たいそん君の投資ブログ始めました!

20代のライフワークとライスワークの違いを知る

ライフワークとライスワーク

20代の働き方改革を推進しています。
仕事を充実した時間に変えて、人生を豊かにしていきます。

今回は有名な「ライフワークとライスワークの話です。

記事の対象
「やりたいことが分からない人」
「仕事で充足感を得たい人」
「熱中した仕事に出会いたい人」

仕事にモヤモヤを抱える人へ是非とも一読の記事です。

結論を端的に

ライフワーク
→仕事が自己実現の場
→ライフワークでは週100時間労働も可能
→出会うにはとても険しい道

ライスワーク
→仕事が食べていくための糧、労働の奴隷
→ライスワークは人生の無駄

ライフワークを知る

ライフワークとは

ライフワークとは「能動的な働き方」です。

仕事がライフワークである人は「仕事は自己実現の場」です。
ある種の「使命」を持ち、それを叶えるための行為です。

ライフワークを持つ人は、仕事に従事する意識はありません。
常に「自分の使命のために働く」という能動的な姿勢です。

仕事が幸せに直結することがライフワークです。

週100時間労働も可能である

ライフワークは労働ではなく生き甲斐です

ライフワークは、もはや労働の領域ではありません。
仕事が労働ではなく自己実現です。

働くことが幸せぬ繋がるので「休養<労働」という構図です。
ライフワークを持つ人のみ週100時間労働を可能にします。

ライフワークに出会うことは険しい

ライフワークに出会うことはとても険しい道です。

「自分のやりたいことが分からない」20代は大勢います。
そのほとんどがライフワークに出会うことなく一生を終えます。

ライフワークに出会い、それを仕事にする手段を考えていきます。

ライスワークを知る

ライスワーク

ライスワークとは「受動的な働き方」です。

仕事をがライスワークと捉える人は「仕事が食べていくための糧」です。
労働は今日食べていくために、仕方なく行う行為です。

ライスワークに従事する人は労働に対して受け身の姿勢です。
労働に対して「労働は義務だから」、「仕事が疲れた」、「土日が待ち遠しい」と不満を募らせます。

多くの人の「働く常識」は、仕事を仕方なく行うライスワークです。

 

ライスワークは人生の無駄

生活を営むためには資金が必要です。
多くの人に資金を得るために労働が必要でしょう。

資金を得るための労働が我慢する行為だと我慢するだけ人生の無駄です。
今はライフワークだけで食べていけなくてもライフワークだけで生活を営むレベルに到達することを目指すべきです。

同じく資金を獲得する行為であるならば楽しんだ方がお得です。
時間は万人に対して平等に与えられます。

その時間を我慢に充てるのは無駄な時間といえます。

ライフワークとライスワークの違いを知る

仕事の時間を幸せに変える

一生の内に膨大な時間を仕事に充てます。
その時間が「自己実現」or「仕方ない義務」かでは雲泥の差です。

一発しかない人生です。
自分の時間を生活の糧のために費やすのはとてももったいないです。

ライスワークとライフワーク
  • ライフワーク
    仕事は自己実現の場、自分の使命を叶える労働
  • ライスワーク
    →仕事は食べるために、仕方なく行う労働

仕事と幸福度の関係

「仕事の時間」は人生の大半を占めます。
そのため、仕事は人生の幸福度と密接に関わります

仕事にポジティブな姿勢の人は人生が充実します。
一方で、ネガティブな人は「労働の奴隷」となります。

仕事が幸せに直結することがライフワーク
労働が前提にある現代ではライフワークは大切な概念

結論

人生は一発勝負です。
ライスワークに従事していては勿体ないです。

人生を懸けて登りたい山を見つけて、その山を駆け上がりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です