20代から積立NISAを始める

株式投資を1から勉強しています。
今回は「積立NISA」についての記事です。

2014年1月から開始した「NISA(少額投資非課税制度)」。
NISAの内容は少額投資に対する税金が掛からない制度です。

NISAは投資マインドを醸成するために政府が導入した制度です。

単純に考えれば「積立NISA」は「NISAの強化版」です。
→2つの制度は併用できません

積立NISAは銘柄の長期保有のために確立されました。
長期的な投資への参加を促す制度です。

積立NISAの仕組み

長期保有が目的

NISA制度は投資初心者を株式市場へ引き出すのを目的として作られました。

投資後進国である日本人の貯蓄マインドを投資へ転換する目的です。

積立NISAは「投資マインドを更に高めよう」という狙いです。
株式(投資信託)の長期保有を促しています。

積立NISAの非課税枠は20年間です。

長期保有目的では「iDeCo(個人型確定拠出年金)」と被ります。
iDeCoと積立NISAの違いは、途中で資金を手元に戻せるかという点です。

積立NISAはiDeCoに比べて、引出しが容易です。

積立NISA

積立NISAの目的は「投資の長期保有マインドを形成すること」です。
内容は年間40万円の積立投資信託を20年間非課税にするという制度です。

投資信託は運用会社が数多くの投資家からお金を集めます。
このお金を集めて、運用する機関をファンドと言います。

集まった資産はファンドマネージャーという投資のプロがまとめて運用します。

金融庁が選定

積立NISAは自由に金融商品を選べません。
限られた投資信託の中から投資家が選定します。

その限られた投資信託は金融庁が選定しています。

投資信託の中には手数料という名目で資金を巻き上げるファンドが存在します。
そういった悪質なファンド、運用成績が悪いファンドは排除されています。

選択肢は限られているという節は、逆に選りすぐられた銘柄のみが残っているといえます。
1から投資信託を選ぶよりも遥かにリスク回避に繋がります。

利益が課税されない

NISA口座は最長20年間の間、非課税期間があります。
非課税枠は2037年が非課税枠適用の最終年なので2057年が適用枠です。

2037年まで毎年40万円分の投信積立てに対応します。
40万円分の投信に発生する利益には非課税です。

20年間×40万=800万円の税控除です。
これはNISAの600万円よりも大きな緩和です。

国としても積立NISAの方を強く推していくのでしょう。

積立NISA初心者の心構え

売買は1度きり

積立NISAの特徴は売買が1度きりという原則があります。
これはNISAの考え方を踏襲しています。

NISAの意図である「長期で成長性のある銘柄」をより強化したと認識すればいいとでしょう。
投資信託なので、より短期の値動きより長期目線が重視されます。

※つみたてNISAは長期保有の優遇制度と捉えましょう

投資信託

NISAは上場している株式を自由に選定できました。
しかし、積立NISAは金融庁が選定した投資信託のみです。

投資信託の特性を抑えておく必要があります。

投資信託が比較的安定性のある金融商品です。
ただ、元本割れのリスクがあります。

NISA同様に損益計算が出来ないという点もデメリットです。
デメリットはありますが、税控除を考えるとリターンの方が遥かに大きいです。

投資家は、長期的に資産を投資信託に移していくことで資産運用の足掛かりなることが期待されます。

NISAはどこで

NISA口座は1人につき、1口座しか作れません。
積立NISAも同様です。

NISAと積立NISAを併用することは出来ません。
そのため、既存のNISAか積立NISAの選択をする必要があります。

NISAはどこで口座を作ってもサービス、制度に変わりはありませんでした。
そのため、気軽に始められるネット証券でNISAを開設するのが定石です。

積立NISAは証券口座によって各種特徴があります。
お勧めの口座は楽天証券マネックス証券です。

お勧めの積立NISA口座

楽天証券
●楽天経済圏だとポイント還元は驚異的
●100円から積立て可能
●充分な投信の本数がある
●楽天ポイントプレゼントキャンペーン

 マネックス証券
●100円から積立て可能
●100本以上の投信から選択可能
●資産形成アドバイスツールが使える

結論

積立NISA口座はNISA口座同様に簡単につくれます。
ネット証券に口座を持っておきましょう。

※投資は常にリスクを背負います、自己責任で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。