1日1記事1知識!知識の扉を開けましょう!

『機動戦士Ζガンダム』第22話「シロッコの眼」考察と感想

ガンダム素人が 語る

『機動戦士Ζガンダム』のレビュー(考察感想)です。
アニメ版のレビューです。

機動戦士Ζガンダム「シロッコの眼」あらすじ内容

機動戦士Ζガンダム』全話無料体験中。
第22話「シロッコの眼」のあらすじと今後の展望です。

第22話「シロッコの眼」ざっくりあらすじ

ざっくりあらすじ内容をまとめます。
詳細な考察、レビューは後述していきます。

  1. カミーユとファ
    →いがみ合う二人
    →エマの母親発言
  2. ジェリドの育成
    →ニュータイプ候補生をジェリドが育成
  3. ファの実戦
    →ジェリドとカミーユはまた中途半端
    →挨拶がてらの戦闘

カミーユとファ

シロッコがジェリドに接近。
ジェリドを取り込もうと指揮権を与えます。

アーガマではZガンダムの調整に余念のないカミーユ。
ファのパイロット候補生には反対のカミーユ。
ファに言いくるめられるカミーユ。

エマはカミーユのマザコン対象らしい。
エマはカミーユが本能的に自分を好いていると発言します。

ジェリドの育成

ジェリドはが任されたニュータイプ候補生を率いて出撃。

ジェリドの索敵にライラが捉えられます。
サラ・ザビアロフ曹長はジェリドのやり方に不服を示しながら戦闘。

アーガマからも出撃し、戦闘態勢へ。
カミーユ、エマ、ファが次々と出撃します。

ジェリド隊とアーガマの主力が交戦。
ジェリドは新米候補生に叱咤し、攻勢を仕掛けます。

ファの実戦

戦局はエゥーゴが数で優勢に傾きます。
ジェリドとカミーユは交戦しながら互いにを確認するほどに刃を交えます。

ジェリドの育成した兵士の1人は射殺されます。
サラ曹長も窮地に追いやられて、勝手に後退。

ジェリドの育成は上手くいきません。

またもやジェリドとカミーユの戦いは中途半端なものへ終わります。
戦闘終了後、ジェリドは逃げ帰るもシロッコの咎めはなし。

逃亡したサラ曹長はニュータイプの素質を見出されました。

アーガマではエマがファに鉄拳制裁。
アーガマでは暴行が横行しています。

機動戦士Ζガンダム 「シロッコの眼」考察、感想

登場人物まとめ

エゥーゴ

カミ-ユ・ビダン
→アーガマへ戻る
→ガンダムZのパイロット

クワトロ・バジーナ
→百式と共に宇宙へ帰還

エマ・シーン
→カミーユの指導係
→ファに鉄拳制裁

ヘンケン・ベッケナー
→久しぶりの登場
→エマへ想いを寄せる

レコア・ロンド
→久々の登場
→新型MAの移送任務につく

ブライト・ノア
→アーガマ艦長
→ファには甘い

ファ・ユイリィ
→パイロット候補生
→ニュータイプ?

ティターンズ

ジャミトフ・ハイマン
→ティターンズ創設者

バスク・オム
→ティターンズの実力者

ジャマイカン・ダニンガン
→アレキサンドリアを指揮

ジェリド・メサ
→シロッコにライバル心

マウアー・ファラオ
→ジェリドと行動を共にする

パプテマス・シロッコ
→総統へ謁見
→強気で勝気

サラ・ザビアロフ
→ニュータイプの素質あり

コメントを残す