指数関数的な技術革新「ムーアの法則」

「ムーアの法則」は長らく半導体業界を牽引してきました。
完結に説明すると「半導体における技術革新スピードは18ヵ月で2倍になる」というものです。

ムーアの法則は1965年に発表されました。
2020年を迎える現在も凡そ法則通りに進んできました。

今回はムーアの法則のこれまでとこれからをまとめていきます。
技術革新は今後も加速度的に進行していくのでしょうか?

ムーアの法則とは

集積回路の進化を表す指標

ムーアの法則は1965年にゴードン・ムーアが提唱します。
ムーアはインテル創業者のひとりで集積回路における第一人者です。

「半導体トランジスタ集積率は18ヵ月で2倍になる」
半導体はトランジスタ素子の集積回路です。

ムーアの法則は同氏の経験則から仮定された法則です。
集積率が指数関数的に伸びていきます。

半導体分野の進歩はおおむねムーアの法則に従って加速度的に伸びていきました。

2年後:2.5倍
5年後:10倍
10年後:101.6倍
20年後:10321倍

処理能力が2倍になれば価格が半分になる

処理能力が上がればそれだけ技術革新が進みます。
CPUの処理能力は向上して、今までにない技術が誕生します。

更にコストも低くなります。
同性能の処理能力を持った半導体は時間が経過するほどにコストが下がります。

電卓が発売した当時、「自動計算器スゲー、値段1万たけー」となっていました。
現在では「電卓?アナログだな、100円均一で売ってるよ」に変わります。

ムーアの法則がピンチ

仮説が提唱されてから50年以上経ち、ムーアの法則は窮地に追いやられています。
そろそろ法則の限界領域に達しようとしています。

これまでに半導体技術進歩のプロセスはナノレベルに突入。
これ以上のトランジスタの微細化は無理だと言われています。

ナノテクノロジー発展の限界とムーアの法則の限界をもたらしました。

これまでにもムーアの法則の崩壊は叫ばれてきました。
しかし、その危機を新たな技術が登場して、結果的にムーアの法則近くに落ち着きます。

今回の法則崩壊は2021年だそうです。
果たして、ムーアの法則は持続するのでしょうか?

収穫加速の法則

ムーアの法則の担い手

ムーアの法則に取って変わり、提唱されるのが収穫加速の法則です。
これもムーアの法則同様に指数関数的に進歩するという経験則。

同法則はシンギュラリティなどで有名なレイ・カールワルツが提唱しました。
カールワイツ氏はムーアの法則をより広義に捉えます。

トランジスタ領域以外でも指数関数的な感覚による技術革新が起こるとしています。

イノベーションからシンギュラリティ

生命の誕生からヒトへの進化。
都市の発達から産業革命まで、イノベーションの速度は加速度的に増加しています。

指数関数的スピードでのイノベーションは人類未踏の地へ誘います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。