シェアビジネスの特徴をまとめる

ビジネスを語る

シェアビジネスが興隆しています。
「シェアする」という言葉を最近何かと耳にします。

「シェアする」とはモノ・トキ・コトを他人と共有することを指します。
シェアビジネスはユーザーと企業にwin-winの関係です。

ユーザーはコストダウンの恩恵
企業は稼働増加の恩恵

新たなビジネスチャンスの創出に躍起です。
シェアビジネスは新たなビジネス領域として、確立しています。

シェアリングビジネスの興隆

2018年はシェアビジネスの分岐点

2018年はシェアリングビジネスの分岐点でした。
今後、シェアビジネスによる法整備、新たなビジネスの創出と更なる市場の発展が期待されます。

宿泊サービスを手掛けるAirbnbが法制化
CtoCフリマアプリの代表格メルカリは上場
次々とシェアプラットフォーム事業が登場

シェアビジネスは多くの問題を整理しつつ事業規模を拡大しています。
今までにないビジネスモデルの発展が更に加速しています。

今後も拡大していく

シェアビジネスは今後も成長産業として期待されています。
ユーザーと企業双方にメリットがあり、経済合理性に優れています。

ユーザーはあらゆる事象のコストダウンを期待できます。
→間接的にも価格競争が煽られます

企業は操業率の低下に繋がり、経営効率は上がります。

シェアビジネスはITの力で創出された新しいビジネスモデルです。
テクノロジーとアイディアの力が新たなサービスに繋がるでしょう。

シェアするとは

シェアビジネスについて

シェアビジネスは新しい経済現象です。

当初はシェアハウスやシェアオフィスが代表的な事業でした
今では車、民泊、クラウドソーシングと新事業が続々と展開されています。

ここからは体験を共有するトキ・コトへシフトしていくことが予想されます。
シェアビジネスは市場規模を急拡大していくことでしょう。

シェアビジネスの利点

シェアビジネス最大の利点は「遊休資産の効率化」です。
遊休資産や操業度の低いモノ・サービスを効率化させます。

対象は場所・モノ・サービスといったありとあらゆる余りものです。

従来は単なる余り物です。
それが、ITの力が新たな息吹を吹き込みました。

ITの力を利用して、不要なものを必要とする人に繋げる経済活動
稼働率を上げ、経済生産性を上げていこうという経済活動

海外発のシェアビジネス

Airbnb

世界190カ国3300都市80万以上の宿を提供する民泊プラットフォームです。
Uberと並んでシェアビジネスの代表格です。

ライバルはマリオットやヒルトンなど世界屈指のホテルチェーンです。
Airbnbは世界屈指のホテルと比肩する客室数を揃えています。

しかし、近隣住民との軋轢やセキュリティの課題も残ります。

Uber

世界70カ国450以上の都市で提供される配車のプラットフォームです。
特徴は一般ドライバーにより、行われる配車サービスです。

余っている自動車の座席を使うという考えです。
Uberは配車サービス以外にも自動運転にも力を入れています。

日本では、白タク問題を抱え、あまり普及していません。

upwork

エンジニア、クリエイターによるクラウドソーシングサービス
技術と時間を持つフリーランスと資金を持つ事業体を繋ぎます。

クラウドソーシングサービスとしての先駆けです。
依頼主側は圧倒的な費用対効果を受けれます

日本ではランサーズなどが誕生しています。
稼ぐにはそれ相応のスキルが必要です。

日本発のシェアビジネス

メルカリ

日本を代表するシェアリングエコノミーの代表格。
CtoCによるフリマサービスをネット上にて展開しています

不用品を「シェアする」という形で、必要な人へ提供しています。

必要な人のために必要なもの」をという精神で運営。
そのため、法的にグレーなものも出品され問題となっています。

ラクスル

格安で印刷できる印刷業のプラットフォーム
印刷会社の操業していない印刷機を使用し、低価格帯を実現。

CtoB、BtoBと広い窓口を持つシェアリングサービス。

シェアビジネスの有用性と問題点

シェアの有用性

「シェアする」ことの有用性は、多岐に渡ります

「安価で利便性のあるサービス」を求めるユーザー
「操業率を高めたい」という事業者

相互の思惑は一致し、winwinの関係が作られています。

拡大する規模

シェアビジネスの市場規模は、2013年では150億ドルです。
それが、2025年には3350億ドルと急成長を遂げると予想される分野。

今後は既存の法制度との軋轢を乗り越えことが課題です。
また、利便性の陰に隠れた多様な問題を解決していく必要があります。

シェアの弊害

民泊事業では、近隣住民のストレスは語られません。
配車事業では、犯罪に巻き込まれるリスクもあります。

フリマアプリでは盗品、コピー品、現金が流通しています。
犯罪行為の温床となり、ユーザーが知らず知らず犯罪の片棒を担ぎます。

クラウドソーシング事業も問題があります。
敷居の高さ、未知の他人との交流はストレスとして語られません。

シェアビジネスは事業者が責任を追求されない
従来のサービス業のような信用は存在しない

シェアビジネスの経済合理性が生み出すストレス。
新たなストレスと上手く付き合う必要があります。

結論

シェアビジネスの有用性は間違いありません。
今後も間違いなく新しいビジネスとして、発展するでしょう。

ただ、現行法との軋轢。
新たなストレスの障壁を語り、乗り越えなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。