「自由自在」に生きて人生を楽しくする

人生を楽しく生きるには「自由自在」を手に入れる必要があります。
自由度、自在度が高まるに連れ、人生は楽しくなります。

「自由自在」を手に入れるとは「お金と時間」からの解放です。

自由自在とは、それぞれ自由と自在に分かれます。
「自由は時間、自在はお金」とそれぞれ、紐づいている概念があります。

まずは自由自在の各概念を把握します。
そして、自分の理想に必要な自由自在度を用意します。

自分の理想に必要な自由自在を用意すれば、幸福な生活を手にすることが出来ます。

「自由」

自由は時間の概念

自由は「時間」の概念。
自由は時間という概念に紐づいています。

年収の高いエリート会社員より、年収0のホームレスの方が自由時間は多いです。
「学生時代は自由だったなぁ…」と感じる人は自分が扱える自由時間が減少している訳です。

難易度は高い

自由を手に入れる難易度は高いです。

日本には「勤労の義務」があります。
原則、何かしらの労働に従事していないと収入、社会保障が手薄。

生きていくために大抵の人が労働に従事するでしょう。
労働に従事すると自由時間は減少していきます。

先進国の日本でも「自由な時間を謳歌する」とことは、難易度が高いです。

自由に生きるために

大人になると「自由を失う」と感じる人は多くいます。。
労働に従事し、家庭を持てば自分の自由時間は限られます。

「自由に生きることが出来ない」残酷な現実が目の前にあります。
あと何十年も労働に拘束されることを考えるだけで「ゾッ」します。

解決策

自由を手にするための解決策も用意されています。
どちらの解決策も容易ではありませんが「自由に生きる」ためには必須です。

1つ目の解決策は「仕事が幸福な行為であること
2つ目の解決策は「働かずに生計を立てること

自由に生きるためには、どちらかの解決策を実行しなければいけません。
どちらかの解決策を取らない限りは「自由」を得ることは難しいでしょう。

「自由」に生きるための解決策

解決策.1「仕事が幸福な行為であること」

自由を手に入れるための1つ目の解決策を示します。
1つ目の解決策は「従事する仕事を幸福な行為にする」です。

多くの人の人生において、一番時間を割く行為は「仕事」でしょう。
仕事の時間が不幸だと人生の幸福度はガクッと下がります。

「仕事をしている時、幸せを実感しますか?」
このシンプルな質問に頷けるかどうかがとても大切です。

もし、仕事が苦痛な時間であればそれは自由な時間とはかけ離れています。

仕事が幸せ

「仕事が幸せ」とは、休みなく仕事に没頭できるレベルです。
少なくとも日曜の夜が憂鬱なレベルでは、仕事が幸せとはいえません。

就職活動でやりたいことのない学生。
会社に入って、休日を待ち望んでいる会社員。

仕事が幸せな時間に変えれば、自由な時間という枠に仕事時間を組み込めます。

解決策.2「働かずに生計を立てること」

自由を手に入れるための2つ目の解決策を示します。
2つ目の解決策は「働かずに生計を立てる」です。

こちらは「仕事を幸福な行為にする」ことより難易度は格段に高いです。

「働かずに生計を立てる」は純資産が生涯支出を上回らないといけません。
自由を手に入れるためのスペシャルな一手。

純資産が生涯収支を上回ることで、労働という拘束から解放されます。
要は、目標金額を稼いで早期リタイアを意味します。

早期リタイアの難易度

誰もが1度は夢をみる、早期リタイア。
お金に困らず、労働に拘束されずに悠々自適なセカンドライフ。

大ベストセラーになった『金持ち父さん貧乏父さん』で語られる世界です。

多くの若者が早期リタイアに夢を抱きます。
しかし、早期リタイアを目指すには、それ相応の対価が必要。

早期リタイアの高い壁を超は、社会との価値交換に成功しなければいけません。
会社にぶら下がっているだけの会社員では、難しい話。

「自在」

自在はお金の概念

自由は時間と結びついていました。
自在はお金」と結びついています。

厳密にいうと自在は「信用価値」と繋がります。

自由を持つ。自在を持つ。

学生は社会人より多くの「自由時間」を持ちます。
しかし、学生が使うことのできるお金の上限は低いです。

学生は「時間はあるがお金がない」という状況が作られます。
子供や大学生の「自在度」は少ないです。

社会人になると逆転現象が発生します。
自由時間は仕事に拘束されますが、自在度の上限は上がります。

自在に生きていくための解決策

全ての人は「お金に苦労したくない」という思いを抱きます。
自在度を高める道を模索しながら生きていきます。

自在の上限は個々人により異なります。
「宇宙に行きたい人」もいれば「働かないだけのお金が欲しい人」など様々です。

