【酒癖を治す唯一の方法】「卒酒」で自己嫌悪にサヨナラ

酒での失敗は誰しも通る道です。
誰しもが飲み過ぎた翌日に猛烈な自己嫌悪に陥った経験があるでしょう。

そして、自己嫌悪と共に「お酒はもう飲まない!」と誓います。
せっかく立てた禁酒の誓いですが、時間と共に薄れてしまうことがほとんどです。

無事に失敗を忘れた頃、再びお酒をがぶがぶと飲み、また失敗を引き起こすのです。

酒での失敗を重ねるごとに、事はより重大になります。
気がつくと、取り返しのつかないトラブルを引き起こすかもしれません。

今回は重大なトラブルを起こす前に酒癖を治す方法を考えました。
是非この機会に、自己嫌悪にサヨナラを告げましょう。

僕の体験談がベースです。

 

酒癖を治す唯一の方法

酒を断つ

酒癖を完全に治す方法は「酒を断つこと」です。
残酷ですが、酒癖を100%治すのには、飲酒習慣の根絶が必要です。

しかし、大抵の人は卒酒を提示されると尻込みしてしまいます。
飲酒が生活習慣に溶け込んでいるため、決断するには中々、重い腰が上がりません。

酒が好きだからやめれない」

仕事の付き合いがあるから仕方ない

という悲痛な声が聞こえてきそうです。

しかし、断言できるのは酒癖を治す唯一無二の手段は「アルコールを口にしない」ことです。
「水をチェイサーにする」、「ちゃんぽんしない」、「酔いをコントロールする」などの酒を飲む前提の解決策では酒癖を治すことは出来ません。

 

酒を飲むことはリスクである

お酒を飲むことはリスクです。
酩酊状態に陥るため、節度を守れないとトラブルを引き起こします。

喧嘩する位なら可愛いですが、傷害事件に発展すれば笑えません。

平時では、想像もし得ない失敗を犯します。
芸能人や力士が実証してくれています。

「覚えていない」では済まされず、一発で人生が終わる可能性もアリ
自分が危険人物だと理解していて、野放しにするのはリスクが高すぎます

酒を勧めてくる人は大切な存在でない

卒酒を決める時は、外的要因を積極的に排除するべきです。

卒酒を決意したら、酒を勧めてくる人を避けなくてはいけません。
宣言をしてもお酒を進めてくる輩は成敗しましょう。

卒酒を通じて大切な人を選別できます。
仕事であろうが、プライベートであろうが関係ありません。

大切に思う人は、重大な決断を下した人にお酒を勧めてこないですよね。
それでも飲酒を強要してくる人は、あなたを娯楽の道具としか思っていません

もし、重大なミスを犯した時に、それまで飲酒を勧めていた人は逃げていくでしょう。
卒酒をして崩れる関係」の相手に固執する必要はありません。

 

言い訳やめて、卒酒宣言!

人間関係を築く上で酒という手段は否定しません。
ただ、酒が特別な有効手だとも思えません。

卒酒を決断できない時に、「仕事の付き合いで…」という言い訳を使う人がいます。
その言い訳は「私は酒に頼らないと力がないです」と同義です。

仕事ができる人と飲酒するかは関係がありません
お酒に頼らずに圧倒的なワークスタイルで挽回すればいい話です。

酒癖の悪い人は大きな過ちを犯す前に卒酒宣言をしましょう!
卒酒は、アルコールを一滴も口にしないことです。

酒癖は本質的に治らない

いつかトラブルに見舞われる

お酒のトラブルにおける失敗の連鎖はやがて肥大化していきます。
最終的には取り返しのつかない失敗に陥る場合もあります。

お酒との距離間がつかめない人は、常に失敗のリスクを抱えます。
爆弾を抱えたまま、飲酒をするのは超攻撃的な姿勢ですよね。

 

酒癖を自覚しているか?

酒癖にも色々あります。

泣き上戸や笑い上戸は宴席を盛り上げる存在です。
一方で、酒癖の悪い人はセクハラや暴力に繋がります。

酒癖の悪い人は自覚があるかが問題です。

自覚があるか
  • 酒癖の悪さを自覚できる人
    →翌日になると自己嫌悪に陥り、猛烈に反省する
  • 酒癖の悪さを自覚していない人
    →救い用がない
    →周りが注意するか、見放されるかの2択

自覚があれば、卒酒する選択を取ることができます。
自覚があることが救いだと思えます。

 

酒癖の悪い人が抱える問題

酒癖の悪い人は「飲酒さえしなければ問題はない」と思いがちです。

しかし、お酒は悪くはありません。
悪いのは、その人の性根の部分です。

酒癖の悪い人は、その人の本質に負の側面が隠れています
「支配欲求や拒否欲求や性的欲求」などが飲酒により現れます。

酒は気持ちを大らかにするだけでありません。
その人の本質(悪い部分も)を解放します。

 

人間の本質は変わらない

本質的に人格を変えるのは相当な意識と年月を擁します。
人間の本質は、そんなに簡単に変えることが出来ません。

本質が変わらないと酒癖も治りません。
酒癖の悪い人は酒癖の悪いままです。

対処療法ですが、酒を断つことでまずはトラブルを回避できます。

 

僕の体験談

数々の失敗

僕は若い時分から、多くの場面でお酒の失敗を繰り返しました
公の場では、言えない失敗も沢山しました。

最初の頃は、お酒の失敗を深く考えませんでした。
「大人になれば酒の飲み方も覚えていくだろ」とお気楽です。

しかし、酒の失敗は、酷さを増していきます。
徐々にトラブルが増え、翌日には激しい自己嫌悪に苛まれました

 

自暴自棄

僕は酒を飲むと「自暴自棄」になります。
どうでもよくなって、翌日には大変な事態に陥ります。

勿論、酒癖の悪さは本質的なところに起因します。
酔って覚えていませんが、悪いのは自分です。

悪いのは自分ですが、意図せず不利益を被るのはあんまりです

 

卒酒宣言!

僕は酒での損失を考えた時に「酒を断つこと」を選びました。
本質的な自分を変えることは時間が掛かり過ぎます。

酒を断つことの方がよっぽど簡単でしょう。

酒が与えてくれた楽しい時間は事実です。
しかし、それ以上に、酒が自分を苦しめることに気づきました。

 

結論

酒癖を治す唯一のソリューションは「酒を断つこと

酒を1滴でも飲めば酒癖が発動する恐れがあります。
「上手く酒と付き合う」などの甘いスタンスでは酒癖からは逃れられません。

甘いスタンスでは、言い訳をして再度酒を煽るでしょう。
そして、また同じ失敗を繰り返します。

卒酒することは最も簡単に酒癖の悪さに封をできます。

「卒酒などできない」という人がいます。
それは「甘え」 or 「依存症」のどちらかです。

依存症なら通院する必要がありますし、甘えなら覚悟次第で一瞬で卒酒出来ます。
酒との距離がつかめないのなら、酒と別れを告げましょう。

 

卒酒するには酒席の断り方も巧くなる必要があります。
▽飲み会を上手に断る記事

無駄な飲み会の誘いを「100%」断る方法を考察

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。