YouTubeチャンネル運営中

投資の大基本!キャピタルゲインとインカムゲインを学ぶ

20代のお金の指南書 投資編

20代からのお金の指南書です。
お金で身に着ける4つの能力をまとめます。

お金を「投資する」力を高める編です。
今回は「キャピタルゲインとインカムゲイン」のまとめ記事です。

投資で収益を上げるには、2つの手法があります。
キャピタルゲインインカムゲインです。

今回は投資の基本的な収益方法であるこの2つをまとめます。
キャピタルとインカムを使いこなし投資する力をつけましょう。

キャピタルゲイン

資産の変動によって利益を得る

キャピタルゲインは資産の変動によって利益を得る手法です。
資産とは株式、債券、不動産、金など様々です。

資産を取得した時より、高く売却すれば売買差益が入ります。
デイトレーダーをイメージすると分かり易いです。

キャピタルゲインは「安く買って、高く売る」という投資の基本原則に沿って利益を得ます。

株価1,000円の銘柄を100株取得
その銘柄が1,200円をつけた所で100株売却
→(売却時1,200×100=12万)-(取得時1,000×100=10万)
→2万円の利益

キャピタルゲインの特徴

キャピタルゲインの最大の特徴は大きな利益を狙えることです。

株式やFXではレバレッジを掛けた信用取引もあります。
信用取引では、小資本で大きな収益を得ることができます。

ただ、信用取引はリターンが大きい面リスクも大きいです。
投資手法を確立しても偶然の確率で資産が吹き飛ぶリスクがあります。

投資を極めている人でも信用取引には手を出さない人もいます。

「安く買って、高く売る」という原則を基に、リスク管理をしながら投資する力を身に着けましょう。

インカムゲイン

安定・継続の資産保有により収益を得る

インカムゲインは長期の資産保有により収益を得る手法です。
現金や株主優待などで収益を得ます。

配当金、預金利息、債券利息、賃貸料などが入ります

得られるリターンは限定的ですが、安定した資産形成が可能です。
配当金5%の企業などもあり、銀行預金より遙かに優れた利率です。

安定して、継続した利益が得られますがリスクが0ではありません。
企業の倒産や国のデフォルト、賃貸物件の空きなどのリスクを抱えます。

 

インカムゲインの特徴

複利

インカムゲインの最大の特徴は複利です。
複利とは、利子につく利子のことです。

投資した資産が資産を呼んでくるところです。
お金に働いてもらうこと、つまりはお金がお金を呼ぶ仕組みです。

数年、十年単位で考えると複利は脅威です。

優待

株式だと株主優待も魅力的な特徴です。
配当金だけでなく、金券、割引券、物品などが得られます。

テレビで有名な桐谷さんで株主優待は脚光を浴びました。

 

キャピタルとインカムを組み合わせろ

インカムメインの長期設計

投資は特殊なスキルを所持していない限りインカムメインです。
インカムメインを長期間で設計します。

「投資=短期間にガッポリ儲けるぞー」
というマインドに陥りがちです。

短期間に大幅なキャピタルゲインを狙うのはリスキーです。
ずぶの素人が立ち入れば確実に損失を被ります。

リスクの少ない長期投資で旨味を味わうのが当面の目安です。

 

キャピタルゲインは勉強しつつ

キャピタルゲインは得られる報酬は大きいです。
スキルを擁すれば時間を掛けずに、資金を得ることが出来ます。

自分の生活スタイルに合わせた投資を勉強しつつ始めましょう。
素人が信用取引や不動産投資に乗り出すのは賢明ではありません。

どの投資の種類を選んでも猛者がいます。
猛者が勝つ裏側は、大量の敗者がいることを忘れないように。

 

結論

キャピタルゲインとインカムゲインは投資の基本です。
しっかりと自分のポートフォリオの比重を確かめ、投資をしましょう。

※投資は損失リスクが伴います。
投資判断は自己責任で行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。