YouTubeチャンネル運営中

難しい老衰死とQODの質

健康

誰しも自分の死は「楽に逝きたい」と考えます。
ぽっくり逝くというのは人間の最良のゴールです。

ぽっくり逝くとは、「老衰」を指します。
実はこの老衰に至るにはとても難易度が高いです。

老衰の死亡者数の割合は5%に満たない数です。
今回はその難しい老衰を目指すべく、老衰についてまとめます。

結論を端的に

ぽっくり逝くことの難しさ
→老衰は限定的なケース
→死には痛みや苦しみが伴う

老衰死
→多臓器不全により生命活動が維持できずに老衰死
→死亡要因では5番目(5%未満)

QOD(死の質)
→死の在り方をみつめる必要がある

難易度の高い老衰

ぽっくり逝きたい

自分の死を深く考えるのは死の間際でしょう。
普段から自分の死について深く考える人はそういません。

大抵の人は自分の死について「ぽっくり逝きたいなー」程度の考えしか持ちません。
しかし、「ぽっくり逝く」は実は難易度が高いのが知られていません。

ぽっくり逝くは老衰を指しているのでしょうが、老衰と定義されるのは極めて限定的なケースです。
望んだ死とはかけ離れた痛みと苦しみを伴う人が多数です。

老衰死とは

老衰とは、加齢により心身が衰えることを意味します。

老衰が進むと、個体を形成する細胞や組織が低下していきます。
最期は、多臓器不全により生命活動が維持できずに老衰死に至ります。

老衰死とは、特定されるべき、病因がありません。
加齢により、自然に死を迎えることです。

 

老衰の割合

「ぽっくり逝く」とは、一般的に老衰のことを指します。
老衰は日本人の死亡要因では5番目に位置します。

死亡者数の割合ではたったの5%にも及ばない数字です。
→死因が特定されるケースが多い

望まれる老衰死は20人に1人しか実現しません。
それ以外は、がんや心疾患、肺疾患の苦痛を伴い、死に至ります。

老衰死は5%でとても狭き門です。

 

老衰死を目指せ

老衰死を迎合しよう

老衰死は、死因率4.8%です。

老衰死は、他の死に比べ、苦痛を伴わず、穏やかに命を終えます。
よく老衰死は、「眠るように逝く」と表現されます。

看取る側も看取られる側双方に、死の苦痛を緩和させます
老衰死こそ、人が目指せべき「死の在り方」です。

QOD

超高齢化社会の日本で、QOD(死の質)を高めることは必須です。
QODの向上は介護過多や医療費軽減など多くの有益性があります。

老衰死を迎合する視点で「死」を捉え直す必要があります。

 

老衰死は目指すべき姿

老衰は、食事が段々と取れなくなります。
次いで、点滴も体が受け入れません。

最期は枯れるように逝くといわれます。
病院ではなく、在宅で死で迎える確率が高いです。

老衰は過度な医療措置の削減。
故人、親族の心の苦痛の緩和に繋がります。

 

死を受け入れる心構え

老衰死するには、健康寿命を全うする必要があります。
即ち、死に至るまで健康でいることを意味します。

老衰死は5%未満と厳しい現実。

どこかで死を受け入れる心構えが必要です。
病気に抗うことだけでなく、死を受け入れる選択です。

QODを高めるための万策を練ることが高齢化社会への備えであろう。

最期は自然の摂理に委ねたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。