1日1記事1知識!知識の扉を開けましょう!

毒ガス野郎は嫌われる 「朝の口内環境」を整える

健康

どんな美男美女でも寝起きの口臭は気になります。
中には凶器的な毒ガス口臭を放つ輩もいます。

昨日までロマンスを楽しんだ2人が翌朝は互いに毒ガスを発散し合う。
なんとも乙な関係です。

「朝一の口内環境は大便に匹敵する」というパワーワードもあります。
起床して、コップ一杯の水を飲めば、大便に匹敵する細菌を体に取り込むことを意味しています。

今回は起床時の口内環境を整える方法を考えます。
脱毒ガス人間を目指しましょう。

なぜ朝の口内環境は汚いのか?

細菌の量

朝の口内環境が汚いのはずばり「細菌の量」。
起床時は一日で最も口内細菌が多いタイミングだからです。

「細菌量の過多」が口内環境の悪化を招いています。

口内細菌

口内には数多くの細菌がいます。
口内細菌が虫歯、歯周病、異臭などに繋がります。

口内細菌を調べると、驚きのページを発見。

大人の口の中には、300~700種類の細菌が生息しているといわれます。
歯をよく磨く人で1000~2000億個、あまり歯を磨かない人では4000~6000億個、さらにほとんど磨かない人では1兆個もの細菌がすみ着いています。
一般社団法人 日本訪問歯科協会

「1兆個の細菌を口内に持つ人は逆に最強なのでは?」と思える程、怖ろしい数値です。
細菌の数値化、くわばらくわばら。

唾液の量

細菌の過多は唾液の分泌量によって引き起ります。

口内の唾液量が減少すると細菌が急増。
睡眠中は唾液の分泌量が低下するため、細菌が増えます。

口内環境を整えるためには「唾液の分泌量」が関わっていることが理解できます。
睡眠中、唾液量が減少するのは致し方ない部分もあります。

唾液の効能

唾液には「自浄作用」と「抗菌作用」が含まれます。

自浄作用は唾液が細菌を洗い流してくれる作用。
抗菌作用は唾液が最近の発生を抑える作用。

朝の毒ガス口内環境を対策する

朝一の歯磨き

朝の毒ガス口内を放置するのは周囲にも迷惑。
多くの人はいち早くクリーンして、心地よい口内環境を取り戻したいはずです。

一番大切なのは「起床して速攻での歯磨き」です。
肝心なのは速攻性、目覚めと同時に歯ブラシを手に取りましょう。

歯磨きで細菌過多の口内をクリーンにします。

朝一水を飲むのはNG

「起床時にコップ一杯の水を飲む」という人もいます。
これは細菌をそのまま飲み込むます。

大便並みの細菌を飲むことを想像するとゾッとします。
歯磨きをして、細菌を取り払ってから水を飲みましょう。

同様に食後に歯磨きをするのも勧められません。
食事と同時に口内の細菌を飲み込んでしまいます。

夜はしっかり歯磨き

夜の歯磨きは就寝前に行います。

食べかすが細菌の発生を促すので要注意です。
食べかすを残さないように丹念に磨きます。

朝の歯磨きは速攻性、夜の歯磨きは確実性が必要。

朝の口臭が試金石

朝の口臭を完璧に抑えることは難しいです。
つまり、どのような美男美女でも朝の口臭は臭い訳です。

朝の口臭を気にしない関係を築くことが重要。
口臭を気にしているような関係では、心を開いているとはいえません。

「口臭で嫌われるのであればそれまでの関係」
朝の口内環境をさらけ出してこそ、真の男女関係です。

コメントを残す