長で働いてます。

家族のために働く

家庭を持てば、いつしか家族のために働くことになります。
家族のために働くことは、美談に見えますが、そうでもありません。

家族のためだと、仕事がつまらなくても耐えるしかありません。
自分のやりたいことを自分本位で選択することを狭めます。

家族と仕事という大切なものを両立することはとても難しいです。
家庭をもっても、仕事への使命を忘れてはいけません。

会社のために働く

独身でも、自分のために働くのは難しいです。
会社に所属していると、いつしか会社のために働いてしまいます。

会社のためという意識は、自覚がないかもしれません。
ただ、知らない間に、会社に搾取されてしまいます。

そのために明確に自分のために働くという意思を持ちます。

自分のために働く意識

働くことで実現する目標を持つ

自分のために働くためには「明確なビジョン」が必要です。

仕事で実現するための人生の使命を持ちます。
そして、その使命を達成するための仕事がライフワークです。

「生活のために働く」、「趣味のために働く」とかは勿体ないです。
人生の核は仕事です。

膨大な時間を捧げる仕事に使命を持たないと仕事に受動的になります。

 

能動的に働く

フリーランスや起業を志す人は、何かしら仕事へ使命を持っているはずです。
明確なビジョンのもと、能動的に仕事に取り組んでいます。

彼らが受動的に働いていては、成功できないでしょう。
生存競争の激しい社会では、仕事をライフワークに昇華出来ないと生き残っていはいけません。

自分の利益を追い求めるフリーランスや起業家は、ライフワークを持っている確率が高いでしょう。

 

サラリーマンも自分のために働け

一方で、サラリーマンは自分のために働くことは難しいです。
意識的に使命を持っていなければいけません。

目の前の仕事に、注力すると、いつしか会社のために働いてることになります。

「この会社で何を成し遂げるか」という意識を明確に持たなければいけません。
サラリーマンはただ、組織にぶら下がっているだけでも成り立ちます。

ですが、ぶら下がることでは、仕事への充実感を感じることは出来ません。

20代は自分のために働くという大切な仕事観を養う時期です。
使命をもって成し遂げたいことを意識してきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。