「父子帰省」は気遣い不要でみんなハッピーになる

暮らし向上

大型連休の際に「父子帰省」という現象が目立ってきました。
父子帰省は言葉通り、父親と子供が父親の実家へ帰省することを指します。

お盆では父子帰省という新しい帰省の形が根づき始めています。
今回は妻が夫の実家に帰らない父子帰省の考え方を学びましょう。

全方向ハッピーの父子帰省

気遣い不要

妻が夫の実家へ帰省すると妻と夫の両親による気遣いの応酬が始まります。
仲の良し悪しに関わらず、距離感により気遣いは発生します。

父子帰省は誰も得をしない気遣いを不要にします。
長期滞在になれば気遣いがストレスに変わります。

せっかくの休暇にストレスを溜めては元の子もありません。

ストレス軽減社会へ父子帰省の選択肢一考の価値ありです。
夫婦そろっての帰省は年に1回など回数制限を求めればよろしいでしょう。

みんなハッピー

父子帰省は家族みんながハッピーになることが出来る考え方です。

妻:家事、育児に追われない自由時間が手に入る
夫:地元に帰郷し、親・友達との時間が手に入る
夫の両親:孫と戯れることが出来る、気遣い不要
子供:祖父母の家でワクワク

車以外の帰省であれば、大人1人分の交通費を削減できます。
交通費削減の代わりに妻の余剰時間が増えるというメリットつきです。

妻は普段の生活では取り組めない行動を選ぶことが出来ます。

父子帰省への動き

今後も加速すると思われる

昨年から注目される「父子帰省」。
父子帰省に対して、支持する動きが強いです。

ヤフーニュースによる調査では、父子帰省導入の割合は90%近いです。
毎回の帰省で父子帰省を望む声も50%を超えます。

家族揃って帰省というのは、時代と逆行したものだということが伺えます。
共働き世帯の増加などで今後も父子帰省への動きは加速すると思われます。

無駄を排除し、合理性を求めた時、答えは自ずと出てくるはずです。

子供への影響

最後に上げるのが子供への影響です。
子供がある程度、成長していないと父子帰省は難しいでしょう。

小学校に入るまでは健康面などより身近に接している大人が帯同する必要があると思います。
普段、妻の方が子供と接する時間が長いのであれば父子帰省は厳しいでしょう。

子供が小学校へ進学する年齢であれば、異なる環境への適応という側面。
身近な大人から離れる経験も含めて、父子帰省はメリットに働くはずです。

結論

まだまだ父子帰省に対する考えは一般的とはいえません。
ただ、父子帰省には多くのメリットがあり、現代社会をより効率的に回す施策であります。

気遣いによる無駄なストレスを溜めているのであれば、父子帰省という概念を持ち出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。