NGT事件のまとめと今後の予想

NGT48の山口さんの告白から3ヵ月経ちますが事態は収束していません。
被害者の山口さんが訴えたグループの正常化には至りません。

運営の後手対応、不手際、隠蔽疑惑と事態は悪化の一途を辿ります。
ファンと繋がりを指摘されているメンバーもお咎めなしです。

NGTは実質活動休止状態に追い込まれています。
今回はNGT事件の全貌と今後のNGTの行く末を予想します。

NGT暴行事件

18年12月8日 暴行事件が発生

NGTに所属する山口さんが公演終了後、帰宅時自宅にて襲撃を受けます。
加害者男性2名は暴行罪容疑で翌日逮捕されました。

現役アイドルが暴行被害に遭うという事件です。
自宅が特定されており、一歩間違えば命の危険もある事件が発生しました。

しかし、暴行罪で逮捕された加害者は不起訴で釈放されます。

不起訴理由は明らかになってはいません。

体制の見直し

暴行加害者はNGTファンだと判明します。
山口さんはNGT他メンバーと加害ファンとの繋がりを指摘します。

指摘を受けたNGTの支配人はこの事件を明るみにしません。
ファンと繋がりのあるメンバーも処罰はされませんでした。

19年1月8日 暴行事件の真相告発

事件発生から1ヵ月が経過します。
運営サイドは事件に対応をしませんでした。

そのことから山口さんが動画配信サービスで告白します。
翌日山口さんのTwitterには被害報告と他NGTメンバーのファンと繋がりを指摘しました。

Twitterで事件を告白後、NHKをはじめ全国で事件が報道されます。
事件が公になり、多くのメディアに火がつきました。

フォロー外し

山口さんがTwitterで告白後、NGTメンバーのフォローを外します。
タイミング的にこのフォロー外しがNGT内部の黒幕ではないかと推察されています。

中でも西潟さん、太野さんは警察に事情聴取を受けていると判明します。
ネットに出回る情報によって事態は激しく着火します。

ネットでは加害者であるアイドルハンターの存在とNGT運営、メンバーとの関係が噂されます。

 

19年1月10日 山口が劇場にて謝罪

真相が明らかにならないまま山口さんがNGT劇場内で謝罪をします。
暴行事件の被害者が謝罪をするという奇妙な光景がみられます。

運営サイドはようやく見解を示します。
暴行事件にメンバーが関与していた(加害者に帰宅時間を教える)と認めます。

ただ、抜本的な改革もなく、山口さんとの告白にも乖離があり問題は収束しません。
特に被害者が謝罪するという異様な行為に運営側への不審を抱くことに繋がります。

関与への疑い

事件への関与が疑われた西潟さん、太野さん。
両者は1/12同時刻に自身が関与していないことをTwitterで明かします。

1/14にはNGT支配人である今村氏が異動します。
事件の中枢にいるとされる人が徐々にフェードアウトしていきます。

19年3月21日 第三者委員会による発表

2月に入るとNGTを運営するAKSにより第三者委員会の設立が発表されます。
しかし、この第三者委員会も「AKSの息がかかっているのでは?」という疑問の声が上がっています。

3/21に第三者委員会が報告書を発表します。
山口さんは報告書発表の報告とリアルタイムでTwitterで反論します。

第三者委員会の報告内容が山口さんの指摘と乖離していました。
これにより第三者委員会の報告でも事態は収束しません。

第三者委員会の内容

・暴行事件に関与なし
・ファンと繋がりのあるメンバー12人
・ファンと繋がりあっても不問

不信感が拭えない

報告書の見解が山口さんの主張と大きく食い違いが生じています。
沈静化を図るも火に油を注ぐ結果に終わります。

山口さんの主張からすると運営側は嘘の上塗りをしる恰好です。
スポンサー企業が次々と撤退しているのは運営側に対する世間の不信感の表れでしょう。

今後のNGTの活動

活動終了の可能性

気になるのは今後のNGTの活動です。
活動存続する可能性はかなり厳しいラインだと予想します。

ファンとの繋がり(交際)疑惑のあるアイドルが大っぴらに活動するのは厳しいはずです。
運営の不透明感、メンバー間の亀裂で正常運転に戻すのは至難です。

疑似恋愛コンテンツに持っていくまでの清純性はありません。
更に何かを隠蔽しているのであれば、時限爆弾を抱えて運営するようなものです。

AKBグループを構成する限り注目度は集中し続けます。
令和フィーバーに入る5月にひっそりと活動停止(終了)を狙うのではと予想をしています。

開店休業

現在NGTから多くのスポンサー企業が撤退しています。
そのため、メディア番組が次々と終了しています。

劇場公演も予定がなく、まさに開店休業状態です。
活動拠点を在京におく一部のメンバーのみが稼働している状態です。

 

修羅の道

山口さんや潔白メンバーの活動に支障をきたすのは可哀想です。

山口さんの決死の告白により、一部のファンの暴走を明るみに出来たことが唯一の幸いです。
山口さんの告白がなければ更に被害者が出ていたかもしれません。

AKBグループは過去に握手会襲撃事件も発生しています。
国民的なアイドルグループにしては管理体制が杜撰すぎる気もします。

運営側、関与していたメンバーが待つのは修羅の道です。
今回の一件で負の印象が大きくつきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。