自分の理想の自在度を把握し、そこへ向けた解決策を実行していきます。

解決策

1つ目の解決策は「使えるお金を増やす
2つ目の解決策は「自分の幸せを知る

自在に生きるためには、どちらかの解決策を高める必要があります。
最低でも2つ目の解決策を理解しなければ、いくらお金を持っても自在に生きることは出来ません。

自在に生きていく解決策

解決策.1「使えるお金を増やす」

「自在」はお金と紐づいています。
自在に生きるには、お金を増やすという解決策が挙げられます。

企業に勤めるだけでは使えるお金は急速に増えません。
お金を生み出すツールを独自に開発しなければいけません。

早期リタイアへの茨の道

自在度を高めて早期リタイアを達成するのは茨の道です。
早期リタイアは会社員では、かなりの日数が求められます。

早期リタイアに必要な金融資産は大凡1億円。
1億円あれば、年利3%の投資設計に成功すれば、年収300万円です。

300万円あれば、慎ましくも生活は可能です。

しかし、金融資産1億円の世帯は日本全体の1%です。
限りなく、難しい道です。

並みでない、収入の肥大化、投資戦略が必要です。

解決策.2「自分の幸せを知る

お金(収入)は変わらずに自在度を高めることは出来ません。
自在度を高めずにも自在に生きることは可能です。

それは「何にお金を使えば幸せかを知る」です。

何にお金を使えば最大限の幸せを得るかを知りましょう。
「自在に生きる」のは「自分の幸せを知る」ということです。

何にお金を使うか?

もし自分の幸せが「スーパーカー所有」や「豪華客船で旅行」ならば、相応の自在度が必要です。
しかし、自分の幸せが「読書」や「映画鑑賞」であれば大金は不要でしょう。

自分の幸せが、どれだけのお金が必要かを把握することが重要です。

自由と自在の結びつき

自由と自在

自由と自在は互いに結びついています。
自由と自在の相関関係を大まかに整理しましょう。

自由:多 自在:少 会社員(ニート、フリーター)
自由:少 自在:多 エリート会社員
自由:少 自在:少 ブラック企業の会社員
自由:多 自在:多 資産家

大まかな相関関係が分かれます。
また、自由と自在という概念は互いに影響を与えています。

自由と自在のの影響力をまとめていきます。

時間(自由)をお金(自在)で買う行為

時間(自由)はお金(自在)である程度買うことができます。
この考え方は割と馴染み深い考え方です。

移動手段に「飛行機or新幹線or車」どの手段で移動するかを想像します。

遠方への移動手段で、新幹線や飛行機を使えば時間を短縮できます。
また、移動時に仕事や睡眠に時間を充てることができます。

その他にも、家事代行サービスや経営者が従業員を雇うのも時間をお金で買う行為です。

お金(自在)を時間(自由)で買う行為

一方で、お金(自在)を時間(自在)で買う行為は多くの人が実行しています。
それは「労働」です。

労働はお金を得る行為ではなく「時間との等価交換」です。
パートタイムで時間を切り売りしているのが一番分かり易い例です。

パートタイムだけでなく、会社員も時間を切り売りします。
自分の労働力を時間(希少価値)に変換し、お金と等価交換しています。

自分の自由を自在のために切り売りしているということを知ってください。

まとめ

自由に生きていくとは

自由とは時間の概念です。
自由に生きることは、時間を自由に使うことのできる状況です。

大抵の社会人は、労働に従事して自由を手にしていません。

不自由な人生からの解決策は「仕事が幸福な行為であること」、「働かずに生計を立てること」です。
この2つの解決策のどちらかを選択することで、あなたは自由を手にできます。

「仕事が幸福な行為であること」は現代の人類にとって最重要課題の1つです。
しっかりとこの解決策への理解を寄せることは重要です。

自在に生きていくとは

自在はお金の概念です。
自在に生きるとは、お金(信用価値)を自在に使うことのできる状況です。

自在も自由と同様に、自在に生きる人は僅かしかいません。
自在に生きるためには、純資産>生涯支出という構造を作らないといけません。

自在に生きていくための解決策も2つあります。
「使えるお金を増やすこと」、「何にお金を使えば幸せかを知ること」です。

自由自在に生きていく

自由自在に生きるとは、「自分の幸せを実現する」ということです。

つまりは、「戦略的な人生」における理想といえます。
自由自在に生きるために大切なことは、「自分の幸せは何か?」というライフクエスチョンへの理解を深く自問自答することが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。