YouTubeチャンネル運営中

上手に誘いを断るテクニック 鉄板フレーズ7選

人間関係を円滑にするテクニック

人間関係を円滑にするためのライフハックまとめです。
今回は「上手に誘いを断るテクニック」です。

上手に誘いを断るのは出来る大人の必須テクニックです。
「断る」という人間関係において最も難しい局面を乗り切りましょう。

今回は「巧みな断り鉄板フレーズ」を7つ用意しました。
使い勝手のよいものを選んで、どんどん断りましょう。

1.「歯医者があるんで」

伏線をはれる

目下、最強の断り文句は「歯医者があるんで…」です。
ポイントは「歯医者」に絞ることです。

歯医者に通院している設定では複数回に渡り断る理由として適用出来ます。
そのため、今後の誘いを断るための伏線にもなります

今後も「今日も歯医者通院日なんですよ」という歯医者通院キャラを確立することが出来ます。
「虫歯治療」を名目に断り続けることが出来ます。

体調不良は上手くない

「歯医者通院キャラ」の最大の利点は症状が相手に伝わらないことです。

下手に仮病を使うと面倒な猿芝居をしなくてはいけません。
猿芝居は簡単にバレます。

断る時は相手に嘘をつくことが前提です。
その嘘が相手に見破られなければ人間関係が円滑に回ります。

嘘が嫌なら歯石を取りに本当に歯医者へ行けばいいのです。

2.「習い事があるんで」

毎週、断れる

定期的に断る必殺技は「習い事があるんで…」です。
習い事を盾に断れば、今後、定期的に断り続けることが出来ます。

実際に習い事を始める必要はありません。
習い事なので毎週、隔週など自分で選択して断る理由に適用します。

ポイントは、こちらが事前に含有知識が豊富な習い事を選択するべきです。
知識があればその話題に振られても適当に乗り切ることが出来ます。

曜日を選択する必要はない

社会人の習い事なので毎週曜日を設定する必要はありません。
「週に一回授業のコマを選択できる」など適当な設定を付け加えれば、断りたい時に習い事を盾に断れます。

お勧めは金曜に固定で習い事を入れておくことです。
金曜日にくだらない誘いに乗るほど馬鹿な話はありません。

3.「先約があるんで…」

一番使い勝手がいい

誘いを断る上で一番使い勝手がいいのは「先約があるんで…」です。
「先約を大事にする」と伝えれば、義理人情ポイントも上がります。

時と場合によっては、具体的に誰と会うかを伝えましょう。
断る先に誰と会うかを伝えれば、断りの信憑性が増加します。

高校の友達、大学の友達、地元の友達、彼氏彼女など誘ってきた相手と接点のないプライベートを持ち出し誘いを断ります。

バレる可能性はある

先約の誘いを用いるのは最も普遍的な断り方でしょう。

普遍的な断り方ということは最も裏を探られやすいというのも事実です。
馬鹿の一つ覚えに「先約があるんで…」と繰り返せばいつしか、直ぐに嘘はバレます。

タイミングと頻出度交えながら上手く用いましょう。

4.親族の集まり

重めの設定も断ることが出来る

「先約があるんで…」の上位互換が「親族の集まりがあるんで…」です。
「親族」というワードを持ち出すことで切迫感を募らせます。

家族の集まりというより「親族の集まり」と伝えます。
「親族」という言葉のパワーはかなり強めです。

「親族を大切にする」にすれば、これも義理人情ポイントが加算します。

親族の会合

親族を持ちだす時、無理に誰かを床に伏せる必要はありません。
誰かを床に伏せると噓くささが増します。

どうせ嘘をつくなら「介護、看護」に留めるのミソです。
「介護、看護」であれば長期的な断りの理由になります。

また、喜寿のお祝い、米寿の祝い、いとこの結婚、定期的な会食と親族一つで無数の断り文句が派生させることが出来ます。

5.「業者が来るんで…」

必ずいないといけない

ほぼ一発限りの断り文句ですが「業者が来るんで…」も有効手です。
「業者が自宅へ来る」という時間制限付きの約束です。

時間制限をつけて、自然に断ることが出来る有効手です。。

何度も業者が来るというのは不自然です。
同一人物に対してほぼ一発しか使えません。

クーラー設置、回線工事などなんでもありです。
事前に適当な言い訳を用意して使いましょう。

6.金欠を理由に断る

月末に使える

月末になれば、「金欠なんで…」という理由で断ることも出来ます。
ただ、これは「(お前のために使う)お金がないんで…」という真相を含みます。

この真相に気づかれたら一発OUTです。
リアルに金欠という芝居がいるため、使い勝手はよくありません。

奢ってもらえる

「金欠なんで…」と断れば「奢ってやるよ」とカウンターを喰らうこともあります。
行きたくない相手の場合は、それでも嫌ですが断る理由が潰えます。

時間の浪費は仕方ありません。
少なくともお金を浪費することは防止できます。

ただ飯を貪りたいのであれば、使ってもいい断り文句ですがスマートではありませんね。

7.直球で断る

一番おすすめのストロングスタイル

前述した全ての断り鉄板フレーズを用いないストロングスタイルがおススメです。

「行く」or「行かない」の二択です。
行きたくなければ「行かない」と直球で断ります。

理由を尋ねられれば素直に答えます。
嘘をつく必要もなければ、演技をする必要もありません。

自分の気持ちに従うだけです。
忖度したり、接待することは人生の無駄です。

断る勇気を持つ

断る勇気を持つことが出来れば最強です。
前述までの断りフレーズは断る勇気を醸成するための練習です。

断ることで得ることのできる時間とお金があると学べば断る勇気は醸成できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。