YouTubeチャンネル運営中

ヴィーガンの次なる波「クルエルティフリー」の登場

日本では徐々にヴィーガンの存在が認知され始めています。
ヴィーガン先進国の欧米では「クルエルティフリー」という新たな概念が急速に普及。

動物主義者たちは動物の権利を求めて声を上げています。
クルエルティフリーコスメ製品は欧米のトレンドど真ん中。

日本はクルエルティフリー後進国ですが、今後日本にもクルエルティフリーの波が到来するでしょう。

クルエルティフリーとは

動物の権利運動

クルエルティフリーとは動物の権利運動の1種です。
商品の製造過程において動物実験を伴わないことを指します。

動物実験を行わないので商品製造において動物の殺傷も起きません。
動物福祉の観点で議論が盛んな欧米からムーブメントは動きました。

クルエルティとは殺戮を意味するcruelに由来します。
クルエルティフリーの製品にはシールが張られ、動物実験を伴わないことを証明しています。

動物福祉

動物実験を伴う製品開発・製造は問題視されてきました。
クルエルティフリーは動物実験における3Rという概念により支えられています。

Replacement:動物実験に代替する技術
Reduction:動物実験の減少
Refinement:動物の苦痛を減らす

「動物犠牲のない美しさ」を主張する運動はかねてより議論されています。
ヴィーガンが議論される中でクルエルティフリーも動物主義者により唱えられています。

欧米のビジネスシーンは倫理観を含んだビジネス展開が求められています。
特に、環境問題、動物権利には気を使う傾向が強くなっています。

クルエルティフリーがビジネスに与える影響

クルエルティフリーコスメ

クルエルティフリーを代表する業界がコスメ業界です。
コスメ業界やアパレル業界はクルエルティフリーを代表するブランドが台頭しています。

欧米ではクルエルティフリーブランドが主流になる勢いで伸びています。
日本でのブランド認知度はまだ低いですが、ヴィーガンのように波は遅れてやってきます。

海外ではトレンドを超え文化へ、日本ではこれからトレンドへなっていくことが予想されます。

ビジネスシーンへの影響

ヴィーガンやクルエルティフリーのように思想哲学がライフスタイルへ組み込まれるのが昨今の潮流です。
ビジネスシーンはライフスタイルの流れをキャッチする必要があります。

商品の開発過程でも動物実験を行わない壁を技術革新で支える必要があります。
安価で大量生産ではなく、高価でもニーズに適応した品が好まれます。

環境問題、動物愛護は人道的な規範として取り扱われることが多いです。

クルエルティフリーは思想哲学の1つであり、そこに合理性があるのかどうかは不明。
ただ、今後ビジネスシーンでも顔を覗かせるのは必至でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。