サンドリの年間カレンダーを語る

サンドリを語る

サンドリも2019年4月をもって10年目を迎えます。
世代最強のゲス番組が10年も続いていることに驚きと感謝です。

もはやサンドリに依存しているゲスナーも多いことでしょう。
今回はサンドリの年間スケジュールをまとめます。

サンドリでは年間を通じて、取り上げるお決まりパターンがあります。
そのパターンを振り返ってまとめていきます。

サンドリ記念館へもお立ち寄りください
サンドリ記念館

サンドリカレンダー 1月

上島竜兵回

年始最初の放送は1年で最もツマラナイ放送としてゲスナーにお馴染みです。
「上島竜兵(かみじまたっぺい)師匠」をゲストに迎え、有吉さん、安田さんの3人で放送します。

有吉さん曰く、上島師匠回が1年で最もツマラナイ放送回だと酷評しています。

上島回で低調なスタートをすることでハードルをグッと下げる効果があるようです。
そのため、その後のラジオがとてもやりやすくなります。

上島師匠は特別に飲酒をしながら放送をするシステムです。
上島師匠は酒とつまみを口にしながら「ご隠居スタイル」で放送に臨みます。

妄想リアクション

上島回は番組開始当初から毎年年始に行われます。
録音回のため、録音は年末に行われます。

番組開始当初は上島さんが「芸能界を斬る」とのことで始まりました。
しかし、上島さんは泥酔が酷く、録音なのに放送事故を引き起こす酔い方をします。

「酔えば酔う程、お酔いになる」という体たらくで近年は酒量が抑えめです。
ここ5年近くは妄想リアクションを中心に進められます。

センター試験への文句

1月の中旬にセンター試験が行われます。
学生ゲスナーからセンター試験の結果が報告されます。

有吉さんは学生とセンター試験へ文句を垂れ流します。
結果が良くても悪くても一方的な罵倒を浴びせます。

「東大への足切りが数百点足りない」というゲスナーへは「一生受験してろ」と突き放します。

サンドリカレンダー2月

バレンタインデーの文句

2月の文句はバレンタインデーです。
自作チョコを作ってくる女性タレントへの文句を垂れ流します。

久本雅美さんの「ハッピーバレンタイン!」に嫌悪を表します。
河北さんの自作チョコへも不満が募っています。

ヒルナンデスでの有吉さんの苦悩が伺えます。

グラミー賞を知ったかぶりで読む

個人的にとても面白いのがグラミー賞を「知ったぶる一幕」です。
バレンタインを振りにして、グラミー賞を薄く語ります。

横文字の歌手名と曲名をサラッと言い流し、さもFMラジオのパーソナリティを演じます。
有吉さんはグラミー賞のノミネート作品と受賞作はほぼ網羅しています。

安田さんは有吉さんの知識量に震えあがります。
毎年、グラミー賞への有吉さんの見解はとても面白いです。

ゲストが良く来る

2月は安田さんがアシスタントを良く務めます。
サンドリでは比較的に安定したトーンが続くのでゲストがよく来ます。

サンドリ大スポンサーの若槻千夏さん。
直近では畠山選手と手島さんが謎のセットで来ています。
三又又三さんとの因縁の対決もありました。

サンドリカレンダー3月

受験合格者へ文句

サンドリの3月は受験合格者への文句です。
特別な行事もなく、受験合格したゲスナーからの便りへ文句を吐きます。

「国公立に合格した、有名私立に合格した、国家試験に合格した」など数々の合格報告が届きます。
いらない学校名などが有吉さんの癇に障ります。

怒られるゲストもいれば、法務財務などの実働部隊として手ゴマに出来るゲスナーの合格報告は受け入れます。

サンドリカレンダー4月

エイプリルフールへの文句と炙り出し

4月の文句はエイプリルフールの文句から始まります。
エイプリルフールでしょうもない嘘をつく芸能人を成敗します。

芸能人の自意識の高さ、勘違いをスッキリ罵倒するため痛快です。
誰が得するのか分からない嘘をつく、しょうもない芸能人へ正義の鉄槌のような罵倒が飛びます。

最近では、エイプリルフールへの正しい嘘のつき方を実例として紹介しています。

