YouTubeチャンネル運営中

「ノーベル賞」の基本情報をおさらい

ノーベル賞は1901年から始まる世界を代表する賞典です。
始まりはアルフレッド・ノーベルの遺言がきっかけと言われています。

世界の発展に貢献した学問や活動に対して贈られます。
対象の学問は物理、化学、生理学・医学、文学、平和、経済の6つの分野。

特に理系科学分野では世界最高の栄誉とされています。
今回は「ノーベル賞」の基本情報を抑えておきましょう。

ノーベル賞の基本情報

年間10数人しかいない

ノーベル賞は世界的に有名な賞です。
学問賞としては最も世間的知名度の高い賞典でしょう。

世界の発展に貢献した学者、作家、活動家が年間10~15人程選ばれます。
化学、物理学、生理学・医学からは1名~最大3名まで選ばれます。

世界的な発明をしても毎年、受賞者数が限定されているので受賞はとても狭き門です。

個人受賞

基本は個人受賞です。
複数の共同研究、共同ではない複数人の研究でも受賞は個人単位で行われます。

平和賞のみ団体での受賞することがあります。
国境なき医師団やICANなどが団体で受賞しています。

選考過程は秘密

ノーベル賞の選考過程は秘密裏に進められています。
選考過程の裏側は50年後に公開という取り決めだそうです。

現在の選考対象は原則生存者に限られています。
最終選考は発表間近に行われるため、受賞者は常にサプライズという形になります。

選考過程が謎のノーベル賞ですがある程度、候補者は絞られているようです。
目ぼしい候補者は順番待ち状態が続いています。

大発明した人でもノーベル賞の順番待ちが発生するという特殊な事象。
「村上春樹さんが毎年受賞するぞ」と待機している春樹ストたちは順番待ちをしている状態です。

五輪金メダルより難しい

単純比較は難しいですが、五輪で金メダルを獲得するより難しいかもしれません。
年間十数人しか選ばれないため、とんでもなく狭き門です。

受賞者大国は最先端のアメリカと欧米諸国。
近年では日本人がノーベル賞に多く顔を出しています。

因みにノーベル受賞者の賞金は1億超え。
3人で受賞した場合は三分割されるそうです。

アルフレッド・ノーベル

偉大なる発明家

ノーベル賞を作り出したアルフレッド・ノーベル(1833-1896)。
ノーベルはスウェーデンの偉大なる発明家であり実業家でした。

多くの特許を取得して、一大兵器メーカーを築きます。
ノーベル最大の発明はダイナマイトです。

このダイナマイトは戦争利用され、効率的な兵器として多くの死者を出しました。
ノーベルが死去したという誤報の一面には「死の商人」という二つ名が用いられました。

死の商人からの脱却

ノーベルは自分が死んだことにされ、その見出しに死の商人と表現されたことにショックを受けます。
ノーベル賞がノーベルの遺産で設立されるに至った過程には、ノーベルが死後の評価を気にしたとされています。

晩年、ノーベルはダイナマイトの発明や兵器メーカーの肥大化を後悔する旨を残しています。
偉大なる発明家は革新的技術の兵器利用に悩まされる定めです。

ノーベルもまた、自分の残した偉大さと残酷さに頭を抱え、後年の世界発展に寄与するためノーベル賞が誕生します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。