義務教育の義務と権利を正しく理解する

主張、意見

「学校に通う必要はない」と主張します。

小学校~大学まで通い、勤勉に励み、友達に囲まれることは幸せです。
しかし、全ての人が安泰に、学生生活を謳歌できるとは限りません。

学校は「陰湿ないじめ」や「学業への拘束」という負の側面もあります。
学校は閉鎖的なコミュニティということも考えなくてはいけません。

現代では「学校は選択肢の1つ」というフレキシブルさを持ちましょう。

今回の記事では「義務教育の義務」の部分を考えます。
義務教育の在り方とそれに伴う子供教育機会の権利について考えます。

義務教育の義務とは

教育を受ける権利を有する

義務教育とは日本国憲法第二十六条に記されている文言を指します。

第二十六条
すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。
すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

日本国憲法が指す「義務教育」とは「教育を受ける権利を有すること」です。
憲法では学校へ行くことが義務とは明記されているわけではありません。

義務教育は「義務」という言葉に引っ張られ解釈の誤りが散見されます。
義務教育は「子供が学校へ行くのは義務」というのものではありません。

義務ではなく権利

日本国憲法では第一項に『教育を受ける権利を有する』と記しています。
教育を受けることは「義務」ではなく「権利」です。

第二項では、『保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ』と記しています。
これは「国と親は教育を受ける権利を保障する義務がある」を保障しています。

教育を受けたい子供には教育を受けさせる義務が国、親に課されます。
義務教育の義務とは子供へ向けられたものでなく、国や親への義務なのです。

つまり、子供が教育を受けたくないと主張すれば教育を受ける権利を行使しないことも可能です。
通学し学ぶことは重要ですが、あくまで義務ではなく権利なのです。

義務教育
「子供=学校へ行く権利」
「国&親=教育の権利を保証する義務」

「通学は義務」という幻想

「学校へ行かなければいけない」は幻想

多くの人が「学校へは通わなければならない」と信じ込んでいます。
しかし、実際は「義務」ではなく「権利」です。

権利の主体は子供の意思です。
子供に通学する選択権があります。

あくまで、選択権は子供で通学を決めるのは子供です。

子供が教育を受けることは「義務」ではなく「権利」です。
その「権利」を子供が放棄することも可能です。

子供の「権利」の教育は、大人の間違った解釈により「義務」となります。

義務の幻想による代償

大人が義務教育を正しく理解していません。
そして、その被害を受けるのは大人ではなく子供です。

子供が「いじめ」や「教員による性事件」などの被害を受けても教育を受ける義務に縛られてしまいます。

いじめを受けても学校へ行かなければならい
学校へ行かなければ不登校児というレッテルを貼られる

このような閉鎖的な考えを子供に与えるのが義務教育に対する誤解の代償です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。