YouTubeチャンネル運営中

低価格で本格的な「楽天モバイル」の魅力情報をおさらい

楽天サービス

楽天経済圏で最も注目の集まるのが楽天モバイルの動向です。

楽天モバイルは2019年10月をもって、MVOとして第4のキャリアになります。
今後は150万~200万弱程から1500万までの契約数を目指す方針です。

格安SIMの旗手として、業界をひた走る楽天モバイル。
格安SIMのシェアでは業界トップです。

寡占が長らく続き携帯業界の風雲児になることが期待されています。
今回は「楽天モバイル」の料金体系など基本情報をまとめます。

楽天モバイルの特徴

低価格帯を実現

現行の楽天モバイルは格安SIMの範疇に入ります。
格安SIMの名の通り、価格は低価格帯を実現しています。

プランにもよりますが、大手キャリアに比べるとかなり節約できます。
月数千円近くコストを抑えることも可能です。

本格通信

楽天モバイル格安SIMには珍しいシステムがウリです。
「かけ放題」、「容量使い放題」と大手キャリア並みのプランも用意されています。

自身の用途によって、組み合わせプランも豊富です。
使い勝手によっては大幅に料金を抑えることが出来ます。

楽天ポイントが貯まる

楽天経済圏に居住するのであれば楽天モバイルと楽天ポイントはシンクロします。

楽天モバイルで通話SIMを契約すると楽天市場でのSPUポイントが+2倍です。
モバイル決済のために楽天カードを発行していれば常時SPU+5倍が完成します。

楽天市場での買い物がメインの人は楽天モバイル契約でお得な特典があります。
楽天市場で沢山買い物する人はSPU+2倍狙いでも契約の価値はあります。

ポイント払える貯まる

楽天モバイルでは料金支払いに楽天ポイントが使用できます。
期間限定ポイントも支払いに適用できるため、ポイントの出口として使用できます。

サービス利用で利用料1%の楽天ポイントが貯まります。
更に決済を楽天カードで紐づければカード決済分のポイントも獲得できます。

楽天ポイントで携帯料金の支払いも可能なため、お得が沢山あります。
ポイント還元という楽天の魅力を享受することが出来ます。

楽天モバイルの料金は安いのか?

楽天モバイルは安い

結論からいうと「楽天モバイルは安い」

楽天モバイルの主流は「スーパーホーダイプラン」です。
楽天モバイルでは低ギガの使用が条件なら大手キャリアより3000円近くは安く抑えることができます。

スーパーホーダイ一例

「10分以内の国内電話かけ放題」+「高速データ2GB」+「2年縛り」
→1980円

大手キャリアの一例では5分以内+2GB+2年縛りで5,000円近くかかります。
他の格安SIMとの価格帯はさほど変わりありません。

ただ、他の格安SIM会社は通話かけ放題が充実していないことが多いです。
通話機能が大手キャリアと遜色しないのが楽天モバイルの特徴でもあります。

動画見放題

楽天モバイルの特徴は高速データギガを使いきった後も最大1Mbpsで通信します。
高速データギガを使いきった後も動画視聴が問題ない通信を維持します。

実質YouTubeなどが見放題ということです。
動画世代にとってはかなり嬉しい機能です。

他、地図アプリ、メッセージ、WEB検索など問題なく使用できます。

端末が安い

楽天モバイルでは通話SIMと端末をセットで契約すると端末が格安で購入できます。
他キャリアで3万円以上する端末が7,000円で取得できたりもします。

HUAWEI、OPPO、SHARP製品のセット端末割引が多いです。
iPhoneは弱いのでAppleヘビーユーザーには向きません。

ただ、iPhoneに勝るとも劣らない性能の端末が相当安く手に入るのでコスパは最強です。


楽天モバイルの立ち位置

MVNOとMNO

楽天モバイルは携帯会社の中でもMVNOと呼ばれます。

MVNOとは「仮想移動体通信事業者」の略です。
MVNOは自社回線を持たずに他社(MNO)から回線を借りサービスを提供しています。

一般的には「格安シム」という名で広く知れ渡っています。
MNOは「移動体通信事業者」の略で大手キャリア(ドコモ、au、ソフバン)が入ります。

格安SIM界の覇者

格安SIM業界は年々伸長しています。
格安SIMが伸長する一方で大手3社のキャリアは年々微減傾向にあります。
(3社は回線を貸しているため問題は少ない)

シェアが伸びている格安SIM業界において最大手が楽天モバイルです。
格安SIM業界は参入の敷居が低いため多くの会社が名乗りをあげています。

玉石混交のサービスの中において、楽天モバイルは20%を超える支持を集めています。

これからの楽天モバイル

既存の楽天モバイル

既存の楽天モバイルの料金形態が2019年10月以後のキャリア参入で維持されるかが鍵です。
5G通信、複数年縛り、端末代金、料金プランの見直しと分岐点に立つ携帯業界。

格安路線でキャリア参入が出来れば楽天モバイルに勝機はあります。
複数年縛りも緩和が予想され楽天モバイルには追い風が吹いています。

現在、楽天モバイルの主力プラン「スーパーホウダイ」は複数年縛りが基本です。
今後、楽天がキャリアに参入することでどのような料金体系を導入するか見定める必要があります。

既出情報では、既存の料金形態を踏襲するとみられています。

auとの業務提携

楽天モバイルはキャリア参入に際し、auとの業務提携を進めました。
通信設備を持つauと手を組むことでキャリア事業、最大の鍵である自社回線を用意することに成功しました。

事実上、auと楽天の価格帯の棲み分けがされるのが濃厚です。
楽天は低価格帯を求めるユーザー路線の獲得をしていくとみられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。