YouTubeチャンネル運営中

株式初心者はNISAから始める

株式投資を攻略しています。
今回は「株式初心者はNISAから始める」についての記事です。

2014年1月から開始したNISA。
銀行に眠った資金を市場に持ち出す施策として導入されました。

導入から5年以上が経過しますが、普及率10%程です。
まだまだ国民の投資マインド醸成は叶いません。

NISAの仕組みを正しく理解して、利益を生み出しましょう。

 

NISAの仕組み

投資喚起が目的

NISAは投資喚起が目的で2014年に始まりました。
利益への課税が約10%→約20%へ戻すタイミングで制度が始まります。

投資初心者を株式市場へ引き出すのを目的としました。

モデルは英国の「ISA」と呼ばれる制度です。
英国では成人の2人に1人が活用し、投資マインドを醸成させました。

少額投資非課税制度

NISAは「少額投資非課税制度」と言います。
内容は「少額投資に対する税金が掛からない」そのままです。

年額120万円までの投資に関する税金が0円です。

株式投資の利益には税金が約20%掛かります。
その税金20%分が免除されます。

例えば

株価1000円のA社株を120万円分NISA口座購入します。
→1000円×1200株で120万円

A社株が3000円に上がったとします。
すると2000円分×1200株240万円の利益が発生します。

NISAだと発生した240万円の利益に税金が掛かりません。
因みに通常の場合は約192万と約50万近くの違いです。

利益が課税されない

NISA口座は最長5年間の間非課税期間があります。
この期間に株式を売買すれば、課税がされません。

キャピタルゲインだけでなくインカムゲインも同様です。
5年間に発生する配当金も非課税です。

NISA口座120万円分は毎年購入可能です。
そのため5年で最大600万円分の株式を保有できます。

NISAの初心者の心構え

売買は1度きり

NISAの特徴は売買が1度きりという原則があります。
そのため、NISA枠を超えて、売買を繰り返し行うことは出来ません。

デイトレーダーのように1日に取引回数を複数行う投資には向きません。
複数年単位で大きく成長する銘柄を選ぶ長期投資向きです。

「長期で成長性のある銘柄」
この意図は旧アベノミクスの3本目成長戦略とリンクしています。

投資マインド醸成と国内の成長企業を後押しする意味合いがあります。

※つみたてNISAが始まり、投資マインド寄りに動いてきました。

株式と投資信託

NISAは上場している株式と投資信託に適用できます。
「長期で成長性のある銘柄」ということを考えると株式投資に目がいきます。

投資信託は資産安定成長がメインなのでNISAの醍醐味は味わえません。

NISAは投資初心者を対象としていますが、狙うのは手堅くではありません。
大物値上がりを狙うスタンスを取るのが資産運用的には最も効率的です。

 

NISAはどこで

NISA口座は1人につき、1口座しか作れません。

どこで口座を作ってもサービス、制度に変わりはありません。
そのため、気軽に始められるネット証券でNISAを開設するのが定石です。

ネット証券は他の投資をする際にも低コストで運用できます。
NISA口座については、画面上だけで処理できるのでとても楽です。

ネット証券では楽にNISA口座を創れます
松井証券マネックス証券楽天証券

結論

NISA口座は簡単につくれます。
ネット証券に口座を持っておきましょう。

※投資は常にリスクを背負います、自己責任で

20代のお金の指南書をまとめています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。