YouTubeチャンネル運営中

経済圏を選ぶなら楽天経済圏が一択の理由

楽天経済圏

小売業界(EC、モバイル業含)は独自の経済圏の創設に躍起です。

「経済圏」とは経済活動を一定の独立性をもって営まれる場所を指します。
簡単に説明すると、「消費活動を自分達のサービスで完結させてね」という意味です。

企業は顧客を囲い込み利益の確保を目指します。

囲い込まれるユーザーにとっても経済圏には利益があります。
同一企業の経済圏を上手く使うとポイント還元などの利益にありつけます。

「経済圏」を上手く利用することで賢くエコに暮らそうというわけです。

現在、日本の企業がつくる経済圏で一番おすすめなのは「楽天経済圏」です。
今回は楽天経済圏を選ぶ理由をまとめます。

「楽天経済圏」を選ぶ理由

経済圏は多く存在する

ユーザー側は多くの経済圏に入る選択肢を持っています。

その多くの選択肢から経済圏を1つに定めることが必要です。
経済圏を限定すればするだけ企業がユーザーに利益を還元してくれます。(win-winの関係が築けます)

EC系:Amazon・ヤフー(softbank)・楽天
モバイル系:docomo・au・softbank
小売り:イオン・セブンアンドアイなど

数多くの経済圏の中からどの経済圏に住民票(サービスを利用)を置くかの選択はとても重要です。

経済圏なら楽天経済圏の一択

経済圏を選ぶなら「楽天経済圏」一択です。

特定の企業を応援する特別の理由がないならば「楽天経済圏」を選択するのがベストです。
楽天経済圏がユーザーにとっては一番恩恵を受けることができます。

楽天経済圏選択の理由はとてもシンプルで「楽天が提供するサービスが多岐に渡るから」です。
サービスを広く提供している方がユーザーにとって、利用する機会が多くなります。

楽天のサービスを多く利用すればするほどポイント還元などでユーザーに多くの恩恵があります。

楽天経済圏を他経済圏と比較

楽天経済圏を他の経済圏を比較してみましょう。
比較すると楽天経済圏が誇るEC、金融、モバイル、サービスの幅広さ、還元率の高さが伺えます。

Amazon

ECでシェア1.2位を常に争う「Amazon経済圏」と比較します。
Amazonの提供する主なサービスはECに限定します。

Amazonは金融、モバイル産業には一部しか参入していません。
ポイント還元率を考えると楽天の足元にも及びません。

大手キャリア経済圏

docomoを始めとする「大手キャリア経済圏」と比較します。
大手キャリアの提供する主なサービスはモバイルとECです。

大手キャリアはモバイル契約を交わすところから始まります。
モバイル契約にポイントを付与しECでの購買へと繋げます。

キャリア経済圏のポイント還元率は悪くありません。
ただ、金融事業との親和性が悪いのが特徴です。

サービスの一貫した還元は見込めません。

イオン経済圏

小売業を代表する「イオン経済圏」を比較します。
イオンの提供する主なサービスはオフラインでの買い物と金融です。

現状、楽天経済圏と対等のお得経済圏を誇ります。
オフラインでの買い物(株主優待+イオンカード)の還元率は圧巻です。

株主になれば現金が還元される最強サービスです。
楽天経済圏と比較するとEC、モバイル、提供サービス数に劣ります。

楽天経済圏が提供するサービス

楽天のEC

楽天はEC(electronic commerce)で台頭した企業です。
現在のビジネスの基盤もECが主軸です。
※ECとはインターネット通販を指す

楽天が提供する「楽天市場」は日本で最大級のオンラインショッピングモールです。
約4万店舗がオンライン上に出店しています。

操作性の煩雑さは否めませんが、大量の商品と圧倒的なポイントの還元率を誇ります。
米、水、ティッシュなどの普段使いするものからPC、書籍、衣服とあらゆるものが手に入ります。

楽天の金融

楽天経済圏の特徴として、金融との親和性が非常に高いことが挙げられます。
楽天は金融事業に注力していて、ユーザーのお財布として便利なサービスを提供しています。

楽天カード

『楽天カードマン』でお馴染みの楽天カード。
後発からの参入ながら現在、日本で最も使用されているクレジットカードです。

楽天カードを使った買い物は全て楽天ポイントに還元されます。
更に楽天カードを使い楽天市場で買い物をした場合は還元率が+2倍です。
→年会費2,160円のゴールドカードなら還元率+2倍

楽天銀行

楽天銀行はネット銀行の中で、もっとも口座数が多いネット銀行です。

驚きは条件を満たすと普通預金が0.10%にアップすることが出来ます。
通常の普通預金も0.02%で大手銀行の0.001%を考えると破格です。

0.001%→0.10%まで上がります。衝撃的です。
しかも条件は楽天証券と楽天銀行を紐づけるだけという楽なハードルです。

また、楽天銀行を利用するだけで楽天ポイントが貯まります。

楽天証券

楽天証券はネット5大証券の1つに数えられる業界大手です。
投信、FX、NISA、ロボアド、IPOと投資活動はフルラインナップです。

独自の制度として楽天ポイントでも投資信託を購入できるなど、投資家楽天ユーザーにはマストな証券会社です。
投資に関する手数料が安いだけでなく、手数料もポイントとして貯まります。

楽天の通信

楽天が2019年以降、最も注力していく分野でしょう。
2019年10月には日本で4社目となるキャリア事業への参入が予定されています。

楽天は通信事業の確立により、経済圏を確固たるものとする狙いがあります。
EC、金融を提供する通信技術を提供することでユーザーの更なる囲い込みを狙います。

勿論、ユーザーにも利益があり、楽天モバイルに契約することで楽天ポイントの付与が+2倍というキャンペーンが現在運用されています。

その他サービス

楽天経済圏を勧める理由は幅広いサービス数です。
この幅広いサービス数により、結果多くのポイントが加算されます。

「楽天トラベル」ではホテルの宿泊予約を楽天ポイントで済ませることが出来ます。
その他、ゴルフ場、美容サロン、出前宅配、結婚相談、ペット保険と数えきれないサービスを提供しています。

インターネットを介して行われるサービスの多くに楽天は介入しています。
それだけ経済圏が確立させているという証明です。

まとめ

●各企業が独自の経済圏を創る時代
→企業は顧客の囲い込みに躍起
→ユーザーは経済圏に入ることで利益を得られる

●経済圏の中で現状、最右翼は楽天
→サービス数が豊富でユーザーとの接点が多い
→接点の数だけユーザーには恩恵がある

●楽天経済圏に入るべき理由
→EC、金融、通信と質の高いサービスと還元率を受けられる
→豊富なサービスが用意されており、ポイント出口が利便性に優れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。