YouTubeチャンネル運営中

朝起きのルーティンが1日のスイッチを入れる説

ライフハック

ルーティンとは定めた行動習慣です。

主にスポーツの場では精神集中や体調管理に使われます。
イチロー選手の打席仕草や五郎丸ポーズが有名です。

このルーティンはスポーツだけではなく日常生活にも取り入れることが出来ます。
始業前、商談前など日常生活にルーティンを取り入れ生活向上を目指します。

今回は「朝起きのルーティン」について考えます。
朝起きて、1日のスイッチを入れるためのルーティンを作ります。

ルーティンのメリット

体調確認(自分との対話)

ルーティンは定めた行動を繰り返し行うことです。
肝心なのは毎日、毎回同じ行動を繰り返すことです。

同じ行動を繰り返すことでその日の体調の変動を確認します。
いつもと同じ行動の中で、異変がある時にすぐに気づくことが出来ます。

ルーティンは複数の定めた行動をこなす中で自分と向き合う時間です。
異変にいち早く気づくのがルーティンの目的でもあります。

スイッチを入れる

ルーティンはスイッチを入れる手段として有効です。
ルーティンを1つの区切りとして、次の行動にすんなりと移ることが出来ます。

仕事前ルーティンを行えばすんなりと仕事モードに切り替えられます。
スイッチのON、OFF手段としてルーティンを用いましょう。

 

朝起きのルーティン

朝に余裕を持つ

朝に様々なルーティンをこなすことは朝に余裕を持つことを意味します。
朝起きて、慌ただしく準備していては1日のスタートは微妙です。

朝に余裕を持ち、ルーティンをこなすことが良質な1日に繋がります。

朝のルーティンには夜早く寝て、良質な睡眠を取ります。
朝のルーティンが健康的な生活のサイクルを作ります。

 

定番の朝ルーティン

定番の朝ルーティンを紹介します。
このルーティンは健康的かつルーティンといて有効です。

時間に余裕がある人は自分なりにアレンジしてルーティンを完成させましょう。
スイッチを押し、体調管理をしながら朝を迎えましょう。

目覚める→カーテンを開ける→ベットメイキング→トイレへ行く→常温の水を飲む

カーテンを開ける

カーテンを開けることにより日光を浴びます。
太陽光を浴びることで体内時計もリセットされます。

太陽光は当日の睡眠の質にも直結します。
1日の始まりとして、有効なルーティンです。

ベットメイキング

太陽光を浴びたら乱れたベッドを整えます。
まずは身近なものを整えて、心を落ち着かせます。

トイレへ行く

睡眠時に溜まった老廃物を出します。
体から老廃物を出すイメージを持つとスッキリ感も増します。

常温の水を飲む

マストなルーティンです。
睡眠中に不足した水分を補給します。

常温の水を飲むことで自律神経を整える効果もあります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。