憲法と法律の仕組みを学ぶ

憲法や法律は普段の暮らしに密着している訳ではありません。
しかし、憲法・法律があるからこそ、社会は円滑に回ってます。

今回は憲法と法律、各々の仕組みを学びます。
奥が深い法の世界ですが、法治国家の日本において、最低限の知識を学んでいきましょう。

憲法と法律

憲法とは

憲法は国家統治の根本規範ですとなる基本法が定められています。
憲法が事実上の国家体制を指しています。

憲法は国民の権利、自由を守るための条文が明記されています。
国家の暴走を縛るための法が憲法です。

憲法が国家権力を制限し、法に基づいた政治が行われるのを立憲主義と言います。

憲法と法律の違い

憲法と法律は同じ「法」という文字を含みニュアンスは近いです。
ただ、厳密には一括りすることが出来ません。

憲法は法律の上位互換でしょ

大衆

憲法は国の最高法規です。
確かに、憲法は法律の上位互換ともいえます。

憲法に反する法律は無効になる力関係があります。

憲法と法律の違いを端的に示すと「対象の違い」です。
憲法は国家を縛り、法律は国民を縛ります。

力関係的には憲法の方が強いので、法律は憲法内で作られます。
そのため、国家が憲法外の法律を作り、国民を縛ることは出来ません。

政令・条例

憲法・法律の他には政令、条例などがあります。
これは発令体が閣議や地方自治体が発令するものを指します。

憲法>法律>政令>条例と力関係には差異があります。

日本国憲法

国の最高法規

日本国の最高法規である日本国憲法は基本三大原理を持ちます。
「国民主権」、「基本的人権の尊重」、「平和主義」の3つです。

国民主権:国政の運営は国民の総意に従う
基本的人権の尊重:人間が人間らしい生活をするうえで、生まれながらにしてもっている権利
平和主義:戦争を放棄し、戦力をもたず、交戦権を認めない、憲法9条

その他、日本国憲法は1条から103条まで存在します。
国民の三大義務、国民の三大権利も憲法に明記されています。

憲法改正までの道のり

日本国憲法は国の最高法規です。
国の根幹をなす基本法であるため、改正までの道のりは険しいです。

改正には国会と国民の両方の審議を通さなければいけません。

第一関門となる国会での発議は衆参2/3以上の賛成が必要です。
勿論、国会議員を選ぶのも国民です。

国会で発議されれば、第二関門の国民投票です。
国民投票で過半数の改正支持を得られなければ憲法改正とはなりません。

憲法見直さなくていいの?

日本の憲法改正への道のりは厳しいのが現実。
現に、日本国憲法は一度も改正されていません。

先進国で憲法改正が0回の国は稀。
70年以上前の通念が現代社会で錆ていないかを疑う目線も重要です。

「改正のない完璧な憲法だ」と陶酔するよりも足元の国内外情勢を見極めるべきです。

憲法9条改正

今日本で、大きな憲法問題は「自衛隊」を巡る憲法9条の改正問題。

日本は「戦力をもたない」という憲法に反して自衛隊という組織を持ちます。
長年、憲法と現実の齟齬を放置状態が続いています。

9条を改正or加憲するか否かが大きな注目を集めています。
少なからず、憲法改正論議は今後加熱していくことは間違いないでしょう。

法律

民法と刑法

日本には多くの法律の種類があります。
中でも代表格が「六法」です。

六法は「日本国憲法、民法、商法、刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法」の6つです。
ここでは民放と刑法を簡単にまとめます。

民法

民法は「民と民の法律」です。

離婚、親権を扱う家族法。所有、契約を扱う財産法などがあります。
横の関係であり対等な立場で争います。

刑法

刑法は「民と国の法律」です。

民が暴走した時に民を罰する法です。
例えば、殺人や強盗などです。

唯一の立法府

法律は唯一の立法府である国会で作られます。
法律は改正、修正、廃止、停止など臨機応変に変わります。

法律が憲法に違反しているという違憲判決も発生します。
法令違憲の判断が下された場合、法令は無効下します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。