20代単身者は交際費を抑えることは出来るのか?

固定費変動費

20代からのお金の指南書です。
お金で身に着ける4つの能力をまとめます。

お金を「使う」力を高める編です。
今回は「交際費編」です。

交際費人によってバラつきがあります。
交友関係が広い人ほど出費は増えます。

交際費のコツは、自分本位の生活をすること。
20代の単身者にとって大切なライフスタイルです。

結論を端的に

●交際費月平均2万円
→女性より男性の方が割高
→交際費は人付き合いの数に比例

交際費を抑える方法
→目標額を定めてそれを厳守すること
→交際費は青天井

友達付き合いが0だと交際費0円です。
最強のライフスタイルです。

交際費の目安を考える

交際費の平均は2万円

交際費の平均は約2万円と考えましょう
女性より男性の方が割高に設定されています。

男性の交際費の方が1回の単価が高いことが伺えます。

交際費は人付き合いの数に比例します。
そこまで交友関係が広くなければ、自ずと出費も少なくなります。

交際費の理想は人それぞれ

交際費の理想は自身の交友関係次第です。
幅広い交友関係を築くと交際費は増えます

交際費は交友関係と密接しているので、人それぞれ理想額は変わります。

そのため、交際費は月の目標を自身で設計することです。
3.4.8.12月など交際費が高くなる月もあります。

その月変動を考慮して、月ごとに目標額を設計しましょう。

交際費を抑える方法

大切なことは目標厳守

交際費の月額の目標額は人それぞれです。
そのため、大切なことは目標額を定めてそれを厳守することです。

月初に、設定した額に抑えることが最重要です。
設定額を超えた分は浪費と考えます。

月平均で均す

交際費が高くなる月と抑えれる月を均します。

イベントの多い月はどうしても交際費が高くなります。
その分をイベントを少ない月は出費を抑えます。

1年を通じて、平均化していくと目標額の設定がわかりやすくなります。

交際費の節約のコツ

交際費は自分ありきで、発生する出費ではありません。
必ず他者ありきで発生する出費です。

そのような交際費を抑えるコツは、周りに流されないことです。
周りに流されて、誘いに応じてしまうと交際費は青天井です。

自分本位で必要のない出費を抑えます。
月の目標額と照らし合わせて、誘いを断るのがコツです。

毎週金曜日

毎週金曜日の仕事帰りに同僚からの飲みの誘いがあります。
毎回、「華金だからな」と甘い誘惑に飲まれていてはいけません。

1回5,000円×4週で月2万円です。
賢く、自分本位の生活をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。