0知識から日本近現代文学の流れをわかりやすくまとめる!

日本近現代文学の流れをまとめます。
0知識からまるっと解説します!

文明開化の明治時代、デモクラシーの大正時代、大戦を経験する昭和時代。
動乱の時代で文学は日本独自の体系へと変化しています。

日本近現代文学の系譜を総ざらいしましょう。

明治時代初期

西洋の啓蒙思想

明治に入り江戸時代から長らく続く鎖国政策が終わりました。
鎖国の終焉と共に多くの西洋思想が流入してきます。

日本文学の近代化で大きな役割を果たしたのが森有礼です。
森有礼は「明六社」という学会を創設します。

明六社は西洋思想を積極的に輸入し、啓蒙活動を広めました。
西洋からの文化が日本文学を発展に導きます。

翻訳本の登場

文明開化により西洋の文化が日本へ流入します。
その役割を担ったのが翻訳本です。

中江兆民の『民約訳解』、中村正直の『西国立志編』など海外の著名な作品の翻訳本が登場します。

江戸時代まで制限されていた西洋思想の解放です。
西洋知識を持つ一部の文化人が西洋思想を伝えました。

福沢諭吉の登場

日本で最も広く読まれた自己啓発本の著者が福沢諭吉です。
諭吉は渡米、渡欧しており、明治文化に寄与した最重要人物の1人です。

諭吉が著した『学問のすゝめ』は当時の世の人の指針的な役割を果たします。
自己啓発の枠を超えて、近代的な国家の在り方を示しました。

西洋に倣い従来の封建制や儒教の教えを否定します。
民主主義という考えを国民に知らしめました。

明治時代中期

写実主義

西洋思想の啓蒙活動、翻訳を通じて明治文学は始まります。
近代文学の土壌を作り、いよいよ「小説とは」を定義づけます。

坪内逍遥の『小説神髄』によって小説を体系づけます。
逍遥は、言文一致体、現実を映し出すという文学の在り方を示します。

二葉亭四迷

逍遥が小説を定義した後、日本初の小説作品『浮雲』が発表されます。
日本小説、初作品は『浮雲』でした。
作者の二葉亭四迷は日本近代文学の開祖です。

四迷はロシア語に精通し、ロシア写実主義の影響を強く受けました。
『浮雲』刊行以降は、写実主義(言文一致体、現実を映し出すという文学の在り方)が世の中へ普及します。

国粋主義

明治に入り新しい文学である写実主義が登場します。
その中、西洋文学への模倣に一石を投じる勢力も現れます。

国粋主義と呼ばれる勢力です。
国粋主義は江戸時代への回帰を促します。

日本人本来の思想、文化、歴史を重んじようという主張です。
国粋主義者は自身の思想へ傾倒する節があります。

紅露時代

国粋主義(擬古典主義)を代表する作家は2人です。

尾崎紅葉と幸田露伴です。
2人の名前の頭文字をとって紅露時代と称されます。

ロマン主義

明治は封建主義から脱却し、個人の自我が解放されます。
明治時代も中期に入ると古いしきたり、抑圧された個人意識の解放が進みます。

西洋思想を土台に日本人の自我、特性が表現されます。
新しい文化を迎合し、数多くの文化人が生まれました。

日本近現代文学の開花の時ともいえます。

多くの著名作家が誕生

ロマン主義の下では、多くの著名な作家が生まれます。

森鴎外は日本にロマン主義をもたらしました。
作風は、ロマン的な文体と詩情的に恋愛を綴りました。

樋口一葉もロマン主義を代表する作家です。
一葉は24歳でこの世を去った早熟の天才でした。
少女と僧侶の淡い恋愛から遊女の情死など幅広く描く。

明治時代後期

自然主義

明治末期、資本主義は更に発達します
近代化によって発展する一方で、格差社会、近代社会の矛盾が発生します。

自然主義は近代化の現状をありのままに表現します。
自然主義の作風はロマン主義からの脱却を目指しました。

日清、日露戦争という2つの戦争が影響を与えています。

反自然主義(余裕派)

