YouTubeチャンネル運営中

【中東情勢】「ヨルダン」中東随一の穏健国

中東情勢を学ぶ

0知識から中東情勢を勉強しています。
今回は「ヨルダン」です。

ヨルダンは中東のアラブ国家です。
国土の80%以上が砂漠です。

イスラエル、パレスチナ、サウジ、イラク、シリアと隣接する
西側には死海と面する

治安は全土でレベル1以上の危険度です。
シリア及びイラクとの国境地帯ではレベル2以上の危険度となっています。

イラク、シリアと情勢が不安定な国と隣接しています。
そのため、過激派組織の流入によるテロ行為などがあります。

ヨルダン軍はテロ組織などと国境付近で戦闘も生じます。

治安
イラク・シリア国境地帯は注意

ヨルダンの基本データ

ヨルダンの成り立ち

ヨルダンの地には約50万年前の旧石器時代から人類が居住したとされています。
人類最古の農業が営まれており、古くから発展しています。

歴史的にはローマ帝国、イスラム帝国、オスマン帝国の勢力下にありました。

第一次世界大戦以後、イギリスとの取り決めによりアラブ人の国家建設される予定でした。
しかし、イギリスが約束を反故にしたことから暴動を起こします。

暴動で現在の国家の土台であるヒジャース王国が建国されました。

第二次世界大戦以後、現在ヨルダン国家が独立しました。

ヨルダンの諸データ

ヨルダン国名の正式名称は「ヨルダン・ハシミテ王国」です。

ヨルダンの人口は約970万人。
人口は急激なペースで増加しています。

パレスチナ難民、シリア難民など多くの難民を抱えて人口が増加しています。

首都、最大都市はアンマンです。

アンマンの標高は高く雪が降ります。
ヨルダンの人口1/4が居住するとされています。

 

ヨルダンの経済

ヨルダンの経済は中東諸国に比べると低水準です。
石油の産出が限られていますが、石油埋蔵の可能性もあります。

リン鉱石と天然ガスが主要な資源です。
リン鉱石は国南部のアカバ湾から輸出されます。

 

ヨルダンの宗教

ヨルダンには多くのアラブ人が居住します。
国民の半数以上が中東戦争によるパレスチナ難民とされています。

近年ではイラク戦争、シリア内戦と隣国で大きな戦争が続き多くの難民が流入しています。
世界最大のシリア難民キャンプも抱えて、中東の受け皿的なポジションに位置しています。

宗教は人口の90%以上がムスリムでありイスラムスンニ派です。
キリスト教も中東諸国の中では多く信仰されています。

 

ヨルダンの政治

ヨルダンの政治

ヨルダンは立憲君主制です。
君主はハーシム家の世襲制です。

ハーシム家はムハンマドの血筋です。

中東諸国の民主化運動アラブの春はヨルダンでも活性化しました。
運動の結果は、首相の任命権を国王から議会へ移譲することで決着しました。
→議院内閣制

民主化運動も王制は存続しています。

 

ヨルダンの外交

ヨルダンは中東では穏健な国です。
中東諸国、世界各国と良好な関係を築くことを目指しています。

イスラエルとも国交を結んでいます。
そのことから親米、親欧州路線にも積極的です。

近隣諸国が大きな戦禍に晒される中で、比較的良好な国内情勢を保持しています。

 
中東情勢全体に関しての記事
中東情勢を学ぶ 【中東情勢】中東諸国の勢力図と各国を解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。