動画配信サービス戦国時代到来 サービスの特徴まとめ

動画配信業界

現在、未曾有の動画配信サービス戦国時代に突入しています。
動画配信業界は、群雄割拠です。

各社が策を練り、ユーザを奪い合う競争が続いています。
国産から黒船まで多くのサービスがしのぎを削っています。

今回は各サービスの特徴をざっくりまとめていきます。

動画配信サービス戦国時代

動画配信戦国時代

日本の動画配信サービスは、熾烈な戦いの最中にあります。
各社が躍起になり、シェアを争う戦国時代に突入しています。

日本産では『dTV』、『U-NEXT』、『FOD』が台頭しています
アメリカから『hulu』、『Netflix』などの黒船も来航します

その他にも、動画配信サービスは乱立しています。

『DAZN」を筆頭とするスポーツ特化
『AbemaTV』など中高生を狙うムーブコンテンツ
『YouTube』動画共有サービスの筆頭勢力

ここにAmazon、楽天といったのEC事業者も参入しています。
動画配信業界はまさにカオスの状態に陥ります

動画乱世をどう歩むか?

TVという娯楽が人類に与えた悦びはもう過去の話
箱の中で動く娯楽は、持ち運びできる時代に移り変わりました

スマホ、タブレット、PCがTVの代わりを担っています。
ウェアラブル端末の普及は動画配信の成長を後押します。

どの動画配信を選ぶか?

動画配信サービスの群雄割拠は消費者にとっては嬉しい悩みです。
各企業の特徴を抑えて、どの配信を選ぶかが重要になります。

今回は戦国乱世を正しく歩む道を考えます。
各サービスの特徴やマーケティング層を理解しましょう。

多くの企業では無料体験が用意されています。
無料体験を駆使して、お好みの動画配信サービスを選びましょう。

国産動画配信サービス

dTV

国内最大シェアを誇るのが『dTV』です。
ドコモとエイベックスがタッグを組んだ動画配信サービス

携帯キャリア最大手と音楽・エンタメ業界大手が提携しました。

dTV
会員数:500万人以上
月額料金:500円(税別)
コンテンツ:12万以上
無料体験期間:31日

dTVの特徴

dTV国内トップクラスのシェア率を誇ります。
ドコモ以外のキャリアからも加入できます。

dTVの前身はBeeTVでした。
そこで培ったノウハウから、日本人の嗜好を抑えたランアップに磨きをかけています。

コンテンツは各種取り揃えられています。

dTVのウリは人気アーティストを活かしたコンテンツです。
アーティストのLIVE映像や生配信は独自路線。
エイベックス資本を活かした音楽体験は一定のユーザ基盤を作るでしょう。

