ライフワークを持つことはとても難しい

ライフワークとライスワーク

ライフワークは自己実現の場です。
ライフワークに巡りあうことが出来れば仕事が幸せに直結します。

しかし、ライフワークに巡り合うことは途轍もなく険しい道です。
ライフワークの明確な基準は週100時間労働が出来るか否かで判断出来ます。

やりたいことが分からず、漠然とキャリアを築いている人。
少し立ち止まって、ライフワークへの道を模索していきましょう。

ライフワークを目指せ

自分のやりたいことが分からない

自分のやりたいことが分からない」、そのような20代は大勢います。
大半の若者は、なんとなく就職し、仕事を覚え歳を経ていきます。

果たして、1度きりの人生が、なんとなくでいいのでしょうか?
命を燃やすようなライフワークに出会えれば違った人生が待っているはずです。

ライフワークへの高い壁

ライフワークとライスワークを隔てる壁は高いです。
自分の使命と出会うことは平坦な道のりではありません。

多くの人が高い壁を前にして、ライフワークへの道を諦めます。
ライフワークへ出会う旅を放棄してライスワークに甘んじます。

ライスワークでは不満、文句を抱えて我慢がベースにあります。
そこから解放されるためには、高い壁を超えましょう。

週100時間労働が目安

ライフワークは人生の使命です。
使命に従事することは労働という概念を超越します。

ライスワークを持つ人はその行動が幸せに直結します。
そのため、週100時間働いても苦になることはありません。

この100時間は1日15時間労働が毎日です。
ライスワークの人では精神、肉体が持ちません。

ライフワークを持つための手段

ライフワークは誰もが掴める

週100時間労働というと常人では成し遂げることが出来ないと考えます。
労働という感覚を持つ人では週100時間労働を成し遂げることが出来ません。

ライフワークを持つ人は限られた人間」と主張する人がいます。
大抵の人は、生活のために現実的なライスワークに従事しています。

しかし、ライスワークとライフワークを隔てる特別な能力はありません。

ライフワークを持つために、IQやEQ(心の知能指数)は必要ありません。
強烈な原体験も必要ありません。

ライフワークは、それを求める全ての人に与えれます。
その道のりは、険しいですが、追い求めれば、辿りつくことが出来ます。

 

膨大な自問自答

ライフワークを持つための手段は「自問自答」です。
「なぜ働くのか?」に対する答えを探すことです。

ぼんやり生きていたらライフワークには出会うことは出来ません。

「なぜ働き、誰のために働き、どう働くか」を思考する必要があります。
この思考をライフクエスチョンと呼びます。

ライフワークを持つ人々に共通することは、ライフクエスチョンに対しての答えを求めることです。
その答えを追求する人にだけライフワークへの道は開かれます。

 

Whyの数だけライフワークに繋がる

スポーツや芸術で専門的に高度な能力を問われる職業の人もいます。
彼らは、仕事をライフワークとして捉えています。

受動的なライスワークと捉える人に1流はいないでしょう。
彼らがライスワークだと温いことを言っていたら、すぐに淘汰されます。

どんな職業でも1流の人は、圧倒的な自問自答を繰り返しています。
「数㎝、コンマの世界」を争うアスリートは、僅かな差に膨大なWhyの数を思考しています。

 

ライフクエスチョンを考え続けよう!

「なぜ働くのか?」という答えは一朝一夕にして、解き明かせません。

但し、重要なことは、ライフクエスチョンの答えを知ることではありません。
ライフクエスチョンの答えを求め続ける姿勢です。

常に自分の心に耳を沿わせます。
なんとなくではなく、確かなライフワークを持つ姿勢を貫きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。