たいそん君の投資ブログ始めました!

20代のライフスタイルを考察する!

0代のライフスタイルを考察

20代からのライフスタイルを考察します。
当ブログでは「仕事・お金・人生設計」に関する記事を紹介しています。

20代からライフスタイルを向上させて理想の自分に近づきましょう。

20代からの働き方改革

夢の賞味期限

夢の賞味期限は25歳と言われています。
以降、壮大な夢から現実的な目の前の課題へシフトしていきます。

社会に出て就職することは夢を手放すことだという認知です。
現に自分の夢のために働く人の割合は10%代です。

人生における大半の時間を占めるのが仕事です。
仕事を生活のための「捨て時間」にしまうのはとても勿体ないと思う訳です。

ライフワークに出会う

使命といえる仕事に出会れば、夢の続きを描くことが出来ます。

仕事は生活の糧に行うのではありません。
仕事が自分の夢に近づくものであれば人生が幸福なものへなります。

「自分のやりたいことが分からない」まま、労働を続けるのは無駄でしかありません。

人生は1発勝負です。
「自分のために自分のしたいことを自分のしたいだけ」

20代の最重要の仕事観はライフワークに出会うことです。

20代のお金の指南書

金持ち的美徳

時間は平等に与えられます。
平等に与えられた時間はお金で売買することが出来ます。

労働に従事する場合は自分の時間を差し出して、お金を獲得します。
逆にお金があれば、自由な時間を購入することが出来ます。

日本では清貧が好まれますが、清貧の美徳は稼いでから説けばよろしい。

まずは金持ち的美徳を醸成します。
必要量のお金を稼ぎ、運用することでお金から解放される選択肢を取るべきです。

20代からお金に関する能力を積極的に見に着けましょう。

お金を司る4つの力

お金には「稼ぐ使う投資する貯める」の4つの要素があります。
全ての能力を均等に底上げしていくことがお金を司ることに繋がります。

当ブログでは4つの力を伸ばすコツをまとめています。

稼ぐ:収入を増やす
使う:必要量を知る
投資する:お金を働かせる
貯める:ルールに従う

戦略的な人生の勧め

理想の自分になる

人生設計とは「理想の自分になる」ことです。
なりたい自分になるために戦略的な人生を勧めます。

戦略的な人生における理想の自分像は「金と時間を手に入れる」です。
金と時間の自由自在化が理想の自分像の第1歩です。

金がないとやりたいことが自在に出来ない。
→嫌な労働に従事する必要がある

時間がないとやりたいことが自由に出来ない
→金を抱えたまま老後を迎える
→棺桶に金を持ち運びぶ

死生観

「生命に価値はない」という死生観を持ちます。
一国の王と浮浪者の命の価値は等しく価値がないと思います。

命に価値はないと同時に生きる意味もありません。
少なくとも生きる意味は理解することは出来ません。

「命の価値もなく、生きる意味も分からないのに生きている、そしてそれを思考することが出来る」
人間というのは不思議です。

人生は「生きる意味はないけど生きろ」的な理不尽ゲー。
「それなら幸せに生きますわ」って話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です