YouTubeチャンネル運営中

「ランニング」が最強の健康体を作る!

健康

健康維持の上で最強のメソッドであるランニングをまとめます。

ランニングは「健康な体の維持」や「ストレス発散」に繋がります。
発生するコストは少なくコスパにおいても最強です。

ランニングが、健康にどれだけの恩恵があるかをまとめていきます!
最も身近な趣味の1つであるランニングを生活に取り入れましょう。

ランニング最強説

ローリスクハイリターン

ランニングは“ただ走る”だけです。
難しい技術も高額な設備も不要です。

手軽に始められるとはいえ、リターンはとても大きいです。
健康にはローリスク、ハイリターンという魔法のメソッドです。

違う角度からランニングの素晴らしさを説きます。
年間所得1500万円以上の人に最も人気の趣味が「ランニング」だそうです。

走っているだけで金持ちになれるかもしれません。

ランニングにおける3つのメリット

ランニングには数多くのメリットがあります。
その中で、とりわけ効果の高いものをまとめます。

  • ダイエット効果
    →走ると脂肪が燃焼する
  • セロトニン分泌
    →幸せホルモンである「セロトニン」を分泌
  • 免疫力
    →基礎代謝があがり、風邪をひかない体へ

ランニングによって、得られるメリットは素晴らしいです。

ダイエット幸せホルモン風邪をひかない体
まさに最強の健康メソッドです。

ランニングの3大メリット

メリット.1 ダイエット効果

ランニングには「ダイエット効果」があります。
これは体重が気になる人には朗報です。

体重の増加を契機にランニングを始める人は多くいます。
体を動かすことで健康的に体を絞れます。

一般的に痩せるとは、3つのアプローチがあります。

アプローチ1 水分を減らす

成人男性は60%、成人女性は55%の水分が体を構成しています。
つまり、体内の水分量を減らすことで、体重は減ります。

ボクサーが減量時に、サウナで汗をかくのをイメージして下さい。

水分量を減らすことは、とても危険です。
→力石状態で健康を害する

力石状態でのダイエットは、命の危険があります。
「水分を減らす」ことによるダイエットは避けます。

アプローチ2 筋肉を減らす

2つめのダイエットアプローチは、「筋肉を減らす」ことです。
「筋肉を減らすダイエット」も有効ではありません。

人間は、普段の生活で、必要な筋肉量を蓄えています。
自らの意志で筋肉を減らすことも危険です。

この方法もある種、力石状態に陥るので、敬遠しましょう。
とはいえ、中には筋肉太りしている人もいます。

その人は筋肉減量ダイエットによって減量をするべきです。
→激しいスポーツに従事していた人

アプローチ3 脂肪を落とす

ダイエットする上で、必要なことは「余計な脂肪を落とす」ことです。
体重が気になる多くの人が余計な脂肪のついている人です。

脂肪を落とせば、力石状態にならずに体重を減量できます。
脂肪を落とす運動で最も効率の良い方法は有酸素運動です。

有酸素運動の代表格が「ランニング」です。

脂肪の燃焼方法

脂肪は有酸素運動を20分以上継続すると燃焼します。

20分未満だと、炭水化物がエネルギーとして消化されます。
20分を超過すると脂肪をエネルギーとして燃焼します。

つまり、20分以上のランニングを継続すれば、脂肪を燃焼できます。
ランニングは、ダイエットにおいて理想的な有酸素運動です。

ペースはゆっくり

脂肪燃焼の有酸素運動ではペースを落とすのがコツです。
軽いジョギング長く続けます。

20分以上の連続した運動が必要なので細く長くを目指しましょう。

メリット.2 幸せホルモンの分泌

ランニングをすると「セロトニン」が分泌されます。
セロトニンは幸せホルモンと呼ばれています

セロトニンは、一定のリズム運動で分泌される神経伝達物質です。
一定のペースを守り走ることがセロトニンの分泌を促進します。

セロトニンは、脳内や中枢神経で気分と感情のコントロールを行います。
抑うつ気分やモヤモヤ不安を吹き飛ばしてくれます。

ランニングは走るだけで、幸せになることができる最高の友です。

メリット.3 免疫力の向上

ランニングは免疫力が向上します。
適度な運動習慣が、「ナチュラルキラー細胞」を活性化するからです。
このナチュラルキラー細胞が、免疫力向上の鍵とされます。

ナチュラルキラー細胞は、ウイルス感染から身を守ってくれる細胞です。
過激な運動では活性化せず、逆に免疫力が低下する可能性があり注意です。

体の具合と相談しながらゆるーく、ながーくランニングを続けましょう。

ランニングメソッドを考案する

テーマはゆるーく、ながーく

今回のランニングメソッドのテーマは「ゆるーく、ながーく」です。
週何㎞走るとか、週何日走るとかの目標は定めません。

1週間全く走らないくても、3日連続で走ってもOKです。
厳密なルールに縛られると苦しくて長続きしません。

ルールに縛れると雨などで走れない日が続くとストレスに変わります。
「ゆるーく、ながーく」気長に続けていきましょう。

ランニングする際はNikeのアプリで記録するのもアリです。
努力を可視化するとモチベートが維持されます。
このアプリは秀逸でユーザーの走り心をくすぐります。

効率の高いランニング

効率の高いランニング方法をまとめました。
要約すると「晴れた日の夕方にゆっくり20分走る」です。

  • 時間帯は夕方
    →夕方に走ると良質な睡眠に繋がる
  • 陽の光を浴びる
    →陽の光でセロトニンの分泌がより促進
  • 走行時間は20分以上が目安
    →脂肪燃焼にも焦点を当てる
    →脂肪燃焼には20分以上のランニングが必要
  • 速度を上げ過ぎない
    →ゆっくりと息が上がらない程度に走る
    →脂肪の燃焼効率が上がる

最強なランニングを取り入れて、健康な体を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。