サンドリカレンダー5月

有吉誕生祭

有吉さんは5月が最高の月であるとしています。

寒さも和らぎ、熱くもなく、ジメジメすることもない。
爽やかで晴れ晴れとした月が5月らしいです。

なぜ有吉さんが5月を好きなのかというと自身の誕生月があるからです。
5月には有吉さんの誕生祭があります。

毎年恒例のハリオムさんからのメッセージがあります。
かつては、街頭インタビューを行っていましたが、最近はなくなりました。

サンドリカレンダー6月

AKB総選挙の名前変える

6月はAKB総選挙がありました。
AKBニュースをねじ込みスタッフとAKBに関心のない有吉さんが戦いです。

仕方なく総選挙ニュースを読み上げる有吉さん。
AKBグループのメンバーの名前を変えます。

原型をとどめない名前替えのためツッコミ能力がアシスタントに問われます。

サンドリカレンダー7月

上半期の放送を振り返る

サンドリの7月は特にイベントがありません。
主に上半期にあったことを振り返ります。

振り返りメールには異常なサンドリ実態が客観的に取り上げられます。
有吉さんとアシスタントはあまりの狂気的な文面に震え、身を正します。

サンドリカレンダー8月

オタクマンスリー

8月のアシスタントは近年固定されています。
アシスタントで実質、固定されているのは8月と1,2月のみです。

8月のアシスタントは和賀さんと松崎さんです。
2人はオタクという共通点があり、オタクマンスリーです。

有吉さんはオタクを歓迎しつつ、罵倒するという新手のスタイルです。
話題はコミケのことを中心に松崎さんのアニソン、和賀さんのおすすめ漫画とサブカル色が強い月です。

有吉さんが南国へ行くため、録音回が含まれます。

加山雄三祭り

24時間テレビに合わせて、24時間ラジオが開催されます。
加山さん、谷村さんなどの豪華共演、照英さんの24時間マラソン。

本家にも劣らない顔ぶれでラジオが放送されます。
番組冒頭では『サライ』を圧巻の歌い上げです。

サンドリカレンダー9月

カープの活躍を称賛

近年は有吉さんの贔屓チーム、広島カープが3連覇です。
カープの熱狂的なファンである有吉さんによる『それ行けカープ 』を熱唱します。

『それ行けカープ 』が4番まで歌詞があることを知ったゲスナーも大勢いるでしょう。
ゲスナーは有吉さんのカープ愛につき合わされることになります。

サンドリカレンダー10月

ハロウィンへの文句

10月の文句はハロウィンが対象です。
サンドリでは番組開始、早々からハロウィンへ疑問視していました。

渋谷でバカ騒ぎする若者へ有吉さんは苦言を呈します。
カープがCSで敗退していると更に怒りが倍増します。

サンドリカレンダー11月

紅白出場歌手名前替え

11月になると年の瀬を迎え、アシスタント総選挙への準備が始まります。
ウィークリーアシスタントに切り代わったり慌ただしくなります。

紅白歌合戦の出場歌手が発表され、その歌手名で遊びます。
歌手名を1文字入れ替え発表していくというサンドリ独自の手法が取られます。

 

サンドリカレンダー12月

M-1への薄い批評

12月はお笑いの祭典M-1があります。
M-1の批評をパロディにして薄い批評を交えます。

「基準点」、「トップバッター」、「手数」、「お客さんが温かい」など本家の審査員のフレーズを持ち出します。
サンドリ内ではキャラ祭りでの採点で薄い批評をします。

アシスタント総選挙

サンドリの目玉企画です。
年の瀬に行われるため象徴的なイベントです。

今年はAKBの総選挙がないのでアシスタント総選挙が行われるか微妙です。

 

有吉ベースを見るなら【フジテレビの動画配信サービス】
かねきよ暴行事件、シークレットファニーボーイ、関谷さんなど
多くのサンドリアシスタントが登場する番組です
ゲスナーのツボに入ると思いますので是非ご覧ください
無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

コメントを残す