YouTubeチャンネル運営中

まずは決意表明と新PC調達から【ゲーム実況計画始動編】

ゲーム実況計画始動

「YouTubeでゲーム実況をしたい」と思いたち、はや5年。
途中、何度か挑戦しかけては頓挫してきました。

今回こそはゲーム実況を楽しく続けていこうと思い決断に至りました。

三日坊主にならないように1から勉強していきたいと思います。

ゲーム実況の決意表明

今度こそ継続力

元々、僕は熱しやすく冷めやすい。
広く浅くがウリなので、何かを極めることが少ないです。

ゲーム実況を開始したとて、中途半端に終わる可能性は十分に考えられます。

かつては、バンドに憧れてギター機材を10万で購入。
そのギターを10回の練習で物置送りした経歴を持ちます。

ただ、このブログも1年以上毎日更新が続いています。
着実に、継続力がついているのを実感しています。

今こそ、念願であったゲーム実況を開始する絶好のタイミングなのです。

なぜゲーム実況なのか?

「なぜ今、ゲーム実況なのか?」と問われてもタイミングは別に関係がない。
ゲームは好きだし、喋りながらゲームするので逆にやらない意味がありません。

ブログを開始した頃から動画編集は意識していました。
毎日更新という癖づけを出来たので実況を始めます。

PC調達

必要機材

ゲーム実況をするには機材を揃えなければいけません。
配信方法、配信ハードは多岐にわたります。

初期はPS4ゲームの配信をメインになると思います。
PS4+キャプチャボード+PC+モニター2台が必要になります。

PS4が持ってますが、その他の機材は購入必要。

まずはPC購入

現行のノートPC性能では動画編集には追いつきません。
PC購入から始めましょう。

ゲーミングPCは10万以上からが相場です。
費用を抑えるため、中古のデスクトップに決めました。

●性能
CPU:第三世代Corei7 3.4GHz
メモリ:16GB
システムドライブ:SSD480GB
グラフィックボード:GF GTX1050Ti DDR5 4GB

CPUが第三世代という型落ちぶりです。
これでも現在のノートPCよりは性能が高いので充分です。

モニター

ここにモニターを2台追加しないといけません。
1台はパススルー用(ゲーム出力)に購入します。

パススルーとはキャプチャボード使用による遅延のない映像をTVに出力する機能です。
快適にゲームを進めるために必要。

モニターはTVでも代用できますが、インチが合わないのでモニターを使用します

PCは楽天市場で購入し、モニター、キャプチャボードはAmazonプライムデーで購入予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。