YouTubeチャンネル運営中

【株セミ】長期投資の勧め 長期投資のメリット・デメリットを把握【2限目】

前回の株ゼミでは「投資とは何か?」から出発して、数ある投資の中から「なぜ株式投資を選ぶか?」を中心に学びました。

僕は株式投資の中でも長期投資をメインに運用しています。
初心者向には特に「インカム狙いの長期投資」がおすすめです。

これから複数回に渡っては「なぜ長期投資がお勧めなのか?」というを送ります。

二限目の今回は「株式投資の長期投資とは?」という概要講座です。

株式投資と一口にいっても数多くの手法、種類、銘柄が存在します。
組み合わせは無数の株式投資から自分にあった方法を選び抜かないといけません。

今回はなぜ「インカム狙いの長期投資を」おすすめするのかまとめました。

株式投資の手法

株式投資の手法は期間で大別すると3つです。
長期投資、スイング、デイトレです。

これは株式を保有する期間の話です。

長期投資:半年~数年(数十年)
スイング:数日~数週間
デイトレ:数分~1日

長期投資は保有期間が長いため、投資資金が頻繁に動きません。
売買回数も抑えるため、常に板に張りつく必要がありません。

そのため、会社員から学生など投資に時間が割けない人向けといわれます。

長期投資のメリット

プラスサムゲーム

長期投資のメリットは1点目が「プラスサムゲーム」です。
プラスサムゲームとは、投資参加者全員が収益を上げる可能性のあるゲームです。

長期投資は経済成長という恩恵があるため、参加者全員が収益の上がる仕組みがあります。
初心者はより収益の上げやすいプラスサムゲームを選ぶ方が賢いでしょう。

機会の重要性が薄れる

長期投資のメリット2点目が「機会の重要性が薄れる」です。
投資タイミングの重要性が長期になる程、薄れるため、エントリーのハードルが下がります。

これは投資に対するテクニカル要素をなるだけ排除することを意味します。
また、短期の値動きに反応する必要がないため、より持続可能な投資といえます。

手数料抑える

長期投資のメリット3点目が「手数料を抑える」です。

株式投資は株を売買する度に手数料が掛かります。
つまり、株取引の回数を増やせば比例して手数料が増えていきます。

ネット証券では一回の手数料が微々たるものですが、積み重ねていくと結構な額になります。
長期投資の「売買回数を抑える」という特徴が

長期投資のデメリット

リターンが遅い

長期投資のデメリット1点目が「リターンが遅い」です。
長期投資は基本的に年単位での投資になります。(長い場合は10年以上)

つまり、資金を投下してもそれが実際の収益として返ってくるのは時間がかかります。
「半年で投資資金が2倍になった」とか「株で10倍の利益」などの実現は出来ません。

じっくりと資産を積み立てるようなイメージです。

将来予測が難しい

長期投資のデメリット2点目が「将来予測が難しい」です。

長期投資はある程度先の未来を予測します。
未来の地点で投資対象が現在よりも価値を増大させているかを予測する行為です。

これは世界情勢、経済、自然災害、ガバナンスなどあらゆるリスクを包括的に把握する必要があります。
そういう点を踏まえて、全てを予測することには限界があります。

ある程度、妥協点を見つけて投資をする必要があります。

失敗時の取返しが難しい

長期投資のデメリット3点目が「失敗時の取返しが難しい」です。

長期投資は投資期間が長いため、誤った方向へ進むと取返すのが難しいです。
例えば5年と期間を定めていれば、5年間誤った方向へ突き進みます。

途中で軌道修正出来ればいいのですが…
誤った方向へ向かったままでは厳しい結果が待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。