最強のカレンダーの使い方

最強のカレンダーの使い方を紹介します。

カレンダーはネットサービスでも紙でも構いません。
特にこだわりがなければ、Googleカレンダー1択です。

従来のカレンダーの考えから脱却するのが目的です。

カレンダーの認識を変える

予定管理だけでは勿体ない

カレンダーの認識を変える上でカレンダーの機能を振り返ります。
多くの人はカレンダーの主要な機能は「予定管理」です。

カレンダーの機能は予定管理だけではありません。

「水曜日に飲み会、土曜日に友達とランチ…」とつらつら予定を埋めます。
予定を管理する使い方だけでは、がレンダーを使いこなせていません。

カレンダーは目標を管理するもの

カレンダーとは予定管理するだけのツールではありません。

カレンダーは「目標を達成するためのツール」です。
過去と未来のスケジュールを管理するツールです。

最強のカレンダーの使い方は、「目標を達成するためのツール」です。

ビジネス、私生活で何かしらの目標があるでしょう。

「大学へ受かりたい」、「プロジェクトを完遂させたい」、「息子の少年野球を応援したい」、「副業を頑張りたい」、「ダイエットしたい」など、大なり小なり目標があります。

カレンダーはその目標を達成するツールです。
未来の予定を管理するだけのものではないという認識を持ちましょう。

カレンダーを使いPDCAを回す

カレンダーが目標を達成するためのツールとはどういうことなのか説明します。
カレンダーは実際に行動した記録を取るものです。

大抵の人は、カレンダーに予定を入れて、ほったらかしです。
「予定を完遂したのか」という最重要点がおざなりです。

最強のカレンダーの使い方では「予定を完遂できたか?」という点に重きを置きます。
実際の行動をカレンダーに反映するのが最重要です。

PDCAを回す

予定が変更する場合があります。
全てカレンダー通りに運ぶことは少ないでしょう。

突発的な予定変更、体調不良をカレンダーに反映します。
予定と違う行動をしたら、その行動を書き直します。

カレンダーを反映すると目標への進捗率の指標が出来ます。
目標のために時間を割けていない場合はここからPDCAを回します。

最強のカレンダーの使い方

ここからは、実際に最強のカレンダーの使い方を紹介します

第1段階 ビジネスとプライベートの色分け

まずは、通常通りスケジュールをカレンダーに反映します。
従来のカレンダーの使い方との違いは、色分けです。

仕事とプライベートによって、色分けします

色分けを細分化し、何に時間を割いているかを把握します。
時間の配分を知ることが重要な要素です。

第2段階 行動をカレンダーに反映させる

第1段階はビジネスとプライベートでの色分けです。
次の段階はカレンダーに実際の行動を反映させていきます。

当初、立てた予定を100%完遂させたら、それだけ目標に近づいてます。
しかし、予定変更や体調不良で、必ずしも予定の完遂はできません。

大抵の人は、突発的な予定の変更をカレンダーに反映させません。
それでは目標達成の管理ツールとしてカレンダーを使いこなせません。

予定変更を反映させる胆

突発的な予定をカレンダーに反映させることが胆です。
結果的に1週間で、予定を管理することが大切です。

どれだけ目標に対して、時間を割き、コンバージョンしたかを管理します。

結論

カレンダーは予定管理と目標達成のためのツールです。
「未来の予定を遂行したか」をスケジューリングすることが一番重要です。

1週間単位でどれだけ目標に対して進捗したかを把握します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。