結婚式(披露宴)は「だるい、退屈、面倒」

結婚式(披露宴)は超絶だるい」というのが主張です。
全力で回避したいイベントが結婚式(披露宴)なのです。

金のカツアゲつまらない余興ダラダラ長い挨拶、さして食べたくない料理
結婚式はだるい、退屈、面倒くさいのフルコンボイベントです。

今回はアンチ結婚式思想を盛大に表現します。
結婚式を欠席したい人の後押しを出来ればと思います。
※文句の羅列です

注意
「結婚式最高!ハッピーウェディング!」
という思考の人は読み飛ばしてください

結婚式はだるい

だるい、退屈、面倒くさい

「結婚式が好きですか?」と尋ねると大半の人は、「だるい!」と答えます。
内心では「だるい」と思いながらも嫌々出席します。

結婚式はだるいし、退屈だし、面倒くさいです。
これは断言できます。

エンターテインメント性の欠片もない、ただのくそしょうもない儀式です。
参加するだけお金と時間の無駄。

結婚式がだるい理由

結婚式はフルコンボ(だるい、退屈、面倒)です。

以下結婚式がフルコンボの理由を延々と吐き出します。
膿を出しきります。

結婚式がだるい理由
  • 幸せの強要がうざい
    →2人だけで幸せを嚙みしめればよろしい
    →幸せを共有できない
  • 逐一拍手を求められる
    →手が痛い
    →面倒くさい
  • やたらと写真を撮りたがる
    →データ容量が心配になる
    →想い出 in my head
  • せわしない余興
    →余興が自己満でつまらない
    →エンタテインメント性に欠ける
    →YouTube流した方がマシ
  • 謎のファーストバイト
    →勝手にしてくれ
    →興味がないし退屈
  • 高額なのに美味しくない料理
    →料理を集中して食べれない
    →普通に高級料理を食べに行きたい
  • 御祝儀という名の謎の徴収
    →招待しといて、金を徴収する
    →公民館を借りてやれ
  • やたらと長い
    →1日潰れる
    →時間効率悪すぎ
  • 突如として求められる謎の讃美歌
    →曲知らないのに、渡される歌詞カード
    →キリスト教に入信した覚えはない
  • 均一化した笑顔の式場スタッフ
    →雁首揃えて、笑ってる
    →ディズニーのキャストしか許されない

などなど、結婚式への憎悪が湯水のように湧き出ます。
トラウマ体験がある訳でもないのに強烈に結婚式が苦手です。

要点をまとめると「結婚式は長くて、高くて、だるくて、退屈で面倒くさい」のです。

結婚式は退屈

結婚式は一律でつまらない

友人の結婚式に参加しても全く楽しめません。
仲の良さは関係なく、一律でつまらないです。

式を挙げた当人は幸せ一杯の様子です。
それを流し目し「(早う、帰らせてくれぇい)」と呟きます。

次第にバックれたくなる衝動に駆られます。
「(まじでだるい。早く帰りてぇ…)」と想いは強くなっていきます。

披露宴に至っては「この時が永遠に続くのでは?」と錯乱します。
終始、時計を気にし、長針が動くとテンションが上がります。

2次会などは地獄B2Fです。
地獄の迷宮は抜け出せません。

歴戦の猛者

結婚式に喜び勇み参加する人は、歴戦の猛者です。

結婚式を楽しめるのは一握りの天才です。
ハッピーレディ、お祭り男の称号を授けるべきです。

僕のような狭量の器の持ち主には、結婚式を楽しめません。
どんなに仲の良い友達でもどこか他人事で、退屈です。

面倒くさい儀式

幸せの強要はやめましょう

結婚式を挙げる友人が幸せなことは、大変喜ばしいことです。

ただ、その幸せを分かち合うとが出来ません。
他人の結婚式はどこか他人事です。

わざわざ、幸せをこちらに披露しなくてもよいと思います。
幸せは2人で嚙みしめとけば良いのです

なぜ他人と幸せを共有しようと考えるのか理解できません。
他人からしてみれば、何の利益もありません。

真理
面倒くさい儀式と友人は等価交換ではない

供え物としての結婚式

友人として参列する結婚式は「供え物」です。

添え物として、大勢の友人や職場の人が結婚式へ駆り出されます。
※中には、進んで結婚式へ行く変態(猛者)もいる

友人として参加する結婚式は、供え物です。
この原則を理解しないと結婚式がだるい要因が分かりません。

駆り出される結婚式は、楽しいはずがないのです。
結婚式は、供え物としての苦行に耐えるという修行です。

そんな面倒くさい修行にわざわざ参加する必要はありません。

結論

「結婚式を開くことが常識」という価値観が物凄く怖いです。
「結婚式に参加するのも常識」というは、狂気の沙汰です。

結婚式を挙げる本来の目的に立ち返ってほしいです。
本来の目的なら招待客は家族のみで問題ないはず。

中には「結婚式は、とてもHAPPYな場所で、友人の晴れ姿を一目みたい!」という聖母マリアも見上げる程の優しさを持つ人もいます。
そういう人とは理解しあうことはないのでしょう。

残念ながら、聖母マリア系の人にこのエントリーが届かないのが残念です。

結婚式は固辞。
2次会は100%固辞。

「結婚式が嫌なら、参加しなきゃいいだろ」というド正論が飛びます。
ド正論は実現すればいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。