YouTubeチャンネル運営中

ファベーラの治安問題をシムシティ的に解決に導く!

シムシティ的に社会問題を解決に導きます。
今回は「ファベーラの治安問題」です。

ファベーラとはブラジルにおけるスラム街を指します。
ブラジルの中~大都市の郊外には数多くのファベーラが存在します。

W杯、五輪の舞台となったリオデジャネイロの子供の1/4がファベーラに住んでいるとされます。
クレイジージャーニーで写真家の伊藤大輔さんが紹介し、「ファベーラ」という言葉が知られるようになりました。

格差社会の象徴

GDP世界7位

ブラジルのGDPは世界7位で南米首位です。
BRICsと呼ばれる新興経済国群としても注目を集めています。

国としては債権国ですが、貧富の格差はとても大きいです
国民1人当たりのGDPは伸び悩んでいます。

国民の半数以上が平均所得の半分以下という貧困の実態です。

格差社会の象徴

ファベーラはブラジル格差社会の象徴ともいえます。
格差が蔓延するブラジルでは歪な格差の実態が垣間見えます。

世界有数の大都市リオデジャネイロでは、高級ビル群の傍に数多くのファベーラがあります。
リゾートホテル、高級コンドミニアムの裏にスラム街が併設されています。

ブラジルでは居住区による格付けが身近であり、格差社会を助長しています。

ファベーラの闇

ギャング、ドラッグ、殺人

ファベーラの治安は特質して、悪いです。

ファベーラは都市圏に常態的に併設されています。
そのため、ブラジル全土の治安悪化に繋がっています。

ファベーラに居住する低所得者の多くは違法行為に従事するか、その被害を受けます
地域を各々のギャングが取り締まり、独自の犯罪文化が根付いています。

ドラッグ、強盗、殺人の発生率は異常に高いです。
ギャングの抗争では、発砲が絡み死傷率が高いのも特徴です。

麻薬戦争

ファベーラは低所得者の不法占拠者の建てた居住区です。
ファベーラではギャングが麻薬ビジネスを展開し、ギャングの商圏となります。

ギャング同士がファベーラの商圏を争い銃撃戦を繰り広げます。
抗争を制した麻薬王に住民が忠誠し、治安を収める異常な光景です。

麻薬の流通はファベーラの一端です。

掃討作戦

ブラジル政府は何度もファベーラの掃討に踏み出しています
リオW杯、五輪の際は全土から精鋭部隊を集め、大規模掃討作戦を実施しています。

日本だと警察が出動しますが、ブラジルでは軍主導の掃討作戦もあります。

軍隊とギャングが市街地戦を繰り広げるカオス状態です

ギャング同士の麻薬戦争に軍隊の掃討作戦。
あるファベーラではの死亡者数はどこぞの内戦を上回る規模です。

掃討作戦も虚しく、ファベーラの解体は進みませんでした。

ファベーラの治安問題シムシティ的に解決へ導く

シムシティ的思考の導入

ファベーラの治安問題をシムシティ的に考えていきます!
ファベーラの治安問題は重度の格差社会が背景にあります。

根本的な解決はブラジルの格差是正に期待するしかありません。

とはいえ、手をこまねくだけでは、仕方ありません。
なので、今回はシムシティ的にこの問題を解決に導いていきます。

ファベーラの治安問題
  • ギャングによる蔓延する犯罪
  • ブラジルの格差是正

さあ、シムシティを始めていきましょう!
※シムシティ的な考えで、複雑な貧困事情の過程は飛ばします

導入するシステム

ファベーラの治安問題を解決するには必要なことが多々あります。
以下、無制限に資金が使えると仮定して、必要なものを列挙します。

マフィアへの対策
  • 銃刀法違反の取り締まり
    →ブラジルは銃社会
  • 警察機能の充実
    →マフィアとの癒着
    →警察の好戦的
  • 重犯罪への厳罰化
格差是正
  • 高等教育の提供
    →主に建設業やインフラ業
  • 出産平均年齢の早熟
  • 社会保障制度と職の安定

さあ、これだけの設備を整えて、解決していきます!

シムシティ的に治安解消

第1段階、治安対策

治安対策のために警察権力を整えます。

ブラジルには軍警察という組織がありますが、上手く機能していません。
警察とマフィアの癒着も指摘されています。

マフィアとの戦闘には無法状態で大量殺害も問題として浮上しています。

警察官への優遇

治安対策として警察官への優遇措置をします。
警察への厚遇を社会保障で充填します。

「警察=権威職」のイメージアップします。

銃社会の抑制

ブラジルは銃社会です。
ファベーラのマフィアまで拳銃が出回っています。

銃所持が国民に支持されています。
自分の身は自分で守るというのが根底にあるのでしょうか?

銃の規制により、警察官の身も守れます。
街中で装甲車が出動する元凶は銃社会のような気がします。

第2段階、格差是正

ブラジルは高等教育が未整備です。
ファベーラの子供たちは日銭を稼ぐために高等教育へ進むことが困難です。

教育世帯への社会保障費を厚くします。
高等教育と職の安定によって、都市部との格差是正を目指します。

ファベーラという地帯に居住を構えることが格差を如実に表します。
しかし、ファベーラを抜け出すことも出来ません。

徐々に、ニュータウンを創って段階的にファベーラを自体をなくします。

 

政治腐敗が進んでいます。
コロンビアからの麻薬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。