次なる世界の基軸通貨「Libra(リブラ)」の登場

GAFAの一角を担うFacebookが仮想通貨事業へ着手しています。

2019年6月にFacebook社が新たな仮想通貨として「Libra(リブラ)」を発表しました。
Libraの運用開始は2020年を目途に予定されています。

IT大手が生み出す新たな通貨サービスが金融業界を一変させると注目を集めています。
今回は未知のLibraについて、断片的な情報を紹介します。

Libraのビジョン

世界の金融インフラを整える

Facebook社といえば時価総額世界5位の巨大企業です。
GAFAと呼ばれる米国発の巨大IT企業群の一角です。

そのFacebookがブロックチェーンプロジェクトを打ち出しました。
新しい仮想通貨の名前は「Libra(リブラ)」。

リブラのビジョンは「世界の金融サービスを整備する」です。
銀行口座を持たない17億人へ向けて、金融サービス格差の是正を目指します。

国際送金のコスト軽減など従来の銀行業が改善しなかった部分を補います。

巨大企業群プロジェクト

Facebookは金融企業+IT企業の盟主たちを束ねて仮想通貨事業に乗り出します。

Facebookのプロジェクトに参加した創業メンバーの顔ぶれは壮観。
VISA・マスターカード・ペイパルといった決済企業からUber・Spotifyなどの企業も名を連ねます。

プロジェクトに参加した企業は27社。
同プロジェクトは世界的に名の知れた巨大企業群で形成されます。

リブラ・アソシエーション評議会に加わる企業は今後100社近くも増大する予定。

Libraの特徴

ステーブルコイン

Libraの大きな特徴が「ステーブルコイン」。
ステーブルコインとは価格変動がない通貨です。

既存仮想通貨の多くはビットコインのように通貨価値が変動(ボラティリティーが大きい)します。
ビットコインなどの通貨レートは騰落が激しいのが特徴です。

レートが騰落が激しいので実用性に優れません。
ビットコインは実用性ではなく投機向け。

Libraは法定通貨を裏づけに価格の安定をもたらします。
「Libra=価格の安定」→「価格の安定=決済手段」と繋がります。

Libraの安定性

従来の仮想通貨は裏づけがありませんでした。
ビットコインは信用0から価値を積み上げてきました。

信用がある程築かれたビットコインは、現在でも裏づけはありません。
強いて言うならば、これまでの積み上げた価値(ブロックチェーン技術)です。

それに対して、Libraは法定通貨を裏づけにしています。

企業 vs 国家

Facebookは世界中で既に20億人以上のユーザーを抱えています。
Libraは既存通貨より優れているとなれば、ユーザーは軒並みドルや円を捨てます。

ドルや円はLibraにとって代わり、国家は通貨発行権を失います。
通貨発行権はLibraに移行して、世界の金融事情をFacebookが牛耳ります。

国家はLibraに対して強い危機感を抱き、Libra退治に躍起になっています。

寛容な国・フランス、EUの盟主・ドイツはLibraをブロックすることを発表しています。
Libravsドル、企業vs国家の開戦は間近でしょう。

アメリカでは通貨発行権を奪うと暗殺されるという歴史があります。
果たして、Libraの行く末には要注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。