自然主義に相対する文学として反自然主義が登場します。

反自然主義は後に、耽美派・白樺派・新現実主義と流れます。
反自然主義は近代文学の中核的な役割を担いました。

明治から大正、昭和前期の架け橋となる文学主義です。

近代社会の苦境を示した自然主義とは対照的な潮流です。
文明を獲得した近代知識人の内面を描きました。
悠々自適な様は余裕派とも分類されます。

夏目漱石

日本文学を代表する作家の1人です。
漱石は余裕派と呼ばれる文学流派に属しました。

反自然主義は後の日本文学に多大な影響を与えます。
その功績を考えると代表作家である漱石の存在は非常に大きいです。

漱石の存在は日本文学のレベルを底上げしました。

大正時代

耽美派

大正時代に入り、一時的な経済の発展を迎えます。
ロマン主義は更に研ぎ澄まされ、西洋思想へと近づきます。

ロマン主義の流れを汲んだ文学が耽美派です。

耽美派の主張はとてもシンプルです。
「美」こそが最高価値であり、文学においても美を探求します。

耽美派では「思想より形態」、「メッセージ性より感性」を求めます。

三田文学

耽美派を牽引したのが「三田文学」と呼ばれる文芸雑誌です。
三田文学は慶応義塾大学文学部を中心に発刊されています。

三田文学の創設者永井荷風が代表作家です。

白樺派

民主主義の芽生えもあり、より自我の解放は進みます。

文芸雑誌「白樺」を中心に活躍した人々が白樺派です。
白樺派も反自然主義からの流れを汲みます。

民主主義の時流に乗り、人道主義を唱えます。
「美」を探求する耽美派と距離を置き、自我の確立を訴えます。

白樺派の特徴は「近代的な自我の確立」です。

志賀直哉

「小説の神様」と称される志賀直哉は白樺派でした。
志賀の作品は純文学の教本よされています。

大正期以降の作家へ多大な影響を与えました。
代表作は唯一の長編作品『暗夜行路』です。

新現実主義

反自然主義の漱石、鴎外はその後の文壇に多くの影響を与えます。
その流れを汲みできた新しい文学が新現実主義という一派です。

今までにない独自のアプローチで文学を構築しようとします。
知性を武器に近代的な人間の生き方を表現します。

芥川龍之介と菊池寛

日本文学を代表する作家の1人、芥川龍之介。
芥川が新現実主義を牽引します。

芥川は古典、西洋、歴史など豊富なジャンルに精通します。
漱石門下で最も知名度のある作家でしょう。

芥川と同時期に活躍した作家に菊池寛もいます。
菊池も漱石門下で新現実主義を唱えます。

菊池は文藝春秋を立ち上げ、芥川賞の創設者としても知られます。
芥川が自殺した際の弔辞を読んでいます。

昭和時代戦前

プロレタリア文学

「万国の労働者よ、団結せよ! 」マルクスの共産主義は日本にも入り込みます。
昭和に入ると左翼団体、労働者を題材にした文学が登場します。

プロレタリア文学はアンチ資本主義を旗振りに登場した文学です。
1920年代~1930年代に興隆します。

マルクス主義の広がりと共に、文学としても現れます。
左翼運動との繋がりが濃く、労働者の権利を訴える文学性。

戦争により排斥

プロレタリア文学は日本が戦争へ突入すると同時に排斥されます。
治安維持法、特別警察などの国家権力によって弾圧されます。

社会主義、共産主義思想の作家は続々と転向しました。
1930年過ぎには、プロレタリア文学のほとんどが消失します。

新感覚派

昭和に入ると、欧米からの文学思想は更に流入します。
次なる文学思想は政治、社会問題に結び付けない芸術思考の文学です。

この時代に誕生した芸術思考の文学が新感覚派と呼ばれます。

新感覚派はプロレタリア文学とは対照的です。
社会を変革しようとするプロレタリア文学に対して、芸術として文学を確立しようとしました。

新感覚派は文学の芸術性をひたすら追い求めました。
結果、日本文学のレベルは押し上がります。

日本初のノーベル文学賞

新感覚派を代表する作家に川端康成がいます。
川端は日本を代表する作家としてノーベル文学賞を受賞しています。

川端は「日本の美」と称せらる文学を輩出しました。
後進の育成にも注力し、日本文学の発展を支えました。

新興芸術派

新感覚派は日本文学の正統として系譜していきます。
その流れを汲み新たに新興芸術派が台頭します。

新興芸術は戦時下において、芸術としての文学を追求します。
軍事体制、プロレタリア双方と対峙して発展します。

新興芸術派に近い新心理主義という流派も現れます。
こちらも新感覚派の系譜を継いだ文学一派です。

昭和時代戦後

無頼派(新劇作派)

戦後の焼け野原は無力を遺しました。
この無力感を文学に示したのが「無頼派」と呼ばれる作家です。

無頼派に象徴的な同人誌、結社はありません。
無頼派は一時代に、既存の文学全般への批判した人々の総称です。

彼らは反俗無頼を掲げ、これまでの正当的な文学への批判します。

劇作性

戦後を代表する作家である坂口安吾。
安吾が重要視したのは戯作性でした。

安吾は無力感を戯作性で補完し、敗戦国の人々を勇気づけました。
そのため、「新戯作派」と表現されることもあります。

戦後派

無頼派と同様に戦後には多くの作家が台頭しました。
社会に対する強い関心が文学と結びつきます。

戦争のリアル描写を取り入れた文学
左翼運動と再び結びつく文学
敗戦国として、個人の内面を浮き出させる文学

多彩な方面へ文学が派生していきます。

結論

文学は世相をよく表します。

近代文学は西洋文化の開花と日本人の自我との葛藤です。
その中で、日本人の芸術性を表現する文学も試みます。

昭和に入り、日本文学は形を見せ始めます。
ただ、大戦が文学にも介入し始めます。

重い空気の中で、芸術性を見出す文学。
焼け野原の中、無力に苛まれる文学。

文学は現在も進化の途中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。