「マツコ・デラックスvs立花孝志(N国)」 利権と時代の衝突

NHKから国民を守る党

N国が勢いに乗ります。
大衆のマスコットであるマツコ・デラックス氏との対決です。

マツコ氏が仕掛けてしまった戦いにN国が乗り込みます。
今回の戦いを利権と時代と称して、まとめていきます。

戦いは激化して、立花氏が5時に夢中を出待ち、突撃に発展しています。

対立構造

衝突の発端

今回の先制攻撃、つまり喧嘩を仕掛けたのはマツコ・デラックス側です。
本人の意志、NHK・TV局側への忖度かは不明ですが、明らかに反N国の姿勢を取っています。

反N国の否定は個人の自由です。
その表現の仕方が不味かったと言わざるを得ません。

「ヒヤカシ。ふざけて票を投じている人が大半」、「今のままでは気持ち悪い人たち」と主張しています。

マツコ・デラックス氏はNHKと仕事をする利権側です。
利権側から先制攻撃するのは悪手です。

N国側が攻撃する大義名分を与えてしまいました。

立花氏の素早い反撃

マツコ氏の発言を受けて、立花氏は自身のYouTubeで反撃。
「マツコ・デラックスをぶっ壊す」と自らのキャッチコピーを用いて動画内で猛反発。

「マツコ・デラックスのCM降板」を求めて不買運動を宣言します。
N国側としては「利権の権化である有名タレント」が自ら格好の標的となって登場したという様相です。

立花氏は「言いたいことがあるなら議論しよう」と持ち掛けます。

計算高い

立花氏、N国の土俵はネット、YouTube上です。
大衆人気の高いマツコ氏への攻撃は一見、諸刃の剣のように見えます。

しかし、この攻撃も計算されたもののように感じます。

立花氏はアベマTVなどである程度、有名な芸能人と対峙しています。
既に利権側の有名人と対峙しても、「民意に手応えあり」を感じていたはずです。

そこで、更に影響力の高いマツコ氏を叩くことで追い風に乗ろうという算段でしょう。

立花氏はYouTube内において、自分の意見に民意がどれだけ追いついているかを把握しています。
即ち勝てる試合にだけ行くという戦い方が可能です。

今回勝負に踏み切ったのは勝てる算段が着いたのでしょう。

利権 vs 時代

今回の対決構造は「旧時代の利権」と「新しい時代の勝負」です。
利権側はマツコ氏で時代側は立花氏です。

利権

大衆はマツコ氏に対して「痛快だ!」という印象を抱いていたでしょう。

マツコ氏は物応じしないエンタメ性を売ってきた部分があります。
しかし、マツコ氏でも自らを起用する利権には踏み込めません。

起用してくれるスポンサーやTV局には矛を向ければ一発で消える世界です。
つまり、マツコ氏は利権に制約されてるわけです。

NHKの知らない役員より世間知名度の高い芸能人の方が分かりやすい利権です。

時代

一方、ネット時代に影響力を0から作り上げたのが立花氏です。
利権、しがらみのない所から力をつけました。

制約するものはありません。
極論、法律さえ守ればなんでもありな訳です。

人気(民意)は必要ですがゴマをすることなく自らの正義を訴えることが出来るのは強みです。

マツコ・デラックスをぶっ壊すの正当性

個人(公人)を破壊していいのか

「マツコ・デラックスをぶっ壊す」の表現を見た時はやや過激な印象を受けました。

「マツコ・デラックス(の利権)をぶっ壊す」なら整合性はあります。
過激路線で脚光を浴びてきたN国ですが、一歩間違えば直ぐ支持を失いそうな危うさもあります。

N国固定の支持層は一定で留まるのではと思うので、ムーブする票を失いたくはないでしょう。

追い詰められたのはマツコ氏

今回の対立で立場を悪くしたのはマツコ氏でしょう。

マツコ氏は今まで画面上で一方的な攻撃をしてきました。
相手の攻撃が届かない場所からの一方的な批判を封じられた格好です。

N国側はネットを通じて、正論をかまして逃げ口すら与えません。
マツコ氏が立場氏と同じテーブルに立つことは死地にいくようなものです。

今回は利権側が圧倒的な劣勢な立場に追い詰められています。

個人的見解

喧嘩する相手を間違えた

TVのコメンテーターという立場からするとN国は目の上のたん瘤です。
TV局(NHK)利権に浸かる有名人には、督戦隊が背後にいる状態でN国と対峙しなければいけません。

「気の毒だな」とは思いますが甘い蜜を吸い続けるには試練なのでしょう。
喧嘩する相手を見極めて、ひっそりと上手くやり過ごす能力が必要な訳です。

従来のテレビベースの見解を述べるとごっそり人気低迷に繋がるでしょう。

大衆は既得権益打破のN国を今後も支持すると思います。

実際に議論させれば、利権側に正当性を見出せません。
事実、議論させればさせるほど立花氏の意見の優位性が見えてきます。

テレビ関係者からすれば、「腫れ物には触らないが鉄則」です。

督戦隊(とくせんたい)
→軍隊で自軍を後方より監視する部隊
→自軍に戦意がなければ、味方を攻撃し強制的に攻撃させる

お金が欲しい

基本的にはみんなお金が欲しいのです。
芸能人も例に漏れません。

僕だって、お金を貰えばN国を批判する記事をいくらでも量産します。

N国の正義の前には私欲は屈服します。
正義を盾にしたN国の牙城はそう簡単には崩れないでしょう。

コメントを残す