『機動戦士Ζガンダム』第23話「ムーン・アタック」考察と感想

『機動戦士Ζガンダム』のレビュー(考察感想)です。
アニメ版のレビューです。

機動戦士Ζガンダム「ムーン・アタック」あらすじ内容

機動戦士Ζガンダム』全話無料体験中。
第23話「ムーン・アタック」のあらすじと今後の展望です。

第23話「ムーン・アタック」ざっくりあらすじ

ざっくりあらすじ内容をまとめます。
詳細な考察、レビューは後述していきます。

  1. アポロ作戦へ
    →フォン・ブラウンへエゥーゴ戦力
    →アーガマはエゥーゴを叩きに
  2. 戦闘開始
    →フォン・ブラウンで戦闘
  3. ムーンアタック
    →激戦
    →MSと戦艦が入り乱れる
    →フォン・ブラウン奪われる

アポロ作戦へ

クワトロはティターンズの行動を懸念。
クワトロとカツがアーガマへ向かいます。

ティターンズはフォン・ブラウンへ戦力を投下。
アポロ作戦が実行へ移されそうです。
フォン・ブラウンはニール・アームストロングが月面着陸した土地らしい。

シロッコはジェリドらに檄を飛ばします。
エゥーゴ内でもアポロ作戦に向けて緊張感が増します。

戦闘開始

クワトロは百式に乗り込みエゥーゴと戦闘へ。
アポロ作戦を迎撃します。

アレキサンドリアとシロッコ艦隊がフォン・ブラウンへ射撃開始。
フォン・ブラウンが爆発に飲み込まれます。

月面都市は瞬時に火の海へ。

アーガマからもMS部隊が飛び出て応戦。
Zガンダム、MARKⅡ発進。

ムーンアタック

フォン・ブラウンでは激戦が繰り広げられます。
ファはニュータイプの感応に苦しみます。

カミーユはファとテレパシーで交信して戦局を打破していきます。

ただ、シロッコも制空圏に入り、一気に戦局を決めようと乗り出します。
シロッコは残していたMS戦闘力を一斉投入。

シロッコはフォン・ブラウンに戦艦を乗りつけます。
シロッコはジェリドを囮に使い、美味しいところを奪う作戦です。

ジェリドとカミーユが交戦。
マウアーも加わり、カミーユは足止めを喰らいます。

その間にシロッコはフォン・ブラウンを奪います。
フォン・ブラウンは降伏して、エゥーゴの手に渡ります。

エゥーゴは事実上敗北です。
フォン・ブラウンを制する者が宇宙を制するらしいです。

機動戦士Ζガンダム 「ムーン・アタック」考察、感想

登場人物まとめ

エゥーゴ

カミ-ユ・ビダン
→ガンダムZのパイロット
→クワトロと同じくエースパイロット

クワトロ・バジーナ
→百式と共に宇宙へ帰還

エマ・シーン
→カミーユの母親代わり

ヘンケン・ベッケナー
→久しぶりの登場

レコア・ロンド
→久々の登場
→新型MAの移送任務につく

ブライト・ノア
→アーガマ艦長
→フォン・ブラウン奪還される

ファ・ユイリィ
→上昇志向強い
→ニュータイプ

カツ・コバヤシ
→アーガマへ向かう

ティターンズ

ジャミトフ・ハイマン
→ティターンズ創設者

バスク・オム
→ティターンズの実力者

ジャマイカン・ダニンガン
→アレキサンドリアを指揮

ジェリド・メサ
→シロッコにライバル心
→成長見られる

マウアー・ファラオ
→ジェリドと行動を共にする
→ジェリドへ想いを寄せる

パプテマス・シロッコ
→アポロ作戦を実行指揮
→フォン・ブラウンを奪い取る

サラ・ザビアロフ
→ニュータイプの素質あり
→ルーキー

コメントを残す