YouTubeチャンネル運営中

インドにおけるキリスト教の影響を考察する

キリスト教と現代インドにおけるナショナリズムの形成を考察します。

キリスト教文化がインドにどのような影響を与えたのかを取り上げます。
イギリスにより植民地支配がもたらしたキリスト教の布教は多くのインドの人々に影響を与えました。

ナショナリズムを扱うことの複雑さ、そこに住む人の苦悩・葛藤を学ぶことが出来る結論に至るであろう。

カースト制度とキリスト教

カースト制度とは

キリスト教がインドのカースト制度にどのように影響を与えたか着目します。
カースト制度はインド社会の根本を形成しています。

カースト制度の起源は諸説あるが、紀元前にその始まりはあります。
カースト制度と呼ばれる身分制度は時代と共に、インドの人々に階級ごとの思想を植えつけました。

現行法では、カースト制度は禁止されています。
しかし、その思想は根深く人種差別は今なお残ります。

カースト制度と差別

カースト制度による差別を生みだす思想の特徴は3点あります。

  1. 不平等思想
    →人間は平等ではない
  2. 輪廻転生思想
    →生あるものの魂は不滅で生死を繰り返す→前世での生き方により生まれ変わりが決定する
  3. ヒンドゥー教内でのカースト思想
    →身分・宗教・教育・居住地は生まれながらに制限

これら3点の思想が形成されているインドに、キリスト教が関わります。

キリスト教とインドの繋がり

キリスト教がインドに伝わったのは、4世紀以前といわれています。

本格的にインドへキリスト教が広まるのは18世紀以降です。
イギリスがインドを植民地にするとともに、キリスト教の宣教師たちはインドで布教活動を行いました。

宣教師の活動内容は、下層カーストであるシュードラと不可触民の教育に貢献するものでした。
その後、キリスト教は「インドの教育制度・医療制度・鉄道」に深く影響を与えています。

教育・医療・鉄道

教育制度は主にシュードラ、不可触民に対して教育を受けさせるものでした。

医療制度も主にシュードラ、不可触民に対して行われます。
インドでは「血に関わる仕事は身分の低いものがする」とされています。
現在もインドでは看護師・医師の90%超がキリスト教信徒です。

鉄道に関しては、イギリス政府がインドに鉄道を作らせ、それがインド内での人の流れを作りだしました。
人の流れはその後の、独立運動へ影響を与えます。

キリスト教がインドへもたらす運動

ヒンドゥー・ナショナリズム

キリスト教がインドのカースト制度それぞれの階層に影響していきます。
上位カーストによるイギリスからの独立運動を支えた「ヒンドゥー・ナショナリズム」。

ヒンドゥー・ナショナリズムとは、キリスト教の広がりを危惧した上位カーストによる下位カーストへの迫害です。
下位カースト・不可触民の民主運動を恐れた運動です。

ヒンドゥー・ナショナリズムはヒンドゥー教のもとで利権を得ていた人々によるキリスト教への対抗運動です。

ダリット運動

上位が下位を抑圧する一方で、下位カーストも声をあげます
下位カーストが上位カーストに起こしたドラヴィダ民族運動、不可触民における解放運動であるダリット運動です。

ドラヴィダ運動とは南インドに居住するトラヴィタ民族によるものです。
インドの南にはシュードラの階層が占め、上位カースト数の割合は限定的です。

ドラヴィダ運動までは深刻なカースト問題は起きませんでした。
19~20世紀に入ると、北のアーリア民族からの支配に対抗するために彼らは運動を起こしました。

宣教師はどう考えたか?

下位カーストの運動をキリスト宣教師はどう考えたでしょうか?
キリスト教でもプロテスタントとカトリックの宗派の違いにおいて宣教のターゲットは違います。

プロテスタントは、主に下位カーストをターゲットにしていました。
バラモン(司祭:カーストの最上位)による支配の必要性をなくし、キリスト教への改宗者を広げようとしました。

トラヴィタ民族が使用していたタミル語、彼らの文化の重要性を主張します。
プロテスタントは下位カーストへの尊重を優先としました。

一方、カトリックはカーストのトップであるバラモンをターゲットにします。
トップから連鎖的な布教を狙いました。

カトリックはプロテスタントとは逆にバラモンの文化に敬意を払います。

宗派によって、宣教の仕方は正反対です。

インドだけではなくスリランカでも民族紛争もキリスト教の流れを一部汲んでいます。

まとめ

カースト制度という特殊な階層を持つインド文化は、イギリスの介入で、下位カーストや不可触民は自分達の権利を向上させる運動を起しました。

キリスト教の介入により、インドに民主化の波が押し寄せました。
それまで虐げられていた人々の生活は限定的だが向上しました。

「キリスト教の発展はインドの歴史にわたって根付いてきた文化がひとつ消えてしまう」という見方もあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。