20代からの投資スタイルは株式投資+ロボアドバイザー

20代のお金の指南書 投資編

20代からのお金の指南書です。
お金で身に着ける4つの能力をまとめます。

お金を「投資する」力を高める編です。
今回は「投資スタイル」のまとめ記事です。

投資スタイルは千差万別で置かれた状況によって異なります。
資金力と生活スタイルから自分だけの投資スタイルを確立しないといけません。

1.預貯金を投資に回す人
2.資金0から投資を始める人
3.ボーナスで投資を始める人

この記事では、「20代で0知識から投資を始める人」を対象に、投資スタイルを考えます。

結論を端的に

●資金力がある人
→資金力は「お金がお金を運ぶ」大原則
→20代は投資勉強というスタンスで挑む

●初手は株式投資を学ぶ
→0知識からなら株式投資を始める
→株式投資はあらゆる投資の土台

●勧めの投資スタイル
→「優待投資」+「IPO投資」+「NISA
→目指す利回りは5%

●ロボアドバイザー任せる手も
→0知識で資金もなければロボアドバイザー
→勉強する手間は不要

年間利回り5%は高い目標です。
投資は長期的な目線で耕す農耕型が安定的です。

長期設計の投資を心がけましょう。

資金力がある人

投資は資金力

投資は資金力が全てです。

資金力のある人は多くの選択肢を持つことが出来ます。
資金力は「お金がお金を運ぶ」大原則です。

「どれだけ投資資金に回せるか」は1つの目安となります。

その点、20代は資金力で劣ります。
20代の内は投資勉強も兼ねるというスタンスで挑みます

将来、膨大な余剰資金を抱えた時の想定として投資をいち早く始めましょう。

資本力の差

投資は資本力というのは利回りで考えると理解できます。
利回り3%を獲得することが出来たとして例を考えます。

●利回り3%
資本力100万円
→3万円の利益/年間
資本力1,000万円
→30万円の利益/年間
資本力1億円
→300万円の利益/年間

資本力を有する程、得られる利益は多くなります。

まずは株式投資を学ぶ

初手は株式投資

余剰資金で数百万円投資に回せる人は、株式投資から勉強するのが基本です。
投資信託、債券も悪手ではありませんが、「株式投資」は避けては通れぬ道です。

株式投資の中でお勧めは「優待投資」+「IPO投資」+「NISA」です。
初手の株式投資で怖れる損失リスクを限定的にする投資手法です。
→短期間での損失(含み損)は発生する

優待投資」:中長期の株主優待、配当金狙い
IPO投資」:ローリスク、ハイリターンの投資
NISA」:手数料や税金が優遇される

目指す利回り5%

株式投資で目指す利回りは5%です。
利回りは高いに越したことはありません。

ただ、初心者が10%の利回りを叩き出すことは至難です。
まずは年利回り5%を1つの目安として運用しましょう。

勉強して効率よく上記3つの資産運用をすれば利回り+5%も狙うことが出来ます。
年利回り5%を目指し株式投資を始めましょう

ロボアドバイザーに任せる

投資資金0円からなら

投資資金0円からは投資界では最弱です。

資金力がないので取れる選択肢はすごく限定的です。
数百円から始められる投資信託やミニ株です。

得られるリターンも少ないので投資の有用性を感じることが少ないです。
資金以上に投資のスキルを得ることを主眼に置きながら始めましょう。

0から着実に勉強し、年月を掛けて資金を伸ばしましょう。
最弱なので失うものは何もありません。

 

ロボアドバイザーに一任するのもアリ

投資スキルも資金もない最初期は取れる手立てが限られます。
そんな投資初心者の頼もしい手法があります。

それがロボアドバイザーです。

ロボアドバイザーはIT技術を使った金融サービスです。
人口知能を使ったサービスで0知識から分散投資が可能です。

ロボアドバイザーに投資を一任するのは有効手です。
その間に、ミニ株など勉強したい投資をコツコツ始めます。

WealthNaviは長期投資が前提なので20代には将来の資産形成として有用です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。