YouTubeチャンネル運営中

ブログ初心者はニッチトップを狙え!

ブログ運営を充実させる運営記をまとめます。
脱ブログ初心者を対象としたノウハウを考えます。

ブログ構築の戦略を練っていきましょう。
今回のテーマは「ニッチトップを狙え!」です。

ニッチトップの掌握は脱初心者にとって有効手段です。

ニッチトップがなぜ必要か?

ドメインパワーが足りない

ブログ初心者の最大の壁は、ドメインパワー不足です。
初心者のブログは単純に火力が足りません。

ドメインパワーがないと検索流入の集客が見込めません。
検索入力がないとドメインパワーは一向に上がりません。

「永遠の0」状態で、横一線を辿ります。
0を1にする作業はとても大変です。

アクセス流入を目的としたブログでは多くの人が0を1にする段階でブログからフェードアウトしていきます。

ドメインパワーが低くても戦えるフィールド

ブログ初心者はドメインパワーの低さを改善する必要があります。
その対策の1つが、ブログテーマをニッチに絞るです。

ニッチな分野に特化することで、ドメインパワーをコツコツ成長させます。
勝負したい領域には、ブログ界の猛者が沢山います。

高火力の競合サイトと肩を並べるのは非効率です。
弱小のドメインパワーを引っさげ、巨大空母に突撃するほど無謀です。

そこでニッチなフィールドを用意することで競合相手を減らします。
競合相手を減らし、その場所でトップを取ることでドメインパワーは上がっていきます。

そして、そこで火力を充填します。

ニッチの重要性

ニッチの重要性は「ランチェスター戦略」でも述べられています。
ランチェスター戦略は、マーケティングの原則です。

ランチェスター戦略は、ブログ運営にも当てはまります。
同戦略は、ざっくり説明すると、弱者の戦い方をまとめたものです。

弱者の戦いは、局地戦、一点集中が基本です。
そこで、ブログの領域をニッチに絞ります。

ニッチの作り方

勝負したい領域と勝負する領域

ブログ初心者は「勝負したい領域」と「勝負する領域」を隔てます。

勝負したい領域は、楽しく運営続けられることが前提です。
その領域に対する持続的な興味が背景にあります。

勝負する領域」は、その領域の第一人者を目指すことが前提です。
研究者になる位の熱量が必要になります。

「勝負したい領域」と「勝負する領域」をブログ設計段階で明確にします。
領域を隔てることは、ブログ運営の道筋を創ることに繋がります。

分解してニッチトップを創る

ニッチは「勝負したい領域」を分解して創ります。
「勝負したい領域」を小間切れにします。

そして、自分がその領域のトップに立てるまで分解します。

そうして出来た領域が「勝負する領域」です。
「勝負する領域」は、「勝負したい領域」を分解して、創り出します。

分解した領域で、ニッチトップを目指す

「勝負する領域」でニッチトップを獲得します。
するとドメインパワーがブログにつきます。

ブログに火力が出始めた段階で、分解した領域を再構築します。
領域を広げる動きです。

「勝負する領域」で分解した領域を再構築し、広げます。

 

具体例

ニッチトップの具体例を考えましょう。
「野球ブログを運営したい」という具体例を考えます。

 

「勝負したい領域」

勝負したい領域は、「NPB、大リーグ、アマチュアリーグ」など野球界全体です。
→野球界、幅広く興味があり、オールインワンのサイト運営が終着点

しかし、勝負したい領域は、猛者が沢山います。

特に野球という人気スポーツの場合、個人だけでなく企業も加わります。
Yahoo!ニュースに打ち勝つ必要があります。

これはとんでもな戦いです。
「個人vs.企業」は、「竹槍vs.戦闘機」程の差です。

勝負したい領域にたどり着くためには、相当のドメインパワーを擁します。

「勝負する領域」

野球界全体を取り上げて戦うのは無謀すぎます。
弱小ブロガーは、戦う領域を絞ります。

問題はどれくらい領域を絞るかです。
ニッチトップを目指せる領域の選定が必要になります。

そのためには、「勝負したい領域」を分解していきます。

「勝負したい領域」は野球界全体です。
最初の分解では、NPB、大リーグ、アマチュア野球です。
→これだけの分解では足りません。

分解した中から更に分解します。
ここからは参考例です。

 

「勝負する領域」分解例

野球から、まずはNPBへと分解します。
ただ、NPBには、まだまだ猛者が沢山存在します。

そのため、NPBの中で特に好きなチームであるドラゴンズに分解します。
12球団から1つのチームを分解したので、競合は分散します。

しかし、ドラゴンズに分解しても競合はまだ強いです。
この領域でトップを目指すのはまだ厳しい戦いです。

更に分解します。
ドラゴンズの2軍の選手情報まとめに分解します。
→競合は存在しそうですが、かなりニッチな領域になります。

ニッチを創り出す
野球界>NPB>ドラゴンズ>ドラゴンズの2軍選手

 

ニッチトップを目指す

ドラゴンズの2軍の選手情報についてニッチトップを目指します。
その領域の記事を量産して、ニッチトップを獲得します。

ドラゴンズの2軍選手でトップを獲得したら領域を、ドラゴンズに広げます。
この段階では、多少、ブログに火力がついているでしょう。

ドラゴンズという熾烈なワードの戦いに挑みます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。