次世代の値付け「ダイナミックプライシング」に期待

ビジネスを語る

AI技術の発達が新たなマーケティング手法を生み出しました。
ビッグデータを基に、AIが演算して適切なプライシングをする手法です。

「ダイナミックプライシング」と呼ばれる新たな値付けは、あらゆる領域で主流となっています。
旅行業界(航空機、宿泊施設)、エンタメ業界、インフラ業界と次々に導入されています。

ダイナミックプライシングの発展の先にはフードロスなどの社会的問題の解決にも期待されています。
IT技術が社会問題を解決する一例となってくれることに期待です。

今回はダイナミックプライシングの中身と今後の技術革新をまとめます。

ダイナミックプライシングとは

マーケティングにおける値付け

マーケティングにおいて値付けはとても大切な要素です。

元来の値付けは商品にかかるコスト、原価のにおいて決定してきました。
今の値付けは需給によって価格が適宜変更します。

この値付けを「ダイナミックプライシング」と呼びます。
店側が定価と在庫に縛られない値付け手段です。

ITが発達して、プライシングにも新たな力が加わりました。
既存のマーケティング手法ではなく、AI、ビックデータを駆使した値付けへ変更していきます。

AIの技術発展

現在は大量の情報が生み出されます。
その情報を基にサービスの需要を探ります。

SNS内の評判、過去のデータ、シーズン(時間帯)から一連の予想を立て、適切なプライシングをします。
AIは様々な状況を読み解き、試行回数を重ねるごとに賢くなっていきます。

今後もAIによるダイナミックプライシングは主流になっていくでしょう。

ダイナミックプライシングによる利害

ダイナミックプライシングによる利害はユーザー側と店側に分けられます。

ユーザー側には、料金が変動することで安価でサービス提供を受ける機会が訪れます。
逆に、繁忙期は値段が吊り上がることもあります。

店側には大きなメリットがあります。
繁忙期には価格を吊り上げ、閑散期には売れ残りサービスを消化することが出来ます。

店側のプライシングによる裁量は増えます。
ただ、余りにも横暴なプライシングをするとユーザーは離れていきます。

プライシングの正当性

ダイナミックプライシングでは店側が営利に走り過ぎるとユーザーから不信感を買います。
一時的な需要の増大を煽るようなプライシング走れば一気に信頼を失います。

災害時などに災害グッズを吊り上げるなど理不尽なプライシングは許されません。

ダイナミックプライシングの現場

始まりはスポーツチケット

ダイナミックプライシングの始まりはスポーツチケットと言われています。
アメリカのプロスポーツにおけるチケット価格を変動させました。

ダービーや首位争い、引退試合などプレミアのつく試合では価格を上げます。
一方で人気のない下位争いでは価格を下げました。

日本でもスポーツチケットでのダイナミックプライシングは導入されています。

USJのダイナミックプライシング

ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)でもチケット価格は変動制が取られています。
繁忙期と閑散期で価格を変動させています。

今後のダイナミックプライシング

今後ともダイナミックプライシングは値付けの主流になっていくでしょう。

IoTが今よりも進めば、小売店でも自動で値付けの変更が可能になるでしょう。
食品店では賞味期限切れのフードロス対策に繋がります。

小売業だけではなく、高速道路などに導入しても面白いです。
渋滞率に応じて、価格を引き上げていけば渋滞緩和にも繋がりそうです。

その他、電力などのインフラなどにも投入されることが予定されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。