dTVは映画、ドラマ、アニメも幅広くラインアップされています
月額料金も手頃で、コスパを考えるとdTVは魅力的です。

U-NEXT

USENを親会社に持つ国産の動画配信サービス、U-NEXTです。
2007年に動画配信サービスを参入した古参です。

個人的にはU-NEXTの満足度は高いと思います。

U-NEXT
会員数:150万人以上
月額料金:1990円
コンテンツ:12万以上
無料体験期間:31日

『U-NEXT』の特徴

U-NEXTは豊富なコンテンツを取り揃える古参のサービスです。

料金設定は他の会社に比べて強気です。
とはいえ、課金なしで沢山のコンテンツを楽しめるのが特徴です。

独自のポイントシステムも魅力的です。
映画鑑賞などのリアルな体験も楽しめます。

U-NEXT1つのライセンスでアカウントが4つ作れます
ファミリー層にはおすすめの会社です。

コンテンツ量が豊富なのがU-NEXTのウリです。
デバイスが4台まで同時再生でき、チャンネルの奪い合いが消えます。


FOD

フジテレビが運営するのが、【フジテレビオンデマンド】です。

動画はエンタメ色が強い印象です。
マンガを取り入れたりと独自路線を歩んでいます。

FOD
会員数:100万弱(推測)
月額料金:888円(税別)
無料体験期間:31日

『FOD』の特徴

【フジテレビオンデマンド】の売りは、漫画コンテンツの充実さです。
他の動画配信サービスとの差別化も漫画コンテンツにあります。『FOD』の特徴

【フジテレビオンデマンド】では、動画も提供しています。
海外系の動画は物足りません。
→国内ドラマ(特にフジテレビ系)は豊富な取り揃えです。

動画は『すべらない話』、『あいのり』、『TERRACE HOUSE』のヒットコンテンツがウリです
最近は独自のオリジナルコンテンツも提供を始めました。

エンタメ色が強いのが特徴です。


アメリカ産動画配信サービス

hulu

Huluの国内事業は日本テレビが買収をしました。
Huluは米国発の動画配信サービスです。

日本国内でも動画配信サービス界のパイオニア的位置にいます。

hulu
会員数:150万人以上
月額料金:933円(税別)
コンテンツ:5万以上
無料体験期間は:14日間

『hulu』の特徴

Huluは日テレの資本が入っています。
それでも他局の国内ドラマを一通り取り揃えています。

海外ドラマも主要どころは配信されています。

映画は洋画邦画に問わず豊富でアニメ、バラエティーと幅広いラインナップです
ダウンロード機能に対応していないので、オフラインに弱いのが難点です。

 

amazon prime

amazon primeは小売業から動画配信サービスに参入しました。

2015年からの後発スタートでした。
Amazonの急成長を背景にamazon primeも浸透しました。

amazon prime
会員数:300万人程
月額料金:325円(税込・年間会員)
コンテンツ:3万程
無料体験期間:30日間

『amazon prime』の特徴

amazon primeの特徴は、なんといっても価格面。
年会員になれば、月400円台という破格の値段です。

ラインアップも映画、アニメ、ドラマまで豊富なコンテンツを楽しめます。
費用対効果は抜群です。

ドキュメンタル』などのオリジナルコンテンツも有力です。

amazon primeに登録すれば動画だけでない特典もつきます。
配送オプション、音楽配信、書籍などのサービスを受けられます。

Netflix

『Netflix(ネットフリックス)』は世界最大の動画配信サービスです。
まさに動画配信界の黒船来航と呼ぶべき存在です。

近年、日本でも着実にシェアを伸ばしています。

Netflix
会員数:非公開
月額料金:650円~1450円(税別)
コンテンツ量:非公開
無料体験期間:1ヶ月

『Netflix』の特徴

Netflixの最大の特徴は、オリジナルコンテンツです。

オリジナルコンテンツへの腰の入れようは本気です。
本場アメリカでは、ハリウッドを脅かす勢いで、コンテンツを量産しています。
→世界的に最も勢いのある動画配信サービス会社です。

Netflixは新しい映像体験を求める人向けのサービスです!

その他の動画勢力

YouTube

言わずと知れた世界最大の動画共有サービスである『YouYube』
Googleが提供する無料の動画プラットフォームです。

有料のプログラムも動きだしました。
ユーチューバーやVTuberといった新しい動画の形も提供しています。

世界で最も身近に位置する動画サイトです。

AbemaTV

サイバーエージェント社が提供する『AbemaTV』
持ち運びのできるテレビ」がテーマです。

スマホ世代である中高生をメインターゲットに絞っています。

リアルタイムで常時アクセスできる画期的なサービスです。
オリジナルのコンテンツも実質無料で盛りだくさんとなっています。

現段階では、採算を度外視した試みです。
新しいサービスを享受できるという点では、面白いサービスです。

DAZN

欧州発のスポーツ特化型、動画配信サービスである『DAZN(ダゾーン)』
好きなデバイスでスポーツ番組を楽しめる点です。

DAZNは国内外の主要なスポーツをほとんど網羅しています。

「海外サッカーや日本のプロ野球、NFLやUFC」
といった多ジャンルを月額1750円(税別)で視聴できます。

スポーツ好きにはたまらない動画配信サービスです。

結論

動画配信サービス戦国時代は新しい娯楽のインフラともいえます。
各サービスの違いを吟味して、必要な娯楽にありつきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。