YouTubeチャンネル運営中

ハロウィン渋谷に集う愚かな群集

主張、意見

「ハロウィンを楽しめるのは才能である」

秋の夜長に突如として出現したのがハロウィンの仮装大会だ。
非公式のイベントが開催されるのは若者文化の中心である東京渋谷。

常軌を逸したどんちゃん騒ぎと手間を惜しまない仮装姿。
ここまで瞬間的な熱量を発することが出来るのはある種の才能と呼ばざるを得ない。

凡才は、瞬間的な熱量を込ぎこめない。

惜しまぬ手間、雑踏への耐性、羞恥の排除。
才能を持ちし若者が渋谷のハロウィンには殺到する。

「馬鹿になれ」を体現

馬鹿こそ正義

「馬鹿になることが正義」という風潮。
馬鹿をやっていた方が人生を楽しむことが出来るという意見がある。

恐らく、これは正しい。

馬鹿になれない者は世間の目を気にして、しがらみに囚われる。
馬鹿になれない者は斜に構え、馬鹿を嘲笑う。

「本当の馬鹿」は馬鹿を冷たい目でみる自分である。

馬鹿は、自分の欲望のままに生きる。
恥を恥と思わず、馬鹿を馬鹿とも思わぬ。

馬鹿は欲望の奴隷でもあり、支配者でもある。

馬鹿が「愚か」に変わる

ハロウィンのバカ騒ぎ

渋谷のハロウィンには馬鹿の才能に自信ありの者が集う。

刹那の時を盛大に盛り上がる。
恥も外聞もなく、今を楽しむ。
愛すべき、目指すべき馬鹿の姿である。

しかし、愛すべき、馬鹿は「愚か者」に変貌する。

犯罪行為

愚か者が街を闊歩するとハロウィンに群がる馬鹿は愚衆に変わります。

街中で酒を煽り、タバコを一服。
ゴミを捨て、町を汚す。

愚かな馬鹿は、群衆心理により暴徒化。
脇目も振らずに大音量を垂れ流す。

公道を我が物顔で占拠し妨げる。
暴力沙汰や痴漢、盗撮などの犯罪行為も付随。

逸脱した愚かな馬鹿は程度や加減を知らない。

若気の至り

渋谷ハロウィンに群がる愚か者はどのような人物であろうか。

大半はやることのない大学生だろうと予想する。
大学生までが賞味期限だろう。

社会人が喜々となってハロウィンを待ち望んでいては目も当てられない。
20歳そこらの若者が騒いでいると思えば「若気の至りか」と合点がいく。

平和な世の中に滞留した若者の熱気。
それが、愚かな群集心理に囚われてしまうのであろう。

狂気のるつぼ

世紀末覇者になりたいの?

渋谷のハロウィンはリアル北斗の拳状態。
「ヒャッハー!」と気色の悪い出で立ちをした者が法と秩序を重んじない狂気地帯と化す。

馳せ参じるのは、世紀末覇者を目指す以外、目的はない。
男塾なら大威震八連制覇を目指すレベルである。

非常事態宣言の渋谷へ出向く意識を疑わざるを得ない。

痴漢被害を訴える輩がいるが間抜け過ぎて反吐が出る。
世紀末状態の渋谷に自らが馳せ参じて、被害を訴えるな。

愚衆が群がるリスクを把握して行動するべきである。

クラブへ行け!

「イベントでバカ騒ぎ」をしたい若者。
熱量のはけ口がないのであればクラブへ行け。

クラブで狂ったように酒を煽って、バカ騒ぎすればよい。
クラブに金を落とせば誰も文句はいわない。

公共の場で騒げば、警察が出動しなければならない。

その税金を賄うのは、愚かな群集でない。
渋谷の清掃費を賄うのも愚かな群集でない。

クラブで仮装し、死ぬほど酒を飲み、バカ騒ぎをしてくれ。
バカ騒ぎ出来る才能を正しく使えば誰も文句は言わない。

現実的に解決するには

愚かな群集を撃退するには、やはり警察の力に頼らざるを得ない。
逸脱した若者を片っ端から捕えるしか策はない。

公権力を矛に、犯罪者をなぎ倒していくしかない。
この悪しきブームが愚かな文化になる前に、沈静化させなければならない。

正しきハロウィンを学び、広めなくてはならない。

「馬鹿になれ」

最後に正しい馬鹿の手解きをアントニオ猪木に学びたい。

馬鹿になれとことん馬鹿になれ
恥をかけ とことん恥をかけ

かいてかいて恥かいて
裸になったら見えてくる

本当の自分が見えてくる
本当の自分も笑ってた

それくらい
馬鹿になれ

byアントニオ猪木

結論

情けない

農民一揆→ええじゃないか→学生運動→ハロウィンナイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。