勝者の投資!ヘッジファンドの特徴とコツ

20代のお金の指南書 投資編

20代からのお金の指南書です。
お金で身に着ける4つの能力をまとめます。

お金を「投資する」力を高める編です。
今回は「ヘッジファンド」のまとめ記事です。

ヘッジファンドは投資家の夢です。
数千万~億単位の入口で、富裕層や機関投資家向けの商品です。

いつの日かヘッジファンドに口座を開くのを目標としましょう。

ヘッジファンドの結論を端的に

●ヘッジファンドの特徴
→特定少数に絞る私募形態
→株式や投信に比べて敷居が高い

●ヘッジファンドの難易度
→難易度は★☆☆☆☆
→スタート地点に立つのは至難

●絶対収益
→どの環境でもリターンを目指す投資
→投資信託の上位互換的なポジション

ヘッジファンド投資は投資家の夢です。
限定的に絶対収益を狙うファンドもあります。

ヘッジファンドの特徴

極めしものの投資

ヘッジファンドは投資信託と近しい部分があります。

基本設計はファンドに資金を集め運用します。

投資信託は不特定多数に販売する金融商品です。
それに対して、ヘッジファンドは特定少数に絞る私募形態です。

ヘッジファンドは富裕層や機関投資家を顧客ターゲットとしています
一口数千万~億単位の金融商品もざらにあります。

得られる利益

投資信託で得られる利益はキャピタルゲインとインカムゲインです。
基本は投資投資とシステムは変わりません

ファンドマネージャーの運用成績によって、収益は変わります。
ファンドへの運用報酬は成果の20%分が一般的です。

ヘッジファンドはどこで取得するの?

ヘッジファンドは株式や投信に比べて敷居が高いです。

近年では証券会社を通じて、投資信託として組成された商品もあります。
証券会社を通じたヘッジファンド商品なら一般投資家も手を出せます。

外資系金融の海外ヘッジファンドでは、数億円が必要になったりします。
まさに、極めしものの投資です。

ヘッジファンドの難易度

スタートラインに立てれば…

投資信託の難易度
★☆☆☆☆

ヘッジファンドはお任せきり投資です。
どんな相場でも収益が見込めます。

高い敷居のスタートラインに立つまでの難易度は★5つです。
スタートラインにさえ立てれば、あとはプロに任せるだけです。

難易度は★1つです。

ただ、一般人が容易に手を出せる投資ではありません。
余剰資金を投資に回すという原則」を考えると、スタートラインに立つのも厳しいです。

絶対収益

ヘッジファンドの最大の魅力は「絶対収益型」です。
どんな環境でもリターンを目指す投資です。

投資信託では基準とする株価への変動で設計されます。
景気に左右されるため、常時に波があります。

ヘッジファンドは波がない
上げ相場では、更なる上げを期待して、投資
下げ相場では、空売りや違う畑の投資で、成果を取る

運用に規制がなく、どの局面でも収益を狙います

ヘッジファンドのメリット・デメリット

ヘッジファンドのメリット・デメリットをまとめます。

ヘッジファンドのメリット
  • リターン追求型
    →ファンド側も収益確保のため必死
  • プロが運用
    →ファンドを選択するだけ
    →投資への勉強時間を削減できる
  • 運用実績がいい
    →ファンドマネージャーの腕次第
    →リターンの額が大きい
ヘッジファンドのデメリット
  • 敷居が高い
    →スタート時点の資金量が高い
    →購入窓口も狭い
  • 資産量がものをいう
    →凄腕ファンドマネージャーは高額
  • 解約に制限がある
    →45日ルールなど解約に制限あり

ヘッジファンドのあれこれ

投資信託との違い

ヘッジファンドは投資信託の上位互換的なポジションです。

資産をプロが運用するは同じです。
対象、目的は違いが生じます。

いつしかヘッジファンド口座を開くのを目標としましょう。

投資信託

  1. 公募による不特定多数
  2. 一般投資家を対象
  3. 数百円~始められる
  4. 相対リターン、ベンチマーク

ヘッジファンド

  1. 私募による特定少数
  2. 富裕層、機関投資家
  3. 原則は数千万~億単位
  4. 絶対収益

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。