YouTubeチャンネル運営中

シンギュラリティを迎え、人工知能が支配する社会

人工知能(AI)の技術が加速度的に発展しています。
ビッグデータ、ディープラーニング、機械学習という言葉が躍っています。

人工知能が支配する社会という説も唱えられます。
都市伝説やオカルトの域を超え、人工知能が支配する社会の可能性が語られます。

人類の発展は過渡期ともいわれ、今後20年は激動の時代です。
今回は次世代社会の鍵であるシンギュラリティ(技術的特異点)についてまとめます!

 

シンギュラリティとは

迫りくる未来と支配

シンギュラリティとは、未来学上の概念の1つです。

シンギュラリティは、AI社会の分岐点を指します
人工知能が発展すると、問題解決能力の高度化が起きます。

人工知能が人間の支配を超えて、人工知能が文明の主役に代わります。

シンギュラリティは、地球上のヒエラルキーの転換です。
永らくトップに君臨した人類がその座を人工知能に明け渡すことを意味します。

 

2045年問題

レイ・カールワイン氏は人工知能の世界的権威です。
シンギュラリティ研究の第1人者です。

カールワイン博士は「2045年には、シンギュラリティの土台が完成する」と提唱しています。

博士の唱える説では2045年以降、人工知能が世界を創ります。
社会の在り方は根本から変わり、人工知能が人工知能を創り出す未来の到来です。

人工知能が自らを創り出すことがシンギュラリティであるとしています。

同博士は、2029年頃には、人工知能が人類の知能を超えると想定しています。

 

ニューロコンピュータ

現在、将棋や囲碁の対人用人工知能は、ノイマンPCというシステムです。
ノイマンPCは、予めプログラミングされたことを遂行しています。

ノイマンPCである限り、人工知能は人間の支配下です。

ノイマンPCに比べ、シンギュラリティをもたらす人工知能は想像を超えます。
シンギュラリティを迎えた世界では、ニューロPCが活躍します

ニューロPCの脅威

ニューロPCとは脳にある神経細胞の仕組みを基にしたシステムです。
ニューロPCによる人工知能の発達は人間の追随を許しません。

人間がプログラミングする必要はなくなり、人工知能が人工知能を生み出します。
これがシンギュラリティの脅威で、ここからは人工知能が手綱を握ります。

人工知能が人類を支配するというのは都市伝説ではありません。
このまま、技術革新が進めば、割と現実味を帯びた話です。

 

人工知能がもたらすのは支配or解放

善と悪のシナリオ

このまま技術革新を続ければ間違いなくシンギュラリティは発生します。
シンギュラリティを迎えるとこれまでの社会は一変します。

人間は労働という概念がなくなり、全てオートーメーションです。

一方で、ターミネーターの世界も考えられます。
人工知能が殺戮兵器(細菌兵器)などで人類を殲滅する可能性もあります。

シンギュラリティを迎えた社会には、善と悪の2つのシナリオがあります。
ここでは人工知能がもたらす新たな社会を想像してみましょう。

 

善のシナリオ

シンギュラリティの善シナリオは、人類に最大の恩恵をもたらします
人工知能が人間社会を更に発展させます。

人工知能が有史以来、人間を束縛していた労働から解放します。
国家の生産性を人工知能が代替してくれます。

人工知能が生産性を代替すれば、ベーシックインカムなどの社会保障を充実させられます。
国民が労働に搾取されずに生活を送ることができます。

そのような未来がこれば、働くという概念が消失します。
アーティスト活動、余暇活動に注力できます。

様々な問題を対応

環境、紛争、貧困などは人類が解消できない問題も人工知能が請け負います
人類の知能では敵わない難問も人工知能が解決してくれるかもしれません。

世界的な懸念事項への対応もシンギュラリティが可能にします。

 

悪のシナリオ

人工知能の悪シナリオは、「人類の滅亡」です。

人工知能が人間の予知しない能力を手にすれば、人類を滅亡させるでしょう
少なくとも支配下に置かれるのは間違いありません。

用がないと判明すればすぐに殲滅されるでしょう。

既に悪シナリオは始まっている

既に、多くの職業が人工知能によって代替されています。
職業代替において、人工知能は人間に新たな価値を提供しないといけません

さもなくば、「人工知能>人間」という支配構図が徐々に出来上がります。

現在は一部の人工知能を有する組織や勢力がその恩恵を与かる現状です。
しかし、シンギュラリティ後はその勢力も人工知能の支配下です。

悪シナリオではターミネーターの社会も充分にあり得ます。
現実的にはもっと迅速で確実な処理を施すでしょう。

 

結論

人工知能が、地球を支配する時、「人間=排除因子」と決まった瞬間に人類は滅亡の一途を辿ります。

人工知能の進化を止めることは、もはや出来ません。
人類にとって、人工知能が善シナリオに流れることを祈るばかりです。

もし、人工知能による圧倒的な進化を迎えることが出来たら、スターウォーズのような世界が訪れるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。