初心者は敬遠すべき!不動産投資の特徴とコツ

20代のお金の指南書 投資編

20代からのお金の指南書です。
お金で身に着ける4つの能力をまとめます。

お金を「投資する」力を高める編です。
今回は「不動産投資」のまとめ記事です。

不動産投資とは利益を得る目的で不動産事業を行うものです。
単純な投資の他にも相続目的で利用する人もいます。

現在では、都市圏に集中して不動産運用が行われいています。
不動産投資は難易度が極めて高いです。

しっかりと投資を勉強してから手を出すべき投資案件です。

不動産投資の結論を端的に

●不動産投資の特徴
→長期的な収益を狙う投資
→国内の不動産投資は斜陽

●不動産投資の難易度
→難易度★★★★★
→個人には敷居が高い投資

●不動産投資のメリット
→相続対策がメイン

●不動産投資のデメリット
→初期投資額が高い
→長期的な展望が難しい

不動産投資は初心者は敬遠すべきです。
不動産で勝負する理由は見当たりません。

不動産投資の特徴

長期的な目線で投資

不動産投資は長期的な収益を狙う投資です。

原則は初期コストが非常に高いです。
安易な気持ちで乗り出すにはリスクが大き過ぎるので注意です。

国内では東京や大阪などの都市圏が舞台の中心です。
地方では過疎化が進んでいるので大規模な不動産投資は行われません。

尚、怪しい発展途上国の不動産話は要注意しましょう。

得られる利益

不動産投資で得られる利益は2種類です。

●賃貸収入による収益(インカムゲイン)

→不動産投資での主な収益は賃貸収入
→大屋さんをイメージすると理解

不動産売買差による収益(キャピタルゲイン)
→不動産取得時と売却時の差益で収益
→地価バブルに乗ると収益をあげやすい状況

不動産投資はどこで行うの?

不動産投資を行うには不動産会社を介して行います。
不動産投資はグレーな企業も沢山参入しています。

力技の営業マンによるセールスなどには注意しましょう。
デメリットやリスクを理解し不動産投資を始めましょう。

基本は敬遠すべし

今後、人口が先細る日本で国内の不動産投資は斜陽です
個人投資家が勝ち残れる裾野は少ないでしょう。

不動産投資に進んで投資する必要性はあまり感じられません。
新興国や発展途上国への投資が旨味があるでしょう。

不動産投資業は詐欺まがいの業者も中には混在する業界です。
しっかりと信任の置ける業者を選定しましょう。

不動産投資の難易度

最難関の投資

不動産投資の難易度
★★★★★

難易度は★5つです。

不動産投資は初期投資を回収するまで年月が掛かります。
莫大な初期投資に見合ったリターンを得るのも難しいです。

資本力がものをいう投資でもあります
資本がないと初期費用に掛かる金利が上がります。

額が必然と大きくなるので金利が鍵を握ります。
個人が手を出すには、敷居が高い投資です。

リスクを知る

不動産投資はリスクが高いのが問題です。
資金回収の期間も長いため、リスクを長期間保有することになります。

空室リスク
→稼働してなければ、出費だけを生む
→常に稼働させる必要がある

移転リスク
→大規模施設に依存するリスク
→その施設が移転すると一気に空室が増える

滞納リスク
→賃貸人の質が問われる
→家賃回収のリスクを常に背負う

借入リスク
→ローンの返済が滞れば借入がどんどん増していく

災害リスク
→災害によって住宅や周辺の環境が変わる
→入居者の転出にも繋がる

流動性リスク
→売却時に買い手が現れないことも
→株式や債券に比べ、流動性に劣る

その他にも金利変動リスク、修繕リスクなどリスクがあります。
予め、リスクへの対策を怠ると簡単に損出を生みます。

特に移転リスクについては、長期的な目線での地価算出が必須です。
再開発や移転などを想定しなければいけません。

不動産投資のメリット・デメリット

不動産投資のメリット・デメリットをまとめます。

不動産投資のメリット
  • 相続対策
    →相続対策がメイン
    →購入価格より評価額を落として相続できる
    →株式、債券よりお得に相続できる
不動産投資のデメリット
  • 初期投資が高額
    →数千万が必要になる
    →高額の借入が必要になる
  • 安定性に欠く
    →空室、移転、災害などのリスク
  • 価値の減少
    →建物の資産価値は減少する

不動産投資のあれこれ

個人投資家は手を出さないのが無難

最近でもスルガ銀行を巡る不正融資がありました。
この問題はシェアハウス運営の不動産投資が発端です。

安定した高利回りをに魅せられて、ついリスク察知を怠ります。
初期投資、維持修繕費、利子を鑑みると余りに危険な投資です。

しっかりとした知識、高い先見性、資本力を持つ人が手を出す投資です。
不動産投資に興味があるならばREITから始めるのをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。