たいそんの出自

たいそんの出自についてまとめます。
興味のある方はどうぞ!

自己紹介

生誕~幼少期

幼少期

生誕は、両親+姉弟という典型的核家族スタイルの下に産声を上げる。
末っ子ということで目一杯、甘やかされて育ちます。

姉の影響を受けて、ピアノや絵画教室に通学。
しかし、圧倒的美的センスの欠乏により、先生困窮。

絵心は現在もマイクロレベル、芸術分野への造詣はミクロ。
幼少期からアーティスティックへの羨望を持ち続けています。

幼稚園に入るとピアノの発表会に強行出場させられます。
ピアノ発表会に出場も不出来を極める。

 小学生

低学年では、卓越した人心掌握術発揮。

クラスメイトを支配下におき、鬼ごっこで鬼免除という鬼畜ぶり。
「領主様」という謎のあだ名で友達から呼ばれます。
→スクールカーストではボスキャラポジションに君臨

芸術分野に才能がないと判明し、芸術の道を断念。
方向転換し、運動に励む。
→野球・サッカー・水泳で秀でる

小学生の必須ステータス「脚の速さ」を武器にスターダムへ

ライフクエスチョン
10歳で「なぜ人は生きるのか?」というライフクエスチョンに目覚める
無論、究極的な命題の答えなど出せない
「自分以外全ての存在はロボットである」という暴論を打ち立てる

中学生~高校生

中学生

中学生になると人心掌握術が通用しなくなります。
中学ではジョブチェンをし、道化役を演じます。

スクールカーストでは、上の下的なポジションで楽しく学生生活。

サッカー部に入り、バリバリ活動し充実したサッカーライフを送る。
学業もそこそこ優秀で、華やかな学生時代を謳歌していました

文武両道で遊びも奔放のアゲ学生。

一方「自分の息が臭いんじゃないか?」という謎の強迫観念に駆られます。
以降、女子学生とは急激に距離を置きます。

当時、僕の顔面が世界陸上のアメリカ代表「タイソン・ゲイ選手」に似ていると友達から指摘されます。
仲間うちで「たいそん君」と呼ばれるようになります。

当時流行していたモバゲーのHNが「たいそん君」
以後、たいそん君の利便性を得ます。

ライフクエスチョン
「人間総ロボット説」は限界に達していた
中学生の頃は専ら「俺はこの世界の中心なのか」と思いたつ
「俺が神だ理論」を提唱していた

高校生

高校生に入るとスクールカーストでは中間層まで下落します。

それでも「謎の口臭強迫観念」がなくなり、女子生徒と戯れを開始。
中3末期から高2年前半まで謎のモテキへ突入する。

完全に調子に乗り2股、3股と掛け、校内の女子生徒から総スカンを喰らいます。

勉強はさっぱり。サッカーもパッとせず高2からは悶々とした高校生活を送ります。

高3になると「東京へ行きたい」という淡い希望を寄せ始めます。

一念発起し、猛勉強を開始。
塾の自習室に毎日通い詰めます。

自習室では専用席が誕生し、塾生内でのあだ名が「マジ(本気で勉強し過ぎ)」
→「マジが来たぞ」と呼ばれ恥ずかしかった

受験結果はあえなく不合格
「東京上陸」はならず、県内の大学へ進学

ライフクエスチョン
何者かになれば、生きてる意味が分かるんじゃないか?

大学生

粋がり期

大学に入学時は、とにかく粋がります。
金髪にして、夜間も常にサングラスを着用という変態ぶり。

アメリカのラッパー「Flo Rida」に憧れ、筋トレを開始。

HIPHOP文化へ傾倒し、クラブに出入りするも爆音が苦手で全く馴染ずめない。
クラブイベントという華の席には身を置けなかった想い出。

筋肉美を海で見せつけるただただ痛い人間。

堕落期

大学生活に馴染めず、人生に何も目標を持たない「完全なる堕落」した日々を送ります。
酒、女、ギャンブルを骨の髄まで堪能します。

漫喫、競馬、スロット、麻雀、キャバクラ、風俗を堪能します。
バイトはAVショップに勤務し、AVに関してはかなり博識になる。

海外放浪期

暇を持て余していたので、海外へバックパッカーへ出た時期も。
東南アジアやヨーロッパなどを周遊するも特に何か感じることはなし。
→世界観が変わるとか信じていない

バックパッカーと言えば聞こえはいいが、基本は堕落の延長。
「酒を飲んで翌昼まで寝る」という物価の安い国でブルジョワな生活を送る。

ライフクエスチョン
「何者かになる」という使命はなくなる
「年収や肩書で日本人の上位10%に入る」という歪んだ思想

会社員~現在

会社員

就職活動は、証券と商社業界を志望し、無事とある商社に入社。
就職ともに上京し、夢の「東京進出」を果たす。

東京の人混みに辟易し、疲弊します。

仕事は社内ニートだらけの鬱屈した会社員生活。
大企業の退屈さに耐えかね、1年で退職し放浪する。

営業代行

資金なし、ツテなし、経験なしの状態で営業代行事業スタートしてみる。
全くの素人なのに事業は、それなりに順調に進む。

開始2ヵ月で世界的超有名企業と取引
→という唯一の自慢

軌道に乗り始めた時に、ある出来事で抑うつ状態に陥る。

抑うつ状態が続き、たったの4か月で帰郷を余儀なくなりドロップアウト。
抑うつ状態で営業代行存続不能になり、東京を後へ。

絵に描いたような都落ち。
病気と闘う、ジェットコースター体験を味わう。

投資とブログで食い扶持を稼ぐ

ブログと投資をメインに食い扶持を稼ぐ。
即レス、365日対応のためお仕事案件お待ちしています。

ライフクエスチョン
ライフクエスチョンを考え続けることが自分の生きる意味だと思う