炎天下の部活動は命を危険に晒す行為

夏といえば、高校野球。
甲子園は夏の風物詩です。

炎天下の黒土の上で坊主頭の少年たちが汗水たらして白球を追いかけます。
一見、美談のキャッチコピーも裏側を覗くととても危険な実態が広がっています。

甲子園だけでなく、高校のインターハイも真夏の時期に行われます。
高校だけではなく中学の大会も真夏に行われています。

気温40℃に迫る中、野ざらしで運動している実態を放置していいのかは考えものです。
命を危険に晒してまで、部活動をする価値はあるのでしょうか?

真夏の部活動はリスクの高い危険行為です。
今回は危険行為への警鐘を鳴らします。

需要と供給の一致

酷暑の中、スポーツしたい人

「酷暑には部活動を禁止しよう!」を実現するのは簡単な話ではありません。

酷暑でも部活動をしたい」という勢力が存在するからです。
アマチュアスポーツも私立であればビジネスです。

部活動はビジネスの一端を担います。
練習量で相手校を出し抜けば、ビジネスが捗ります。

高校野球

高校野球が分かりやすい一例です。
有名な選手を全国から集めて、甲子園に出場。

甲子園で学校の名前を売れば、一般の志願者数が増えます。
これが学校側の部活ビジネスです。

部活動ビジネスは学校以外にも利権が発生します。
学校以外の利権も猛暑スポーツの元凶。

朝日新聞、高野連は夏の甲子園において、既得権益を握ります。
最近では、高校野球人気で夏の甲子園はドル箱状態。

酷暑で苦しむ選手は美談として、更に人気化。
乱暴な言い方をすれば、子供の命を危険に晒して、利益にありつき団体です。

これは野球に限った話ではありません。
野球はもちろん、全ての競技で危険です。

夏の風物詩として、圧倒的な人気を得る野球からテコ入れしていく必要があります。

酷暑の中、スポーツを観たい人

酷暑の中、スポーツを観たい人もいます。
高校野球の視聴率は根強く、全国規模で人気です。

熱心な部活動に所属する子供は全国大会に行くことを目標に日々練習に励みます。

真夏での部活動においては、需要と供給が一致しています。
ただ、子供の命が関わります。

いくら受給が一致していても、それを無視したら悲惨な事故を生むだけです。
需給の一致だけで、ことを放置していたら事態は深刻化します。

命の危険

炎天下でのスポーツは命の危険と隣り合わせです。

近年の酷暑では、熱中症で何十人と死者を出しています。
それなのに、何故か部活動の現場には抜本的なメスが入りません。

前述した通り、需給の一致があり、その裏側には利権は発生しているからです。
命の危険があろうとお構いなしなのが現実です。

酷暑での運動により、熱中症に陥れば、後遺症を遺します。
実際に、酷暑での過度の練習が重大な事件をもたらしています。

真夏の部活動反対
熱中症対策には限度がある

自己責任にしてはいけない

「最後は学生の自己責任だ」という人もいます。
「スポーツをする権利は学生が所有している」という意見です。

この意見は余りにも「残酷」です。
中高生に命の責任を負わせてるのです。

大人が酷暑の危険性を把握して、子供を守るのが道理ではないでしょうか?
子供を守るために、煙草や飲酒は未成年者厳禁なのでしょう。

学生の命を守る責任は大人の責任です。
その責任を学生に転嫁するのは言語道断。

学生に命の危険があるならば、それを守るが大人の責任です。
大人がまだこの異常気象を甘くみているのが現状です。

真夏の部活動反対
学生に命の責任を背負わせるのは荷が重い

大会を禁止したとて…

ドーム開催にすべし

引き続き、代表例として高校野球を挙げます。
夏の高校野球は「なぜ甲子園で行うのか?」という疑問です。

ご存知でしょうか、「聖地甲子園」は屋外球場です。
酷暑の中、野晒で野球をします。

なぜ酷暑において、屋外球場で野球をするのでしょうか?
伝統や聖地という思考に縛られ、間違った判断を下しています。

いち早く、屋内のドーム球場で開催をするべきです。
屋内球場を確保できないなら、開催時期をずらしましょう。

命の危険と甲子園を早く比較対象にするべきです。

「甲子園に出たい」ではなく「全国大会に出たい」という意識に変えます。

無論、野球だけでなくサッカーなども屋内球場での開催を促すべきです。
(日本で屋内のサッカー場はほぼない→開催時期をずらす)

練習はするわけであって…

仮に、甲子園やインハイの開催中に死者を出す騒動が起きます。
すると、その騒動により、夏開催の是非が真剣に問われます。

悲惨な事件の後、無事に真夏の大会開催が消滅します。

しかし、酷暑での練習は続くでしょう。
根本的には、解決しません。

現に夏の部活動で、重度障害を患う痛ましい事故も起きています。
大会、練習に関わらず酷暑で部活動を行うのが間違いです

炎天下の中、スポーツをするのは全面的に禁止することが必要です。
少なくともアマチュアレベルでは徹底するべきです。

35℃以上は部活動禁止

一律35℃以上は部活動禁止

熱中症の根源的対策は7~9月の部活動を制限することです。
日中の気温が35℃を超える日は、部活動を禁止します。

時間制限(10時~17時)をすればの部活動、熱中症対策に繋がります。
→文部科学省が先導すればいい話

全ての部活動に対して、活動制限をします。

7~9月の部活動制限は、低いハードルです。
実行しないのは利権が絡んでいるとしか思えません。

規制強化

制限を破り、練習した学校には、ペナルティを課します。
対外試合の禁止、大会不出場などのペナルティで充分です。

そうすれば、無理な練習にも規制が掛かります。

私学+寒冷地全盛

部活動禁止の流れが出来ると、空調設備の整った私学は全盛するでしょう。
そして、公立の学校は衰退していくでしょう。

35℃いかない寒冷地全盛の時代が到来します。

ですが、それは仕方ありません。
スポーツは、そもそも娯楽です。

突き詰めるレベルはごく一部で問題ありません。
それこそ「2位でも問題ない」という話です。

中高生は必ずしも部活動をしなくてもいい訳です。

部活を頑張るのは素晴らしいことです。
ただ、命の危険から守るのは、親や学校の役目です。

結論

真夏の部活動は考え物
子供を守るシステムを構築するべき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。