YouTubeチャンネル運営中

平成の次の新しい元号は?

平成も残りは僅か。
今は「平成最後の」がテンプレです。

新しい元号は何になるのでしょうか?
そもそも元号はどうやって決まっているのでしょうか?

「元号なんていらなくね?」という意見は一先ずおいときます。

元号がどういう意味で、どう決まるかをまとめます!

元号とは?

元々は中国で生まれた

元号制度というのは、紀元前の中国で誕生します。
元号は、君主が領土の他に、時間や空間を支配する意味を持ちます。

中国で生まれた元号制度は日本にも伝来します。
645年、孝徳天皇による大化の改新が初の元号です。

初の元号は大化です。
その後、1300年間もの間に247の元号が用いられています。

因みに、最長の元号は1つ前の昭和でした。

一世一元の詔

江戸時代までは、天災や政変、戦争の度に元号が変わりました。
「元号=縁担ぎ」のノリで変わります。

明治に入ると岩倉具視の発案で、元号制が改変します。
天皇陛下1代に対して、1つの元号が用いられます

太平洋戦争以後、皇室制度の紆余曲折を経て、1979年元号法が制定されます。
一世一元」の元号が用いられることが法律で決まります。

元号はこうやって決まる

元号の決定方法

元号の制定方法は、1979年に制定された元号法に基づぎます。

STEP.1
総理大臣の任命
総理大臣が見識者を若干名選定
STEP.2
見識者の議論
見識者が議論して2~5個の候補を提出
STEP.3
提出案の検討
提出案を総理と官房長官が検討
STEP.4
決定
閣僚会議にて最終的に選定

総理大臣が選ぶ見識者は、日本最高の賢人です。
この人たちは日本学士院という賢人の集団に属しています。

元号におけるルール

元号の制定にはいくつかルールがあります。

以下ルールを列挙していきます。

  • 国民の理想としてふさわしい意味
  • 漢字2文字
  • 書きやすい、読みやすい
  • これまで用いられた元号の再使用はNG
  • 一般的に用いられる言葉はNG

このような基本的なルールが決められています。

その他にも、元号の頭文字をとったローマ字が過去と被らないという不文律もあります。
明治のM、大正のT、昭和のS、平成のH、は頭文字として使われない可能性が高いです。

元号の色々

元号はもう既に決まっている?

現段階では、次の元号はまだ未発表です。
次の元号は決まっている?」という憶測もあります。

昭和天皇のが崩御の際は、支障がきたさぬように翌日に改元が決まります。
このことから、水面下で新たな元号が決まっているとされていました。

不謹慎ですが、不測の事態に備えていると想定されます。
新しい元号が水面下にて決まっているでしょう。

改めて平成を考える

改めて平成の意味を考えて、いきたいと思います。
平成とは、「内平外成」という言葉からきているそうです。

国の内外ともに平和であってほしい
という思い願いが込められています。

結論

個人的には、西暦と元号の使い分けって非常に面倒だと思います。
元号と皇室の結びつきが強いことを考えると元号は、残すべきなのかなと思います。

それでも、基本、システム上は西暦で、1本化されるべきだと思います。
一応形は形式上残せばいいと思いますが、実務のところは西暦で共通にしてもらいたいです。

結果、「令和」に決まりました。
謎の馴染み深さがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。